1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。

201~220件表示(全810件掲載中)
先生が試験のポイントを教えてくれた
匿名希望さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (44) 熊本県阿蘇郡南阿蘇村
匿名希望さん

 会社は主に民間の造成工事をやっています。年齢的にそろそろ1級土木を取ろうと思っていた矢先に会社から受験するように言われました。会社の配慮で貴学院の熊本教室で受講することになり、同僚と一緒に行きました。
 やはり自分でやるのと違い熊本教室の先生が大事なポイントを講義の中で説明されたのが良かったです。自分で努力したことは、好きなお酒を試験1ヶ月前から禁酒して勉強したことです。次の実地試験も1回で合格したいと思っていますので引き続き宜しくお願いします。この度はお世話になりました。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.166874〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1926 
取材:平成27.8.20(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
貴学院の講義で自分を拘束できた
水本寛和さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (45) 佐賀県佐賀市
水本寛和さん

 年齢的に40代になりこれから歳を重ねるにつれて試験勉強が難しくなるので、今のうちに1級土木を取得しておこうと思いました。
 会社からは貴学院の佐賀教室で受講するようにということでしたので、日曜日に講義を受けました。やはり自分ではやらないので決まった日の決まった時間に勉強でき、自分を拘束できたのが一番良かったと思います。自分はお酒が好きなので、仕事が終わって毎日晩酌します。晩酌するとすぐ眠くなるので朝、早起きして1時間程度勉強しました。実地試験に向けての勉強も引き続きご指導をよろしくお願いします。この度は有難うございました。

水本寛和さん(ミズモトヒロカズ)〔九州建設専門学院No.321032〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1925 
取材:平成27.8.31(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
的を絞った勉強が大事
松本明紀さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (36) 福岡県古賀市
松本明紀さん

 土木がメインの仕事をしていますので、会社の命令で土木の資格は必要でした。貴学院にも会社に行かせてもらいました。他の資格は受けていますが、施工管理技士は初めて受験しました。
 1級土木の勉強をしてみて、幅が広いので難しいところもありました。現場経験は長く、自分が経験したことのある内容については分かるのですが、全く関わりのないような工事というのは、分かりづらいところがあります。そういうところを講習で解説してもらえるのは良かったです。試験に出てくる内容は幅が広いので、的を絞った勉強が必要と感じました。それをしないと無理というのが分かったので、とりあえず捨てても良いところを決めて、出そうな所をひたすらこなして行くということを心がけて勉強しました。そういった意味で、講義の中で先生が出そうなポイントを教えてくださるので助かりました。あとは過去問題を繰り返しやって覚えていくことが大事だと思って勉強しました。次の実地も合格できるように頑張りたいと思います。

松本明紀さん(マツモトアキノリ)〔九州建設専門学院No.328246〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1924 
取材:平成27.8.30(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
諦めない気持ちが結果につながった
前田将太さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (33) 福岡県鞍手郡鞍手町
前田将太さん

 今回の資格取得のきっかけは、ほぼ会社からの命令のようなもので、講習にも行けと言われて行ったという感じです。貴学院については会社の知り合いからの紹介でした。実は前年に受験をしたのですが、全く歯が立たず途中で諦めました。基本的に勉強嫌いなので通わないと仕方がないと思い、多少距離がありましたが北九州の会場へ行く事にしました。
 現場の都合等で何回か行けない事もあり、試験日が近づくにつれて焦りも大きくなっていきました。追い込み用にと送ってもらったDVDもまともに見ることができず、そのまま試験でしたが何とか合格していました。全く自信もなく、自己採点もしていませんでしたが会社のためにも合格しなければという気持ちが学科の合格に結びついたのだと思っています。実地試験があるので結果を出せるように頑張ります。

前田将太さん(マエダショウタ)〔九州建設専門学院No.166793〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1923 
取材:平成27.8.30(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
1枚のDVDで合格
匿名希望さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (35) 長崎県平戸市
匿名希望さん

 貴学院から電報がきたことで合格したことに気付きました。正直、勉強もろくに出来ずに臨んだ試験だったので、落ちているだろうと思っていました。
 貴学院から届いた初回の土工のDVDのみ目を通して、あとは仕事の忙しさでおざなりになっていました。取材を受けている今でも信じられません。大袈裟に言えばDVD1枚で合格したといっても過言ではありません。でも、合格は合格。この機会を逃さずに実地のほうも勢いで合格したいと思います。ありがとうございました。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.352352〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1922 
取材:平成27.8.31(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
建設助成金の指定校へ会社が申込み
原 誠一郎さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (32) 福岡県筑紫郡那珂川町
原 誠一郎さん

 会社は電線共同溝建設工事を主体にやっています。会社での立場上1級土木を取得しておいた方がいいと思い受験することにしました。貴学院で受講する事になったのは建設労働者確保育成助成金の対象講座に指定されていて、受講終了後に受講料の8割が戻るので会社が受講させてくれました。
 学科試験はそこまで苦労はしませんでしたが、実地試験は施工作文を書かないといけないので自分は苦手です。多分先生に質問すると思いますのでよろしくお願いします。

原 誠一郎さん(ハラセイイチロウ)〔九州建設専門学院No.330182〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1921 
取材:平成27.8.31(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
模擬試験で自信がついた
匿名希望さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (31) 熊本県八代市
匿名希望さん

 土木施工管理技士は、会社からの指示でそろそろ資格を取って欲しいいうことで、勉強を始めました。仕事の都合もあり、DVD通信で受講しましたが、テキストを中心にDVDの解説を参考にしながら勉強しました。
 土木の試験を受けるのは初めてで、自分自身も合格は半分半分かと思っていましたが、合格して良かったです。教材の中では模擬試験が良かったです。出題のポイントが分かりましたし、結構点数を取ることができたので自信がつきました。テキストを読み込んだり問題集も繰り返しやったりして、結構自分でも頑張りましたので力がついてきたのだと思います。無事合格して良かったです。次の実地は論文もありますので、また頑張らないといけないと思っています。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.330335〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1920 
取材:平成27.8.30(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
学校の講義だけで合格できた
匿名希望さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (29) 熊本県上益城郡嘉島町
匿名希望さん

 1級土木は会社から取るように言われていたので受験することにしました。2級土木を取得した時は、高校の頃学科を合格していた関係で学科免除で受験でき、さほど苦労せずに取得できました。しかし1級になると範囲が広くなるので不安に思いましたが、会社が貴学院の熊本教室での受講を認めてくれましたので、同僚と一緒に受講しました。
 自分では勉強をしないタイプなので決まった日に学校へ行って先生の講義をしっかり聞いて勉強しました。だから家では殆ど勉強していません。学校の講義だけで合格できました。来年もまた勉強したくありませんので、実地試験も1回で合格したいと思っています。よろしくお願いします。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.167723〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1919 
取材:平成27.8.30(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
案内の電話がなければ学校に行ってない
嶋田謙三さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (60) 福岡県大野城市
嶋田謙三さん

 1級土木学科試験に合格できました。今回の試験は大変難解で殆ど過去問が出ずに戸惑いました。特に選択問題は迷って残した答えが間違って、消した答えが当たっており、しっかり覚えていなかった為にちぐはぐな結果でした。自己採点では100%落ちたと思っていたので、信じられない思いです。諦めずに貴学院に通い、眠いのを我慢し努力できたことが結果につながったと思います。残された実地試験もしっかり学び合格したいと思います。貴学院に対してはしつこく入学を勧誘して頂いた事を今は感謝しております。何事も果敢に挑戦し諦めずにやり続ければ必ず成果は出ます。
 以上は、嶋田謙三様から送られたアンケートですが、井上による取材記事も以下に記載しました。
 以前から貴学院より学校案内は頂いていたのですが、今年受験をするにあたりタイミングよく案内の電話もいただいたので、担当の方の熱意に押され入学を決意しました。
 春から天神の本校で授業が始まり、せっかくの生講義なので必死で時間を作り、しっかり通学しました。受講生も多くて独学で一人で勉強するのとは全く違う環境で毎回集中して取り組みましたし、追加で答案練習会にも参加しました。この追加の講義も受けて良かったです。これが結果の分かれ道だったと思います。学科の試験も終わり自己採点をしたところ、あとわずか合格ラインに足りない点数だったのですが、今年はみな学科試験が難しいと言っていましたし、自分を信じて完全に諦めず実地対策も早めに取り組みました。先日、結果が出て自分の番号が確認できたので本当に諦めないで良かったと強く思っております。今年は独学で取り組んでいたら結果は出なかったでしょう。あの時、貴学院の方から電話がなかったら、学校に通っていないので本当に嬉しいです。引き続き実地対策もよろしくお願いします。そして貴学院の同窓会グループ「九栄会」にも入会いたしましたので、また行事に参加させていただきます。

嶋田謙三さん(シマダケンゾウ)〔九州建設専門学院No.328726〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1918 
取材:平成27.8.21(井上)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
出来る時に出来る分だけ集中
後藤真紀子さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 女 (42) 熊本県熊本市北区
後藤真紀子さん

 資格はこれまでに色々と取得し、検定も1回でパスしてきました。しかし昨年2級土木を受験し、実地試験で不合格となり、初めての挫折を経験しました。今回会社からの勧めで1級土木に挑戦する事になり、貴学院の講座は会社が申し込んでくれました。会社への貢献、そして昨年の悔しさを糧に頑張ろうと決意しました。
 現場に出る事は多いのですが、女性では限界がある部分を感じることもありやはり1級があれば心強いと感じます。勉強については仕事や家事の後に時間が取れるくらいです。寝る前に出来るときはしますが、疲れている時は無理をせず早く寝て、1、2時間程度早起きして朝の勉強時間を有効活用しました。調子が良い時に短期集中の方が頭に入ります。学科は順調に合格できましたので、実地試験も手応えを掴み年末の祝賀会にも参加させていただきたいと思っています。今後のご指導宜しくお願いします。

後藤真紀子さん(ゴトウマキコ)〔九州建設専門学院No.316384〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1917 
取材:平成27.8.30(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
分からない所を分かるように
儀間克也さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (48) 沖縄県島尻郡与那原町
儀間克也さん

 建設会社を経営していますが、仕事をする上で下水管の敷設等、土木関係に波及する仕事も増えてきました。2級管工事施工は持っていましたが、代表者としていよいよ1級土木の資格が必要となりました。また、若い人を指導する上でやはり私が持っておかないとどうにもなりません。何年か前も貴学院へ問い合わせたことがありましたが、結局その時は受講せずじまいでした。しかし、今回改めてご案内いただいた時は、よしやろうと思いました。
 那覇会場の先生からは「分かる所はおさらい程度で、分からない所を分かるようにしなければ、勉強の意味はありませんよ」と言われ、それはそうだなと思いました。そういう先生のアドバイスで一所懸命やりました。結果、本試験は46点で余裕の合格でした。いい形でモチベーションを与えて下さった先生の言葉が合格の決め手でした。

儀間克也さん(ギマカツヤ)〔九州建設専門学院No.254854〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1916 
取材:平成27.8.29(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
2級につづいて1級も
尾上彬斗さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (27) 鹿児島県鹿児島市
尾上彬斗さん

 前回、2級土木の時も鹿児島会場でお世話になりましたが、今回は1級ということで更に気を引き締めてやりました。
 梅木先生の教え方は、解かり易くポイントもよく押さえてあり良かったと思います。とにかく過去問を5年分みっちりやりました。大体それで問題のパターンも掴めていたのが功を奏したと思います。次は実地試験ですが、前回2級の時に添削してもらった分がありますので、それに少し改良を加えて乗り切ろうと思います。

尾上彬斗さん(オノウエアキト)〔九州建設専門学院No.274456〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1915 
取材:平成27.8.29(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
先生から励まされたのが決定打
江島郁恵さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 女 (37) 大分県速見郡日出町
江島郁恵さん

 現場に行ったことはありますが施工経験は殆どなくて、会社からは1級の資格をとって欲しいと言われてましたので、どうしようかと思っていた矢先、貴学院から講座案内のFAXが届きました。場所も大分でしたのでこれだと思い、すぐ申し込みさせていただきました。
 授業は休むことなく全部出席しましたが、送られてきたDVDは殆ど見ることが出来ませんでした。どれだけ理解できているか自信が無く落ち込んでいたら、五郎丸先生から「心配しなくて大丈夫だから」と励まされ、元気がつきました。その勢いで学科試験を受けて合格。先生から元気づけてもらったのが何より心強かったです。ありがとうございました。次は実地試験です。

江島郁恵さん(エジマイクエ)〔九州建設専門学院No.327807〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1914 
取材:平成27.8.29(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
自分で目標を決めて勉強
天井茂人さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (43) 佐賀県鳥栖市
天井茂人さん

 貴学院で昨年、1級電気工事施工管理技士の講座を受講して合格しました。年末の合格祝賀会に参加して、その時に次に取るのであれば1級の土木施工管理技士だと思っていましたので、貴学院の担当者の方に相談して受講することにしました。
 日曜日に仕事のことが多くて通学が出来ませんでしたので、送ってもらったDVDを見ながら勉強しました。先生の講義は解かり易く、テキストやプリントで指摘された試験に出るポイントを中心に勉強しました。昔だったら一夜漬けでもできたかもしれませんが、1級になると範囲も広くコツコツDVDを見たり、テキストや問題集をして勉強しました。特に過去問は5年分を4回繰り返してやりました。お陰様で無事、学科は合格することができました。ありがとうございました。やはり、このような勉強はやる気が一番大事です。ここまでやろうと自分で計画を立ててやったのが良かったと思います。次に控えている実地試験に向けて今、準備中です。どうぞ今後ともご指導をよろしくお願いします。

天井茂人さん(アマイシゲト)〔九州建設専門学院No.211276〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1913 
取材:平成27.8.29(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
五郎丸先生の絞り込みが抜群でした
安部 攻さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (34) 大分県津久見市
安部 攻さん

 建設会社を経営しています。1級土木を受験するにあたって周りの人は過去問をやっておけば大丈夫といろいろ言いますが、自分なりにちゃんと学校に行って勉強しないとダメだろうと思いネットで問合せをしました。大分で通学の生講義があるということで申し込みました。
 初めてだったので多少の不安はありましたが、講師の五郎丸先生から開口一番「自分のレベルに応じて勉強してもらえばいい」、「専門土木は捨てていいです」等学習の進め方について説明がありました。それを聞いて今まで混沌としていた頭の中がスッキリして、きちんと方向性が定まったのが良かったです。授業も絞り込みがきちんとされていて「ここは出ませんからしなくていいです」とか「ここは絶対覚えて下さい」と明確に仕分けされていてとても解かり易かったです。なおかつ志を同じくする人達と同じ教室で勉強しますので孤独感は一切ありませんでした。これが独学でやったとしたら、こうは行かなかったと思います。合格の決め手は先生から方向性を示していただき、そのレールにのってやれた事が大きかったと思います。実地試験も頑張ります。

安部 攻さん(アベオサム)〔九州建設専門学院No.330268〕
九栄会かわら版 平成27年12月号・・・No.1912 
取材:平成27.8.29(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
仕事に必要な資格だったので合格できて良かった
匿名希望さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (40) 宮崎県延岡市
匿名希望さん

 自営で建設業をしており、許可証の関係で土木の資格が必要でした。受験を目指したタイミングで貴学院より土木の宮崎会場があるとのお誘いを受け、独学ではやり方が分からないだろうと思い受講を決めました。学科試験は1回目の試験で合格することが出来ましたが、実地試験が合格ラインに届かず、翌年の実地対策講座も貴学院にお願いしました。
 勉強していく上で工夫したことなどは特にありません。とにかく先生から教わった内容を確実に復習していっただけです。お蔭で2回目の試験で無事に実地試験まで合格することが出来ました。この度はお世話になりました。有り難うございました。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.194472〕
九栄会かわら版 平成27年11月号・・・No.1907 
取材:平成27.7.28(佐竹)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
会社にDMが届きました
河本義明さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科) 男 (63) 福岡県嘉穂郡桂川町
河本義明さん

 長く建設会社で働いていますが、会社から指示があり受験することになりました。貴学院に入学したのは、会社へタイミングよく案内が届いたからです。あまり学校に通う時間も無かったので、短期集中の直前対策コースに申し込みさせていただきました。
 授業の内容はとても解かり易かったのですが、施工作文がいまいち理解できず学科のみの合格に終わりました。今年は何とか実地を合格して資格をとりたいと思います。

河本義明さん(カワモトヨシアキ)〔九州建設専門学院No.328244〕
九栄会かわら版 平成27年11月号・・・No.1906 
取材:平成27.6.29(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
家庭教師
片岡公生さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (39) 佐賀県佐賀市
片岡公生さん

 1級土木の学科は何とか合格しましたが、実地の方は作文があり不安もあったので会社の勧めで貴学院を受講しました。
 私が受講した場所が佐賀会場で、確か堀越先生でしたが改めて受講して良かったと思います。手取り足取りのごとく、「ここは捨てて構いません」「ここの文章はこうした方が解かり易いです」等、講義終了後にマンツーマンで教えて頂き、作文も赤ペン先生のように添削、添削の繰り返しで助かりました。また勉強の相談にものってもらい感謝しております。いつしか合格したいという思いが、先生の期待に応えたいという思いに変化しました。そのくらい有難かったです。お陰様で無事、試験に合格することが出来ました。今は資格を取得したことで給料も上がり、仕事にもさらにやりがいを感じております。本当にありがとうございました。

片岡公生さん(カタオカコウセイ)〔九州建設専門学院No.173019〕
九栄会かわら版 平成27年11月号・・・No.1905 
取材:平成27.6.28(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
丸山先生のお蔭で実地試験も一回で合格
江上香恵さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 女 (41) 福岡県大川市
江上香恵さん

 学科試験で合格させていただいたので、引き続き実地試験対策の勉強も貴学院でやることにしました。学科と同様、実地の勉強も久留米、佐賀、福岡本校で受講しました。
 どの教室の先生もとても熱心に教えてくれましたが特に福岡本校の丸山先生はパワーポイントを使い、講義の中では試験に最も重要なポイントと受験のテクニックを解かり易く丁寧に教えてくれたのが良かったです。我々社会人は勉強時間を作るのも大変です。そのことを丸山先生はよく分かっておられると思います。そして現場経験の少ない私にとって施工作文の添削指導もとても助かりました。丸山先生には大変お世話になりました。また貴学院のスタッフの皆様有難うございました。

江上香恵さん(エガミカエ)〔九州建設専門学院No.341587〕
九栄会かわら版 平成27年11月号・・・No.1904 
取材:平成27.5.29(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
問題集を繰り返し解いた
福本千尋さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (31) 熊本県阿蘇郡南阿蘇村
福本千尋さん

 親が自営で建設業を営んでおり、会社のためと仕事の幅が増えるだろうということで1級の土木を目指しました。2級を受験した際にアンケートに応えたのがきっかけで貴学院より案内が届き、年齢的に1級の受験が可能でしたので、その対策講座に申し込みました。
 仕事の都合で2年受験を見送る形になってしまいましたが、今回はしっかり通学に参加し受験に臨みましたので、学科も実地もストレートで合格することが出来ました。学科試験も実地試験もとにかく問題集を繰り返し解き、頭に叩き込んでいきました。テキストを見ながらの勉強では続かなかったと思います。自分に1番合った方法を見つけることが出来、良かったです。
 今年は9月に管工事の受験をしようと思っています。初めての受験になるのでどうなるか分かりませんが、土木の時の勉強を活かして合格目指して頑張りたいです。この度は有り難うございました。大変お世話になりました。

福本千尋さん(フクモトチヒロ)〔九州建設専門学院No.347034〕
九栄会かわら版 平成27年11月号・・・No.1903 
取材:平成27.7.28(佐竹)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込