1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。
 こちらでは九州以外にお住まいの方の合格者の声を掲載しております。

1~20件表示(全59件掲載中)
数ある学校の中から貴学院を選んだ理由を言います
匿名希望さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (37) 大阪府大東市
匿名希望さん

 1級土木を会社から取るように言われて受験する事にしました。どこから手をつけていいか分からず、学校を検索し資料請求しました。数ある学校の中から貴学院を選んだのは、合格率が高かったのと生講義をDVDで貰えるという2点でした。
 届いたDVDを見てひたすら勉強しました。お蔭様で学科は合格できましたが、実地試験は不合格でした。作文を提出していなくて添削指導を受けられず、そのまま受験する事になったのは痛かったです。もらったDVDを見てとにかく今年合格できるように頑張ります。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.255017〕
九栄会かわら版 平成29年10月号・・・No.2615 
取材:平成29.5.29(中村)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
周りの人を紹介したいと思います
中徳一昌さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (38) 兵庫県尼崎市
中徳一昌さん

 インターネットの学びサイトで資料請求をして、内容、料金が1番良いと思いましたので、申し込みました。
 自分自身、土木は素人なのでとにかく分からない事だらけなのですが、担当の方からDVDを繰り返し見るようにと言われたので、分からない所は繰り返し見ました。そして過去問も繰り返し解きました。お陰で1発合格できました。次に実地が残っていますが、合格したら是非他の人を紹介したいと思います。次は1級建築施工も考えています。

中徳一昌さん(ナカトクカズマサ)〔九州建設専門学院No.331839〕
九栄会かわら版 平成29年4月号・・・No.2431 
取材:平成28.10.31(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
ネットで探した学校の中で1番条件が良かった
青木博光さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (46) 静岡県御殿場市
青木博光さん

会社は特殊な橋梁工事をしていて公共性の高い仕事です。自身も監督的立場で元請への信頼度を高める為、1級が必要になりました。インターネットで通信の学校を探し、1番条件が良かったので入学しました。
 現場であちこち動くものですから勉強も大変でしたが、送られてきたDVDは必ず見ました。できれば2回繰り返し見たかったのですが、時間が無く1回きりで終わりました。しかし内容は非常に分かり易くまとめてあり、これなら多分いけるだろうという感触はありました。お蔭で学科は難なく合格できました。ありがとうございました。

青木博光さん(アオキヒロミツ)〔九州建設専門学院No.48729〕
九栄会かわら版 平成29年2月号・・・No.2365 
取材:平成28.8.18(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
無駄な勉強をしなくていい
居場雅臣さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (38) 高知県高岡郡津野町
居場雅臣さん

 インターネットで貴学院を探して申し込みました。
 DVD通信コースで受講させていただきましたが、まず内容は非常に解かり易かったと思います。まず無駄な勉強をしなくていいというのが魅力でした。DVDの中での先生の説明も良かったし、勉強していて安心でした。やはり学校の教材で勉強するのが1番の近道だとつくづく感じました。お陰で合格できました。今年は1級を受験します。

居場雅臣さん(イバマサオミ)〔九州建設専門学院No.323825〕
九栄会かわら版 平成28年9月号・・・No.2207 
取材:平成28.4.30(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
授業は何も問題はありません
田島達生さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (51) 山口県下関市
田島達生さん

 私自身は若い時、建築士とか測量士とか資格を取っていましたが、今回大分の友人の会社を手伝うことになり受験しました。会社に届いたDMを見て大分で生講義を受けられるので申し込みをしました。
 五郎丸先生の授業は端的にポイントを押さえて進められましたので解かり易く何も問題はなかったのですが、私自身がこの歳になると覚えるのが大変でした。学科だけで手一杯で結局作文については、添削は受けないままぶっつけ本番でしたが、結果合格したので良かったです。今後、1級は特に考えていませんが、マンション管理士等にも少し興味があるので又機会があればお願いしたいと思っています。ありがとうございました。

田島達生さん(タジマタツキ)〔九州建設専門学院No.316514〕
九栄会かわら版 平成28年8月号・・・No.2182 
取材:平成28.3.31(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
DVDが解かり易い
宮崎和典さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (40) 徳島県徳島市
宮崎和典さん

 学科は昨年合格していたので実地だけが問題でした。ネットで探していたら貴学院がヒットしました。DVDの通信教育で受講しました。
 内容はとても解かり易かったと思います。昨年の試験はちょっと難しく感じました。しかしDVDの勉強でポイントはしっかり押さえてあったので大丈夫でした。作文も同僚から文章を提供してもらって提出したので添削といっても一行訂正が入っているくらいでほぼ完璧な仕上がりでした。恐らく工程が出るだろうと予測していたのでバッチリでした。次は1級を狙います。ありがとうございました。

宮崎和典さん(ミヤザキカズノリ)〔九州建設専門学院No.330504〕
九栄会かわら版 平成28年8月号・・・No.2176 
取材:平成28.2.29(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
生きた授業
根本富美惠さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 女 (51) 茨城県水戸市
根本富美惠さん

 本当にたくさんの作文を全種類添削して頂き、有難うございました。建設業関係に長く勤めており、会社全体が上を目指す士気の高い職場風土になっており、それがきっかけで目指しました。土木の試験は初めてだったため、学科は日建学院でしました。1昨年の紅白も見ながら勉強していたくらいです。飲み会や行事のあとにも必ずしました。今でいうところの携帯を扱うような習慣でしていました。その甲斐あって、1級の学科は合格することが出来ました。当初、1級は受かるとは思えず、同じ勉強するなら2級もということで、願書は同時に申し込んでいました。しかし肝心の実地に関しては、日建学院でもしておりましたが、会社の上司から「1年前に九州建設専門学院で受講して合格し、とにかく添削が良いよ」と、勧められたので貴学院で受講することに決めました。その機会がなければ知ることはなかったと思います。
 他校との違いでなおさら良さが分かりました。経験記述以外のところでは、DVDですごく解かり易く教えて頂きました。丸山先生のお話が本当に体にスーッと入ってきて、聞いていて面白かったです。先生は絵が好きで絵の問題が出た時に、すぐ丸山先生の好きな問題だと思いました。DVDも何回も繰り返し見て勉強しました。先生はとても特徴があり、なんていうか生きている授業でした。カメラに向かってただ話している授業ではないので、目の前に生徒さんがいらっしゃるので私も実際にそこにいるような感じになりました。そして内賀嶋先生も本当に添削にお付き合い頂き、有難うございました。とにかく納得いくまで、これがでたらどうしようという不安を抱えて東京(試験会場)には行けないので、どれが出ても大丈夫だろうという状態じゃないとその不安で力が発揮できないだろうと、スタートラインに立てないだろうと思いました。試験の流れが2級より1級の実地試験が先に行われるので、人生で初めてともいえる経験記述で、これが本当の国家試験かと、今までにない緊張感に襲われました。学科試験の結果が良かったので多少の自信はありましたが、いざ試験となるとペンが思うように進まず焦ってしまい、作文が1時間経っても半分も進まず、いざ書き終えてみると行が4行ほど余ってしまい、消して書き直すか、このまま進めるか、残り15分で迷ってしまい手も動かなかったです。震えてどうしていいかわからず、このまま気を失うのじゃないかと、泡吹いて倒れるんじゃないかという極度の緊張に襲われて、静かに座っているのも精一杯で結局、1行だけちょっとおかしいところを直すのに、つたない文章で補填し、最後は小学生のようなとってつけた文章で、これはダメかなと実力発揮できずに終わってしまいました。次の2級に関しては、解いていてこれはいけるなと確信ではないですが、自信はありました。1級は本当に発表になるまで不安でした。内賀嶋先生の添削の中で「とにかく書くこと」、体に自然に入ってくるくらい何回も何回も書いておけばと、試験をやりながら思いました。「とにかく書くこと」が大事だと言われておりましたが、仕事柄、ワープロに慣れているため、書くことに躊躇し、内容さえ頭に入っていれば行なんてなんとかなるさと思って4行も余らないだろうと。先生が「とにかく何度も書いて」というのがそういうことだったのだと深く後悔しました。そういった部分で、本番の緊張感にのまれてしまったことが今回の反省点です。そんな不安な心境で、発表日を迎えました。他にも何名か受験していたので会社の人と一緒にパソコンの画面で探していたら、自分の番号を見つけた瞬間は経験記述の時くらい体が震えて、イスに座っているのがやっとなくらい緊張と興奮に襲われました。今までの努力が報われました。徹底して寄り添って頂いたと感謝しています。合格した時は、子供にもお母さんすごいと褒められました。わたしは2級も初めてだったので、その不安からとにかく勉強して進めていくと何がダメだったのかが理解でき、また出来なかったら悔しくてそしてそれができたら嬉しくて楽しくて仕方ない勉強期間でした。人生で一番、脳がいい状態でした。今後は、この合格を一番近くで見守ってくれた会社に更に貢献できるように、資格をフルに活かしていきたいと思います。有難うございました。

根本富美惠さん(ネモトフミエ)〔九州建設専門学院No.332070〕
九栄会かわら版 平成28年8月号・・・No.2168 
取材:平成28.1.25(小菅健)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
直前集中講座で合格
正田弦太郎さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (28) 山口県下関市
正田弦太郎さん

 海洋土木系の建設会社に勤務しています。工事を行い、施工管理を行う上で土木施工管理技士の資格が必要であったのと、万が一の事態に備えて1級を持っていた方が有利なので取得しようと思いました。貴学院に入学しようと決めたのは、勤務時間が毎日違うためなかなか勉強する時間が取れず、短期で集中して勉強出来る方法はないかと思い、直前の集中講座をされていたので入学しました。
送付されてきた問題を全て解答し、答え合わせをしてもう一度同じ問題を解きました。それを4~5回行って、最後にDVDで確認して試験に臨みました。長く勉強せずに2週間ぐらいで覚えられるだけ覚えました。学科試験にまずは合格できたので、ホッとしました。今後は1級の実地試験があるので、作文をしっかり書けるようにしたいと思います。物事を伝える順番を頭に入れて本番で書けるようにしたいと思います。ご指導の程どうぞよろしくお願いします。

正田弦太郎さん(マサダゲンタロウ)〔九州建設専門学院No.356864〕
九栄会かわら版 平成28年4月号・・・No.2067 
取材:平成27.9.28(中村)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
親の心子知る
江口 明さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (25) 大阪府大阪市北区
江口 明さん

 建設関係の会社に勤めており、親の紹介で貴学院を知りました。仕事上なかなか学校に行くのは難しく、独学で今まで何回か挑戦しましたが失敗していたので、見かねて都合のきく通信で、仕事の終わりに聞けるというところで探してくれていました。
学習のポイントは、繰り返し聞きとって、聞いたところを本で読み返しました。とても集中できました。仕事が終わってからテープを聞くという時間が、景色が一変するので非常に新鮮で心地よかったです。ただ本を読んで書いてというよりは、性に合っていたのだと思います。お陰様で合格することが出来ました。仕事をする上での自信がかなりつきました。今も大いに活かしています。ありがとうございました。

江口 明さん(エグチアキラ)〔九州建設専門学院No.171493〕
九栄会かわら版 平成28年4月号・・・No.2055 
取材:平成27.11.8(小菅健)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
不安を感じることなく試験に臨めた
山本政美さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地 男 (37) 山口県山口市
山本政美さん

 建築系の仕事を主にしていますが、業務の幅も広がると思い今回土木の資格取得を考えました。独学で受験していましたが、実地試験がうまくいかず貴学院の実地対策講座にお世話になることにしました。
 やはり、普段現場でしている工事が建築の方に偏っていると経験記述の書き方に戸惑います。講座は通信で受けましたがDVDの内容は良かったです。本試験でも似たような問題がありましたし、繰り返して講義のDVDを視聴できたので重要なポイントを頭にしっかり叩き込めました。問題の経験記述は先生が事前に添削してくれたので、書き方のコツがよくわかりました。前年は、どう書いていいか分からず不合格になりましたが、今年の手応えはまるで違い、発表が楽しみというくらい安心できました。無事、実地試験に合格することができ、感謝しています。現場でも資格を存分に活用していきます。

山本政美さん(ヤマモトマサミ)〔九州建設専門学院No.360079〕
九栄会かわら版 平成27年10月号・・・No.1865 
取材:平成27.3.27(池田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
遠方でも心の支えになってくれた学校
大庭充史さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (32) 東京都江東区
大庭充史さん

 土木の資格は以前から取りたいと思っていました。会社で取得している人が高齢になってきたこともあり、自分がとらないと資格者はいなくなるので本腰を入れて勉強をしようと思い立ちました。
 貴学院の通信講座で一通り勉強しましたが、途中、仕事が立て込み中断せざるを得ない状況でした。学科までは合格しましたが、実地の勉強にはかなり不安があったので実地対策を再び受講しました。今回は比較的勉強に集中できましたが、試験当日は相当緊張しました。大丈夫かどうか不安でたまらず貴学院の添削担当の先生に電話で相談しました。これでひとまず安心でき有難かったですが、発表まで本当に長かったです。合格という結果を確認しホッとしました。合格する為には、やはり自分自身を追い込むことが必要だと思います。それと貴学院のような通信講座ならば色々と相談もできて心強いです。東京に住んでいる私でも不自由することなく勉強に取り組むことができました。本当に有難うございました。

大庭充史さん(オオバアツシ)〔九州建設専門学院No.73440〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1846 
取材:平成27.2.12(池田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
施工作文を上手く書けて合格を確信
正田弦太郎さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (27) 山口県下関市
正田弦太郎さん

 貴学院の実地対策を受講したのは、昨年2級土木施工管理技士の試験が九州産業大学であった時に試験会場でアンケートを書き、資料を送ってもらったのがきっかけでした。学科は何とか合格したのですが、その時は全く勉強していなかったに等しかったです。実は試験が終わった後に仕事の関係で東北に転勤になっており、最初は案内が届かずに担当の方から連絡があり資料を送りなおしてもらいました。
 施工作文を先生に見てもらって、だいぶ役に立ちました。施工作文の添削指導に入った最初の時は自分のしてきた工事関係が土木は土木でも、港湾関係の土木工事で特殊なところもあったので、どう書いたら良いか分かりませんでした。また、施工作文自体もどのような内容で書いて良いのか分からず、単語単語は出てきますが、それをどう表現したら良いか見当がつきませんでした。それが最後は上手く書けてまとめることができました。過去問題集も2、3年分を繰り返し通してやってはいましたが、施工作文が何とか書けたので、試験が終わって大丈夫との手応えがありました。作文が書けたから良かったですが、書けなかったらやっぱり試験に落ちていたと今でも思います。施工作文は自分一人では、なかなか書こうとも思わないし、内容も先生に見てもらわないとどこをどう直していいかわからないので、貴学院で添削指導してもらったのは本当に良かったと思います。現場に出ていることが多く、普段からこういう文章を書くことはしていないので、起承転結というか文章の書き方というか、国語の力がないと書けないですからね。結局だらだら書いてしまって、長くなってしまってはダメですし、長く書けば良いというものでもないですから。施工体験記述は自分のしてきた現場の内容を、要領よくまとめて書くことが大事ですので、今回、添削指導してもらったのはすごく参考になりました。講習費用もリーズナブルで、内容も良かったですし、通信教育ですので自分の都合のよい時にできました。なにより合格できて本当に良かったです。ありがとうございました。

正田弦太郎さん(マサダゲンタロウ)〔九州建設専門学院No.356864〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1829 
取材:平成27.2.13(茅野)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
鋼構造物塗装を通信添削指導で合格
渡邉 翼さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (34) 愛媛県西宇和郡伊方町
渡邉 翼さん

 現在、橋梁工事の塗装の仕事をやっています。会社から2級土木施工を取得するように言われたので受験しようと思いました。試験会場で貴学院のことを知りました。学科免除で受験できるのは翌年が最後なので貴学院の実地試験対策の通信コースを受講する事にしました。
 自分の場合は受験種別が鋼構造物塗装です。昨年は自分で施工作文を書いても果たしてこれでいいのか、この内容で点数が取れるのかとても不安でした。今回は貴学院の先生から細かなところまで添削指導してもらい、安心でした。お陰様で合格できて良かったです。有難うございました。次は1級に挑戦する予定です。

渡邉 翼さん(ワタナベツバサ)〔九州建設専門学院No.360097〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1825 
取材:平成27.4.29(西田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
添削指導のお蔭で無事に合格できた
岡村寛之さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (35) 山口県山口市
岡村寛之さん

 勤めている会社が建設業なので自己啓発を兼ねて資格を取ろうと思いました。一昨年の試験で学科は独学で合格していました。実地試験は全く歯が立たず、不合格でした。貴学院よりDMが届き、案内の電話もいただき、独学ではとても無理だろうと思ったので通信講座での申し込みを決めました。
 DVDの内容は本校での講義内容をそのまま収録されたものでしたが、解かり易く見させてもらいました。特に印象に残っているのは体験記述の添削指導です。文章にすることが苦手な私にとっては大変有難かったです。完璧に暗記して臨んだはずの本試験では緊張やプレッシャーもあり、体験記述に一番時間を掛けてしまい、自宅での勉強の成果を100%出し切ることは出来なかったと思っています。でも、何とか合格ラインをクリアすることが出来て良かったです。1級取得を目指すのは少し先になると思いますが、また機会があれば貴学院にお世話になるかもしれません。その節は宜しくお願いします。この度はお世話になりました。有り難うございました。

岡村寛之さん(オカムラヒロユキ)〔九州建設専門学院No.360185〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1824 
取材:平成27.5.26(佐竹)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
繰り返し見れたDVDが良かった
工藤周二さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (36) 埼玉県さいたま市浦和区
工藤周二さん

 1級の試験には何度も挑戦していますが、毎回実地試験で失敗していました。試験会場でアンケートに応えたのがきっかけで、貴学院の方からお誘いの案内をいただき、申し込みをしました。福岡の方へは通える距離ではありませんでしたので、通信教育での申し込みをしました。
 福岡の講義内容がDVDに収録されているものが届きましたので、仕事が終わってからの時間を使って少しずつ見ながら勉強を進めていきました。繰り返し見れたのが良かったです。体験記述については、添削してくれた内容をそのまま覚えていたので、本試験でも安全管理が出題された際、あまり焦ることなくしっかり書けた気がします。勉強時間を確保することが難しいので、毎日会社が終わった後の夜の時間などを使って自分のペースで勉強を進めることが出来たのも通信教育のDVDの良い所だったと思います。少し時間は掛かりましたが、無事に合格を手にすることが出来て良かったです。今後は電気工事士の資格に挑戦しようと考えています。この度は有り難うございました。

工藤周二さん(クドウシュウジ)〔九州建設専門学院No.350694〕
九栄会かわら版 平成27年8月号・・・No.1793 
取材:平成27.2.25(佐竹)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
福岡まで通った甲斐がありました
髙橋祐輔さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (42) 山口県岩国市
髙橋祐輔さん

 去年学科を合格して、某学校(地域開発研究所)に実地対策を申し込みましたが不合格でした。添削指導が1回だけで特に何もなく不安な気持ちで受験したので当然の結果でした。今年は実地2回目の受験でどうしても合格したかったので、学校を真剣に探しました。貴学院からも案内が届いていたので迷っていたところ、熱心に勧められたので申し込みました。決め手は添削指導が何回も受けられることと、熱心なお誘いでした。
 福岡で2日間の講習があるので参加しました。講習は多く参加されていて試験会場のような空気でした。先生の事細かい講習内容は勿論解かり易かったです。更に、配布された資料が的を得ているというか凝縮されていたので、何回も繰り返し目を通していました。勿論、作文の添削指導もきちんとしてもらいました。お陰様で今年合格できました。試験後の手応えが昨年とははるかに違い、達成感がありました。合格の喜びとお礼をすぐに報告させて頂きました。中村さんからお誘い頂き、感謝しています。貴学院に頼んで、本当に良かったです。合否の分かれ道でした。ありがとうございました。

髙橋祐輔さん(タカハシユウスケ)〔九州建設専門学院No.359024〕
九栄会かわら版 平成27年8月号・・・No.1792 
取材:平成27.1.14(中村)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
修正の連続が奏効しました
坂本淳子さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 女 (51) 茨城県水戸市
坂本淳子さん

 学科は貴学院のDVD学習で何とかなりましたが、実地はさすがに現場経験ゼロの私にとってはどうしたものか見当がつきませんでした。 送られてきた例文を基に自分なりにイメージして施工作文を提出するも、何回も修正され返送されてきました。指導していただいた先生も大変だったと思います。しかし本当に最後まで丁寧に対応して下さりありがとうございました。完成した文章はおそらくこの添削を受けていなければアウトだったと思います。本試験はどのテーマが出るか分からないし、色々なパターンがありますので、何とかなるだろうなんて甘い考えで挑んでは多分無理だと思います。入念に準備しておかないと絶対にうまくいかないと考えさせられる受講内容でした。ありがとうございました。

坂本淳子さん(サカモトジュンコ)〔九州建設専門学院No.210238〕
九栄会かわら版 平成27年7月号・・・No.1778 
取材:平成27.2.26(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
計画性をもって合格できた
野中 聡さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (41) 東京都足立区
野中 聡さん

 今回1級土木施工管理技士を取得しようと考えたのは、他の資格も保有しており、仕事の幅を広げるためです。本腰を入れて学習したのは、ここ2~3年ですが、貴学院に入学にいたるまで池田講師に何度かお電話にて相談し、添削指導や質問事項に迅速に対応して戴けると感じ入学を決意しました。 学習のポイントとしては、まず昨年度の反省点を講師の先生方と相談し、問題点を抽出し補うことを中心に、前半は施工体験記述を中心に置きました。昨年記述した内容をまず添削指導していただき合格レベルの記述までに持っていき、後半は施工体験記述を並行しつつ土工、コンクリート工、法令を見直していきました。試験会場では試験開始時間まで薄いテキストを何度も見直しました。これは要点のみまとめられており、とても重宝しました。 今年度は土木のほかに給水装置、下水2種を受験しましたが、給水装置のみ残念な結果となりました。来年、他の資格取得を目指しながらもう一度チャレンジしたいと思います。

野中 聡さん(ノナカサトル)〔九州建設専門学院No.346643〕
九栄会かわら版 平成27年7月号・・・No.1776 
取材:平成27.1.26(池田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
合格率20%を突破
鈴木一郎さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (57) 千葉県旭市
鈴木一郎さん

 もちろん仕事は土木関係で2級は大分昔に取得していました。1級の資格をなんとしても取りたかったので、通信の学校を探しました。ブラッシュアップのサイトで、一括で資料を取り寄せましたが、貴学院の内容が良く値段も手ごろだったので申し込みをしました。 2級を取ったといっても忘れているところが多く工法も変化しているので、今回の実地の添削を受けなかったら多分無理だったと思います。添削の内容は本当に良かったです。先生から細かく手直ししてもらって何回も修正してもらい助かりました。全国合格率20%の難関をお蔭でうまくくぐり抜けることができました。これから存分にこの資格を職場で活かしていきたいと思います。

鈴木一郎さん(スズキイチロウ)〔九州建設専門学院No.120539〕
九栄会かわら版 平成27年7月号・・・No.1775 
取材:平成27.2.28(徳田)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込
次は1級電気工事施工管理技士を受験します
田母神聡浩さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (31) 愛知県名古屋市西区
田母神聡浩さん

 元々福岡にいましたが、現在は転勤で名古屋にいます。仕事上出張が多いため、勉強する時間が限られているし講習に参加はできないので、某学校(建設管理センター)の通信に申し込みしていましたが9月まで何もない状況でした。貴学院より実地対策の案内が届いたのは夏頃でした。今年が学科免除の最後の年だったので、急に不安になりました。添削指導をすぐに受けられるとの事だったのでセンターをキャンセルし、貴学院に賭けることにしました。中村さんからのお誘いも感じが良かったので、何となく安心できました。 すぐに添削指導を受けました。自分でも気になっていた箇所に赤ペンが入っていて疑問点が次々と解消できました。やはり客観的な視点で添削してもらえるので良かったです。独学だと一人で悶々と悩んでいるけど、その時間を勉強や暗記に当てられるのでやはり貴学院に頼んで良かったです。効率よく勉強がはかどりました。また、2日間の講習を録画したDVDは届いてから何回も繰り返し見るようにしました。ポイントを押さえた的確な内容で先生のお話をリアルに収録されているのでとても参考になりました。資料もとても解かり易かったです。試験では先生に指導してもらった作文を丸暗記し、そのまま書きました。出題内容もほぼ貴学院と同じ内容で手応えがありました。何よりも達成感があり、完全燃焼できました。お陰様で合格できました。ありがとうございました。 早速、1級電気施工管理技士の直前講習を申し込みました。去年学科を試しで受験しましたが意外と難しかったです。学科を合格したら実地対策も宜しくお願いします。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

田母神聡浩さん(タモカミアキヒロ)〔九州建設専門学院No.354577〕
九栄会かわら版 平成27年7月号・・・No.1773 
取材:平成27.1.15(中村)
平成29年度(2017年度)資料請求平成29年度(2017年度)講座申込