1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。
 こちらでは福岡市を除く福岡県内にお住まいの方の合格者の声を掲載しております。

201~220件表示(全254件掲載中)
学校の講義がわかりやすかった
山元年明さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (27) 福岡県糸島郡二丈町(現福岡県「糸島市」)
山元年明さん

 会社から2級土木施工管理技士を取ってくれと言われていましたので、受験を決めたのですが、九州建設専門学院があったので助かりました。ほとんど手探りのまま学校へ通い、少しずつ理解していきました。
 学校での勉強が分かりやすく、頭に入っていったので合格したのではないでしょうか。私はそう考えています。
 学生時代とは違った勉強で、何となく要領よく学科も実地も取り組めたような気がしています。でも、実地試験では、作文があるのでそれが大変でした。やはり、つぎは1級を狙います。

山元年明さん(ヤマモトトシアキ)〔九州建設専門学院No.184617〕
ライセンスメイト 平成14年1月号・・・No.847 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
質問できたのがよかった
高森雅和さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (32) 福岡県田川郡川崎町
高森雅和さん

 試験の直前2週間前は集中してよく勉強しました。それも、学校でいつも不安なところを先生に質問したりして、ある程度自信を持って、勉強も受験もできたからではないだろうかと考えています。
 私は土建業関係の会社に入社して7年になるので基礎的な部分は理解しているつもりでした。ですから、教科書の中の特殊な用語を見ても、分かっていました。でも、それでも不安はつきまといます。だから、時間があれば、先生にいろいろ質問して、その不安を取り除いたのがよかったのだろうと考えています。
 先生方には、いつも親切に質問に答えてもらったし、心から感謝しています。本当にありがとうございました。

高森雅和さん(タカモリマサカズ)〔九州建設専門学院No.162846〕
ライセンスメイト 平成14年1月号・・・No.846 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
自分で率先してチャレンジ
長野康則さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (29) 福岡県北九州市八幡西区
長野康則さん

 2級土木施工管理技士の人が会社を辞められたので、いずれは私に会社から「受験するように」と言ってくるだろう、と思っていたので、この際、自分から決めて逆に申し出ました。
 毎日の仕事はきつく、大変だったけど、1日2時間の勉強を続け、問題集を中心に勉強しました。今度は5年後に1級にチャレンジすることにしています。
 試験ですか?学科は何とかやれましたが、実地は苦労しました。学科は4つの解答から、正しい答えを一つ選べばいいのですから、それで、何とかなりますが、実地はそうもいきません。学校で勉強してよかったです。

長野康則さん(ナガノヤスノリ)〔九州建設専門学院No.179550〕
ライセンスメイト 平成14年1月号・・・No.845 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
用語の理解が大事
井上博文さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (54) 福岡県糟屋郡粕屋町
井上博文さん

 私は、建築が専門で、土木の方はあまり経験がなかったのですが、将来を考え、受験を決めました。
 勉強法は、毎週日曜、学院での講義を欠かさず、最初は、5冊のテキストをマスターするつもりでいましたが、範囲が余りにも広いので、学院で先生が言われたところを入念にアンダーラインを引きました。実は、これがあとで大いに役立ちました。
 というのは、過去の問題集にとりかかったとき、まず、用語に苦戦しました。そこで、テキスト、それもアンダーラインの部分を中心に読んでいったら、うまくいきました。用語を理解できたら、あとは楽でした。

井上博文さん(イノウエヒロフミ)〔九州建設専門学院No.188575〕
ライセンスメイト 平成13年11月号・・・No.838 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
プレッシャーが緊張に
石野良一さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (37) 福岡県大野城市
石野良一さん

 一昨年に1度落ちているんです。また、落ちたんでは面目ないでしょう。それで、今回は半年前から勉強を始めました。それも、学院の通信講座を選び、本と資料を送ってもらい、勉強しました。
 とはいっても、正直なところ、身を入れて勉強したのは1ヶ月かな。
 会社から、資格を取得するように、以前から何度も申し渡されていたのが、適度なプレッシャーになって集中力につながったような気がします。
 仕事が建設コンサルタントで、人より理解は早いつもりでしたが、分からないところも多かったので早くから始めてよかったです。

石野良一さん(イシノリョウイチ)〔九州不動産専門学院No.162019〕
ライセンスメイト 平成13年6月号・・・No.826 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
一度に2つの資格を
牧山隆志さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (40) 福岡県田川郡
牧山隆志さん

 土建業の道に入って20年ですから、この勉強をする時にもっと早く資格を取得しておけばよかったと思いました。
 でも、今回は1級土木施工管理技士と、1級建設機械施工技士の二つを取得しました。一気に二つを狙ったのは、学科は労働基準法など、ほとんどダブっており、違うのは実地だけですから、少し大変でも、この際、一緒に勉強することにしました。
 1日2時間、夕食のあと学院の通信講座で勉強しましたが、身を入れて、本当に取り組んだのは、試験直前の1ヶ月だったような気がします。
 将来の自分を見つめ、どうしても、(資格を)取っておきたかったので合格して本当にうれしいです。

牧山隆志さん(マキヤマタカシ)〔九州不動産専門学院No.176947〕
ライセンスメイト 平成13年6月号・・・No.825 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
勉強の時間探しで苦労
原田 恵さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (37) 福岡県前原市(現福岡県糸島市)
原田 恵さん

 建設会社に勤めていますが、仕事が忙しくて勉強時間をつくるのに苦労しました。
 自由な、自分の時間が日曜日以外には見当たらず、勉強する時間が思うようにならないというのが、最大の悩みでした。
 だから、学院から届いたテープを何度も何度も聞き返し、それからテキストを見て、それを確認するやり方をとりました。
 ファックスで送り、添削してもらう方法もすごく役立ちました。学生のように、机に向かってがむしゃらに勉強するという方法がとれない人間には添削してもらうやり方は助かると思います。

原田 恵さん(ハラダメグム)〔九州不動産専門学院No.179784〕
ライセンスメイト 平成13年6月号・・・No.824 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
わからない時は質問が一番
椎野 蕃さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (55) 福岡県行橋市
椎野 蕃さん

 年齢的に考えて、記憶力の欠如に悩まされました。朝晩きっちり勉強したつもりですが、今更ながら、自分の記憶力のなさに、がっくりしました。ちょっと難しいところにくると、もう先へ進みません。
 6年前まで、違う会社で普通のサラリーマンだっただけに、現場監督をしているといっても分からないところばかり。それで、恥も外聞も忘れて、とにかく現場で知り合った人たちに手当たり次第に、聞き回りました。
 朝晩、勉強して、どうしても分からないところを貯めておいて、質問しまくりました。学院の先生は、的確に答えて頂いて非常に助かりました。

椎野 蕃さん(シイノシゲル)〔九州不動産専門学院No.184278〕
ライセンスメイト 平成13年6月号・・・No.823 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
入院中テープが役立った
藤野挙徳さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (31) 福岡県飯塚市
藤野挙徳さん

 過去何度も、何度も暗記するほど繰り返して勉強することから、まずスタートした。「問題と答えを繰り返し、どうしても理解できないところは、ピックアップしておいて、学院で教えてもらうことにしていました」。2月から4月半ばまでに、基礎の講義を受けるつもりだったのに、藤野さん、この時期、ケガで入院してしまった。「正直あせりました。でも、その基礎の部分を(学院で)テープにとってもらえていたので、助かりました。通勤途中に電車の中で聞きながら、頭に入れました」。
 受験の動機は、会社からの勧め。営業という会社の仕事の合間での勉強だっただけに大変だったが、家族の協力も味方した。

藤野挙徳さん(フジノタカノリ)〔九州建設専門学院No.173100〕
ライセンスメイト 平成12年11月号・・・No.811 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
1級に挑戦しています
高石英明さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (37) 福岡県糟屋郡須恵町
高石英明さん

 福岡工業高校土木科の卒業ですから、土木関係の知識はありました。現在の土木系の会社に入社し、資格取得を思い立ちました。いきなり1級は無理というので、2級に挑戦しました。専門の土木系の勉強はそれほどでもなかったのですが、施工管理や法規関係はやはり難しく、結構勉強しました。
 毎日、30分から1時間以上は本を広げましたし、授業にも欠かさず出かけました。最後の3ヶ月は集中して勉強しました。今は1級を受験しようと、引き続き学院に通っています。家族も送り迎えしたり、夜は静かにしたり、大いに協力してくれています。

高石英明さん(タカイシヒデアキ)〔九州建設専門学院No.163870〕
ライセンスメイト 平成12年2月号・・・No.782 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
反復練習が一番
畑山庄藏さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (43) 福岡県筑紫郡那珂川町
畑山庄藏さん

 土木建設会社に勤務して8年になります。会社から2級土木施工管理技士の資格取得を勧められ、挑戦しました。普通高校のなかでは珍しい電子科を卒業したのですが、土木の世界は門外漢でした。それと、計算はさほど得意ではないうえ、40歳を過ぎての久しぶりの勉強でしたので、なかなか覚えるのが大変でした。
 学院には真面目に通学しました。それでも、範囲が広く、頭に入りません。結局は反復練習が1番で、毎夜30分から1時間、早朝に20分ぐらい繰り返し勉強しました。やはり、やる気が1番で、やる気がないと覚えても頭に入りません。

畑山庄藏さん(ハタケヤマショウゾウ)〔九州建設専門学院No.163869〕
ライセンスメイト 平成12年2月号・・・No.781 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
家事をしながらテープを
江頭伊世子さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 女 (40) 福岡県大川市
江頭伊世子さん

 男の人と違って現場の経験がない分、土木に関するいろんな知識もないわけですから、大変でした。だから一般的な心構えとして、土木管理全般を勉強するつもりで取り組みました。講義の時は眠さとの戦いでしたが、不思議と講師の先生の話が頭の中に入りました。普段は仕事が終わると家事があります。事務所で時間があるときはテキストを広げるようにし、通勤の車の中や、家事をしているときも講義のテープを聞いていました。仕事に必要な資格ですし、自分で決めた目標でしたから、頑張ることができたと思います。

江頭伊世子さん(エガシライセコ)〔九州建設専門学院No.106668〕
ライセンスメイト 平成10年5月号・・・No.699 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
通勤の車中でテープを
伊藤金城さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (42) 福岡県嘉穂郡穂波町(現福岡県「飯塚市」)
伊藤金城さん

 仕事は橋梁工事が中心で、私はほとんど現場に出ています。親しい友人が1級を持っていて、いろいろ相談したところ、仕事上資格は持っていたほうがいいと判断して受験しました。
 勉強は、自宅よりも仕事先での昼休みにテキストや問題集を広げたり、現場までの通勤の1時間半は、法規のテープを聞いたりと工夫しました。学院のテキスト、問題集が中心の勉強でしたが、問題を多くこなしたことと、学院の模擬試験がずいぶん役に立ったと思います。今年はぜひ1級を、と思っています。

伊藤金城さん(イトウキンシロ)〔九州建設専門No.133278〕
ライセンスメイト 平成10年3月号・・・No.691 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
常に身近にテキストを
山口浩究さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (45) 福岡県北九州市小倉北区
山口浩究さん

 仕事が土木建設なので、必要な資格。1級へのステップとして受験を思い立ちました。
 勉強は、仕事が終わった後の家ではどうしても集中できないので、仕事の合間の空いた時間などにテキスト、問題集を広げました。常に身近にテキストを置いていました。勉強といっても、そう苦労したという感じはありません。何よりも学院の講義に集中しておけば大丈夫だと思います。私は、それで乗り切りましたから。次は今年中に1級土木施工管理に挑戦するつもりです。

山口浩究さん(ヤマグチヒロミ)〔九州建設専門No.124802〕
ライセンスメイト 平成10年3月号・・・No.690 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
問題に慣れるように
坂本英久さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (50) 福岡県大野城市
坂本英久さん

 受験は2度目で成功しました。会社の仕事は下水道や改修など公共工事が多く、入札の際の格付けなどでどうしても有資格者が必要です。それで、資格取得をと思ったのが動機です。学院の日曜講座に通いながら、自宅でも1日2、3時間は勉強するようにしました。勉強はあまり大変だったという思いはないのですが、学院のテキストと問題集で出題傾向をつかんだり、多くの問題を解いて、慣れるようにしたのがよかったようです。これから仕事の上で生きてくる資格だと思っています。

坂本英久さん(サカモトヒデヒサ)〔九州建設専門No.134679〕
ライセンスメイト 平成10年3月号・・・No.689 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
毎日少しずつでも
曽我部 潤さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (33) 福岡県糟屋郡須惠町
曽我部 潤さん

 会社はコンサルタント業で、施工管理もやっています。受注とは直接関係はありませんが、年齢も30歳を超えたし、仕事に役立つ資格を取っておこうと思ったのが受験の動機でした。試験は1回でパスしました。試験勉強は2、3日しないと、したくなくなるので毎日少しずつでもいいから、30分でもテキストを開くようにしました。自分が立てた目標ですから、試験前は同僚に飲みに誘われても断って集中しました。家族も、勉強中は静かにしてくれたり、協力してくれました。

曽我部 潤さん(ソガベジュン)〔九州建設専門No.106723〕
ライセンスメイト 平成9年8月号・・・No.662 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
短期決戦で対策
戸上幸良さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (58) 福岡県筑紫野市
戸上幸良さん

 法の改正があり、管理技術者が必要になりましたし、一念発起して挑戦しました。試験のころがちょうど仕事が忙しい時期と重なり、時間がなくて大変でした。しかし、試験前2週間は夕方から午前3時ごろまで、受験勉強をしました。歳をとっているので、毎日少しずつやるより効果があると思ったからです。勉強は学院の講義を受け、試験前は学院のテキスト(問題集)を中心に、3回繰り返してやりました。試験は、あまり自信がなかったのですが、何とか通ることができました。

戸上幸良さん(トガミタカヨシ)〔九州建設専門No.113663〕
ライセンスメイト 平成9年6月号・・・No.655 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
念願の資格が手に
小野敏明さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (48) 福岡県八女郡立花町(現福岡県「八女市」)
小野敏明さん

 以前は土木建設会社に勤めていましたが、事務でしたので、受験勉強には苦労しました。しかし、ラッキーなことに1回でパスしました。念願の資格でしたから、喜んでいます。勉強は学院のテキストが中心で、先生方の講義が分かりやすくて役立ちました。休日に福岡まで1時間半かけて通いましたが、苦労が報われました。家族の協力があったからこそです。
 会社は設立して5年目です。この資格を持っているのと持っていないのでは、仕事の受注にも大きく影響します。これからの武器になると思います。

小野敏明さん(オノトシアキ)〔九州建設専門No.68951〕
ライセンスメイト 平成9年6月号・・・No.653 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
あきらめずに挑戦
森田敏雄さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (27) 福岡県前原市(現福岡県「糸島市」)
森田敏雄さん

 実家が一般土木工事業をしていますから、仕事柄必要な資格なので受験しました。受験対策としては、問題集も買っていましたが、もっぱら学院のテキストを中心にやりました。試験問題は普段の仕事でやっていて覚えていたことですから、特に苦労したという点はありませんでした。
 これから受験する人にアドバイスするとしたら、仕事の中で知識として覚えることは多いわけですから、普段の仕事をきちんとすること、そして、あきらめないこと思います。そして、分からないことは、恥ずかしがらず、人に聞くことです。

森田敏雄さん(モリタトシオ)〔九州建設専門学院No.106858〕
ライセンスメイト 平成9年2月号・・・No.640 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
会社の協力で合格
吉川壽志さん
2土木(2級土木施工管理技士) 男 (30) 福岡県筑紫郡那珂川町
吉川壽志さん

 この資格は、以前から取りたいと思っていましたが、会社の勧めもあって学院の講座を受講しました。勉強は学院のテキストと講義、テープを聞くことぐらいで、特に問題集はやりませんでした。土木現場の仕事ですから、疲れて帰った時は勉強もしたくありませんが、試験前は会社が協力して勉強時間を確保してくれ、助かりました。感謝しています。これから受験する人へのアドバイスとしては、基本をきちんとしておけば大丈夫ということです。次は、管工事施工管理を取ろうと思っています。

吉川壽志さん(ヨシカワヒサシ)〔九州建設専門学院No.104762〕
ライセンスメイト 平成9年2月号・・・No.639 
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込