1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。
 こちらでは福岡市内にお住まいの方の合格者の声を掲載しております。

21~40件表示(全96件掲載中)
まる暗記で合格
森田大作さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (25) 福岡県福岡市早良区
森田大作さん

 私の場合、学歴ですでに学科免除だったので実地のみ受験すればOKでした。実地対策のみの講義をやっている所ということで貴学院を選ばせてもらいました。
 しかし、いざ申し込んでみたものの、直後に仕事が忙しくなり結局学校には行けずじまいでした。ただそれでは困るので、施工作文だけは何とかしようと思い先生にお願いしたところ、先生が作文を作ってくださってこれを丸暗記しなさいと言われました。試験まであまり時間がなかったので、それを全部覚えました。大丈夫かなと不安でしたが、結果それで合格しました。先生に感謝です。仕事上、1級も取らないといけないので今勉強中です。有難うございました。

森田大作さん(モリタダイサク)〔九州建設専門学院No.315202〕
九栄会かわら版 平成27年1月号・・・No.1594 
取材:平成26.10.30(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
長い戦いに決着
金高康仁さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (45) 福岡県福岡市西区
金高康仁さん

 昨年、やっと1級土木施工管理技士に合格しました。長い間資格に挑戦していて苦労してきたので、非常に嬉しいです。貴学院は試験会場で受験アンケートを書いて、それから実地対策の案内が届いたので独学では厳しいと思い申込みをしました。
 通信としてDVDを見て勉強をし、会社でも資格取得に力を入れておりますので会社の講習会にも参加し、貴学院で作文を添削してもらい、さらに会社の講習会でも添削してもらいと2重に、より確実に合格へと近づけていきました。約10年前、ほとんどゼロからのスタートで資格に挑戦しましたからやっと決着が付いた感じです。ホッとしましたが、この世界は資格があって当たり前、1級土木は通過点でしかありません。会社での有資格者も定年を迎えられたりと、これから若い世代がどんどん引っ張っていかなくてはいけません。ほかの施工管理技士の資格にもチャレンジしていくつもりです。また機会があればよろしくお願いします。

金高康仁さん(カネタカヤスヒト)〔九州建設専門学院No.344327〕
九栄会かわら版 平成26年10月号・・・No.1505 
取材:平成26.7.20(井上)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
生講義なので聞き逃さないように緊張感を保てるので勉強する環境は最高でした
宇野康介さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (39) 福岡県福岡市早良区
宇野康介さん

 土木の業界に10年以上いるので、直接1級を受験することにしました。独学で受験しましたが失敗しました。試験会場で受験アンケートに答えていたら自宅に貴学院のDMが届き、短期の集中講座があって比較的安く土日の講義で通えるので申込みしました。
 貴学院の予想問題を解いた後に解説を先生がして下さるコースだったのですが、やはり申し込んで良かったです。強制的に通学する事で自分への縛りができるし、自己負担なので必死になって勉強しました。また生講義なので聞き逃さないように緊張感を保てるので、勉強する環境は最高でした。先生の講義もポイントを押さえていてとても分り易かったです。お陰様で首尾よく合格しました。会社もとても喜んでくれました。資格を取得してからは現場に出る事が多くなり忙しいですがとても充実した日々を送ることができています。

宇野康介さん(ウノコウスケ)〔九州建設専門学院No.102720〕
九栄会かわら版 平成26年8月号・・・No.1463 
取材:平成26.6.3(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
ユーキャンと比較
皆嶋弘己さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (56) 福岡県福岡市東区
皆嶋弘己さん

 会社から言われて、2級土木の資格を取得することとなりましたが、ネットでいろいろと探して最終的にユーキャンと比較しましたが、通信だけだと不安があり通学で解らないところを直接聞ける環境がいいと思い貴学院に決めました。
 いざ受講してみるとその場で問題を解決でき、何のしこりも残すことなく次に進めるのでよかったです。こうやって一つ一つ問題を解決していき、最後は本番の試験を受け首尾よく合格できました。あとはこれからの人生を有意義に進められるように、他の資格等を取得していきたいと思います。有難うございました。

皆嶋弘己さん(ミナシマヒロキ)〔九州建設専門学院No.355956〕
九栄会かわら版 平成26年8月号・・・No.1460 
取材:平成26.5.30(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
学校に行けば全て解決
匿名希望さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (44) 福岡県福岡市早良区
匿名希望さん

 独学で勉強することにあまり自信がないので、貴学院で学ぼうと思いました。やはり自分でやるとなると、どこから進めていいのか皆目見当がつかないところからのスタートとなりますが、貴学院だとこれしかやらなくていいという形で範囲が限られてくるので本当に助かりました。そうなると、そこをひたすら頭に叩き込むだけなので、反復学習のみで仕事と勉強の切り替えが出来、迷うことなく試験に臨むことが出来ました。
 結果は合格でした。時間を有効活用することで合格でき、理想的な形で資格を手にすることが出来ました。次はこの調子で1級を目指したいと思います。有難うございました。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.357394〕
九栄会かわら版 平成26年8月号・・・No.1459 
取材:平成26.5.26(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
講義内容が本試験でズバリ的中
柴戸健臣さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (40) 福岡県福岡市中央区
柴戸健臣さん

 会社で資格が必要になり取るように言われたのが、土木施工管理技士を受験するきっかけでした。土木に関してはほぼ素人なので、学校で勉強しないと合格できないと思いインターネットで検索したところ、貴学院の合格率が高かったので頼むことにしました。学科は合格しましたが、実地が不合格でした。準備不足だったこともありますが、かなりショックでした。独学では行き詰まり悩んでいたところ、実地対策の案内が届き再度貴学院に賭けることにしました。
 前年の反省を踏まえ、施工作文を早めに出し添削指導を受けました。作文を書くのには苦労しましたが、添削してもらったのを見てほぼ丸暗記しました。2日間の講習では、五郎丸先生がひとつひとつ噛み砕いて説明して下さるので非常に分り易く、私のような素人でも充分理解できました。また、頂いた資料もとても分り易く建設用語の意味がよくわかりました。佐賀の丸山先生が作られたという事でこの資料にもとても助けられました。
 試験では講義で言われたポイントがズバリ出て驚きました。作文も丸暗記したのを書いただけです。お陰様で今年首尾よく合格でき、会社も喜んでくれました。どの勉強もそうですが、決して安くない受講料を払って勉強するのだからやはり集中して取り組まないと時間とお金の無駄遣いです。学校はやはりプロの先生方が真剣に教えてくださるし、出る所はきちんと教えてくれていて、要は学ぶ側の姿勢如何だと痛感しました。学校に通う事で資格を取得できただけではなく多くの事を学べました。そういう意味でも良い経験になりました。
 いずれ1級を取得しようと思っていますが、今年は仕事に専念して会社に貢献していくつもりです。またその節はお世話になりたいと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。また沢山の合格者を輩出して下さい。最後に五郎丸先生、丸山先生、職員の皆様、本当にありがとうございました。

柴戸健臣さん(シバコタケオミ)〔九州建設専門学院No.28704〕
九栄会かわら版 平成26年7月号・・・No.1428 
取材:平成26.5.19(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
反復学習でようやくコツが掴めました
西尾弘幸さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (30) 福岡県福岡市東区
西尾弘幸さん

 自営で建設業をしている為、落ち着いて学校に通うような時間はまずありませんでした。貴学院で初めて受講したのは3年ほど前で通信のDVDで勉強しました。学科は合格しましたが実地で失敗し、その後仕事が忙しくなったりして今回はまた学科試験から受け直すという状況でした。資格を取らなければ仕事上差し支えがある事を再度自分に言い聞かせ、今度こそはという気持ちで取り組みました。専門学校で基礎知識はありましたが、何となくという感じで得点につなげるコツが分からず苦しみました。しかし模擬試験をきっかけに要領を得たというか、何か力を掴むことができ合格することが出来ました。初めての受験から6年かかりましたが、その過程での反復学習の成果だと考えます。途中で投げ出さず継続した努力があれば必ず事態を好転させられると思います。今年は1級を受験する予定ですので、勢いにのっているうちに合格を狙いたいです。先生の施工作文の添削指導には助けられました。ありがとうございました。

西尾弘幸さん(ニシオヒロユキ)〔九州建設専門学院No.300464〕
九栄会かわら版 平成26年6月号・・・No.1407 
取材:平成26.4.26(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
見事1回で合格できました
匿名希望さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (36) 福岡県福岡市中央区
匿名希望さん

 仕事上必要なので直接1級を受験する事にしました。受けるなら1回で合格したかったので貴学院に申込みました。
 学科は合格し、引き続き実地も受講しました。ただ、仕事で忙しく添削指導が受けられませんでした。講習には参加しましたが、2日目は参加できず残念でした。ほぼ独学に近い状態でしたが、学科からきちんと指導を受け試験直前にかなり根詰めて追い込みをかけた結果、合格する事ができました。何より合格したいという気持ちが大事ですね。
 今後は建築の資格を取ろうと思っています。今年願書が間に合わず来年になりましたが、必ず1回で合格しようと思っています。またお世話になるかもしれませんが、その時は宜しくお願いします。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.195108〕
九栄会かわら版 平成26年6月号・・・No.1399 
取材:平成26.4.21(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
1回で合格できて嬉しかったです
久保恵利さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 女 (41) 福岡県福岡市東区
久保恵利さん

 実家が土木関係の仕事をしている関係で、何か資格を取った方が良いと思い、いろいろインターネットで調べて、初めにお電話したのが貴学院でした。電話に出られた担当の方がとても親切で、実務経験に自信のない女性の私でもしっかり先生の言う通り勉強を頑張れば合格できますよと言ってもらえ、それなら頑張ってみたいと思って貴学院に入学することに決めました。40歳という人生の折り返し地点で何か自分に目標を持って取り組みたいという思いもありました。
 勉強は先生から紹介を受けたテキストを中心に、わからない言葉は一つ一つ調べて理解するように努めました。学科の試験前は不安でしたが、それを打ち消すように仕事から帰り、家事を終えて毎晩遅くまで勉強に取り組みました。おかげで自己採点で8割以上取ることができました。実地対策は作文を作るのに苦労したのですが、現場のベテランの方に聞いたりしながら作ったものを先生に添削指導してもらい、5パターンの施工体験記述を丸暗記しました。また、他の記述問題も10年間分の過去問題を全部自分で解けるまで繰り返し勉強しました。とにかく今年絶対合格したい、全力を尽くしてダメだったらその時また考えようと思って取り組みました。
 お陰様で、先生のおっしゃる通り1回で合格できました。合格証書が届いたときは涙が出るくらい嬉しかったです。貴学院の先生にはいつもわからないところをお電話でお聞きしたり励ましてもらったりして、本当にありがとうございました。会社が舗装関係もやっておりますので、落ち着いたら次は舗装の資格もお願いしたいと思います。

久保恵利さん(クボエリ)〔九州建設専門学院No.67366〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1378 
取材:平成26.2.26(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
やっとの合格で感無量
塩原達也さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (40) 福岡県福岡市南区
塩原達也さん

 仕事上、資格の必要性を感じ取得を目指そうと思ったのが6年前です。インターネットで調べて貴学院に申し込みました。
 学科試験は1回目で無事に合格しましたが、実地試験が駄目でした。翌年も実地のみの講習を受講して再チャレンジしましたが不合格でした。その後も独学で挑戦し続けましたが上手くいかず、昨年再々チャレンジと思い、貴学院の実地のみの講習に申し込みました。
 勉強は過去問を繰り返し解き、五郎丸先生から添削してもらった記述問題をひたすら覚えただけです。その他は特に何もしていませんが、今回は無事に合格する事が出来ました。やっとの合格で本当に嬉しく思っています。指導してくれた五郎丸先生には心から感謝しています。有り難うございました。
 今後はコンクリート技士などの資格も取れたらと思っています。また貴学院にお世話になる機会がありましたら、その時は宜しくお願い致します。

塩原達也さん(シオバラタツヤ)〔九州建設専門学院No.114566〕
九栄会かわら版 平成26年3月号・・・No.1328 
取材:平成26.1.30(佐竹)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
あきらめない
高地一成さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (33) 福岡県福岡市早良区
高地一成さん

 社命で取得することになり、よくハガキが届く貴学院にお世話になりました。
 私が受けた講義が学科集中講座で内容を絞った形になっており、本科とはまた違った形で、私の予想していた濃い内容とは少し違いちょっと物足りなかったですが、終講まで通いました。
 結果、合格まで時間はかかりましたが何とか学科を合格することができ、今は実地の合格発表待ちです。実地に関しては、独学なので多少の不安はありますが、やれるだけのことはやったので悔いはありません。あとは年が明けて運命の瞬間がくるのを気長に待ちたいと思います。有難うございました。

高地一成さん(タカチカズナリ)〔九州建設専門学院No.318991〕
九栄会かわら版 平成26年2月号・・・No.1283 
取材:平成25.11.22(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
いろいろな学校を見て比較検討した結果、貴学院に決めました
鈴木哲茂さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (43) 福岡県福岡市南区
鈴木哲茂さん

 仕事上、必要だったので取得しようと思いました。そして、いろいろな学校を見て検討した結果、資料が単純明快で分り易い貴学院にしました。
 通学で、講義の最中見逃した部分があっても後日、講義内容のDVDが送付されてくるので非常に助かりました。仕事との両立ですので尚更有難かったです。結果、合格することができ、今後はこの資格を十二分に活かして、いっそう会社に貢献できたらと思います。お世話になりました。

鈴木哲茂さん(スズキテツシ)〔九州建設専門学院No.30404〕
九栄会かわら版 平成26年1月号・・・No.1252 
取材:平成25.11.12(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
独学で何度も失敗貴学院で受講したら1回で合格
大西清仁さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (36) 福岡県福岡市南区
大西清仁さん

 会社が下水工事等、土木全般をやっているので立場的に取らないといけなくなり、受験しようと思いました。独学で毎年受験しましたが、なかなか合格出来ませんでした。独学では自分の性格上、勉強が長続きしないので今回は会社から学校で勉強するように言われて貴学院に入学しました。
 ちょうど仕事が忙しくて家ではほとんど勉強が出来ず、貴学院の講義だけで勉強しました。独学で何度も失敗しましたが、講座を受講したら1回で合格できました。特に実地の勉強では先生から作文の添削指導をしてもらい、大変お世話になりました。毎年、受験勉強をやっていたので、合格して勉強しなくていいようになったのがとても嬉しいです。有難うございました。

大西清仁さん(オオニシキヨヒト)〔九州建設専門学院No.304328〕
九栄会かわら版 平成25年12月号・・・No.1234 
取材:平成25.10.22(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
実戦模擬試験で自分の弱点が分かりました
桑村好朗さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (33) 福岡県福岡市早良区
桑村好朗さん

 貴学院には、2級土木の時からお世話になっています。2級に比べ1級土木の試験は、文章も長く分かりにくい感じがしましたが、学科の対策をしっかり勉強しましたので、大丈夫でした。無事、学科の試験に合格することが出来ました。学科の対策は講義をしっかり受けて、問題集も3回ぐらいは繰り返し勉強しました。
 特に良かったのは直前の実戦模擬試験で、自分の間違ったところは分かるまで繰り返し勉強しました。仕事も忙しい中でしたが効率よく勉強できました。次は実地試験合格目指して、しっかり対策を取りたいと思います。

桑村好朗さん(クワムラヨシアキ)〔九州建設専門学院No.291650〕
九栄会かわら版 平成25年11月号・・・No.1205 
取材:平成25.8.28(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
学校でもらった資料がとても役に立った
匿名希望さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (36) 福岡県福岡市中央区
匿名希望さん

 会社が土木の基礎工事を主体にやっているので、仕事上1級土木を取らないといけなくなったので受験しようと思いました。社長が貴学院でお世話になったので社長から勧められて入学しました。
 勉強は仕事をしながらなので大変でしたが貴学院の講義で先生からもらった資料が分り易くてとても役に立ちました。特に学科試験前は問題を中心にやったのも良かったと思います。これから、10月にある実地試験に向けて本腰入れてやって行きたいと思いますのでよろしくお願いします。この度は有難うございました。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.195108〕
九栄会かわら版 平成25年11月号・・・No.1203 
取材:平成25.9.17(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
八合目
桑村好明さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (32) 福岡県福岡市早良区
桑村好明さん

 自身で現場を持ちたいという憧れがあり、会社の社長の奥さんの勧めもあって2級土木の資格を目指しました。実地がなかなか合格できず、貴学院に入学しました。
 講義内容は分かり易く、何よりも実地作文の添削指導が何回もできたので非常に助かりました。お陰さまで合格した時は、感慨深いものがありました。ただ、2級は入口であり1級が本命なので、これをストレートで手にする為にも、またご指導を宜しくお願い致します。有難うございました。

桑村好明さん(クワムラヨシアキ)〔九州建設専門学院No.291650〕
九栄会かわら版 平成25年9月号・・・No.1128 
取材:平成25.4.7(髙山)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
生講義が決め手
柴戸健臣さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科) 男 (39) 福岡県福岡市城南区
柴戸健臣さん

 仕事で必要な為、資格を取る決意はしたものの実務経験が少なく、どのように勉強に取り組むのかさえ分からなかったので、インターネットで学校を探していた所、貴学院を見つけました。
 早速、問い合わせをしたら、担当してくれた徳田さんがとても丁寧に対応してくれ、更に案内も直接持ってきてくれました。通信講座も考えていたのですが、やはり生で講義を受けたいので、それも決め手となりました。
 授業も、先生が非常に分かり易く、出るところをまとめてくれたので、試験では手ごたえがありました。授業が終わった後も、先生に個人的に質問をして、丁寧に対応してくれた事も印象深いです。
 次の資格を取る際も、貴学院に行きたいと思います。

柴戸健臣さん(シバコタケオミ)〔九州建設専門学院No.28704〕
九栄会かわら版 平成25年9月号・・・No.1123 
取材:平成25.4.2(井上)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
施工作文の添削指導のお蔭
末次正行さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (57) 福岡県福岡市東区
末次正行さん

 会社が公園施設や体育施設の工事をやっているため、仕事の幅を広げる為と自己啓発の為に試験に挑戦する事にしました。独学で学科は合格したのですが、実地試験がなかなか合格出来ず、独学では限界だと思いました。そこで以前試験会場で案内をもらっていたのを思い出し、合格率がとても高かったので申し込むことにしました。
 特に記述問題の勉強は、目で見てもすぐに忘れてしまうので、文字にして何回も書いて忘れないようにしました。朝早く起きるのは全く苦ではなかったので仕事に行く前の1時間半から2時間を勉強時間に充てました。
 今回合格出来たのは、施工作文を直接先生から添削指導をして頂いたお蔭です。これが無かったら今回の合格はなかったと思います。
 今後、会社から1級土木や造園の要請があれば挑戦していきたいと思っています。この度は本当にお世話になりました。有難うございました。

末次正行さん(スエツギマサユキ)〔九州建設専門学院No.352157〕
九栄会かわら版 平成25年8月号・・・No.1098 
取材:平成25.3.12(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
2つの資格を連続して合格することが出来た
横山一代さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 女 (45) 福岡県福岡市博多区
横山一代さん

 私の勤務している会社は、主に建築工事を施工しているのですが、土木工事も施工する事があり、資格の必要性を感じたので受験を決意しました。
 昨年は2級管工事施工管理技士講座で貴学院にお世話になりました。貴学院のシステムが私には合っていて、見事1回で合格する事が出来たので、今回の2級土木も貴学院で勉強すれば合格できると思いました。
 貴学院の講義は、日曜日主体になっていて、生講義なので質問があればその場で先生に直接答えを頂けますし、自宅での学習の際も質問等はFAXや電話で対応して頂けます。とても心強かったです。また実地対策では経験記述で手間取っていましたが、添削指導で分り易くアドバイスして頂きました。
 勉強のコツは、学科も実地もとにかく過去問を繰り返し何度も解く事だと思います。学科試験では、内容が全く分らない(言葉自体知らない)問題が出題されると思いますが、それを全部飛ばしても知っている内容の問題が6割以上あるはずですから、過去問対策をしっかりやっていれば絶対に合格出来ると思います。実地試験の勉強はとにかく書くことです。他の受験もしてみて感じる事は、合格できる文章の書き方が必ずあるという事です。実際に施工方法や注意事項等が分っていても、文章に書くのは難しいと思います。私はそらんじるくらい、何度も何度も書きました。
 今回も無事に合格することが出来ましたので、合格証明書が交付され次第、勤務している会社では土木工事業の建設業許可を追加申請する予定です。会社に貢献することが出来、本当に嬉しく思っています。
 今のところ別の資格を取る予定はありませんが、資格取得に関わらず、色々な事に頑張っていきたいと思います。五郎丸先生はじめ貴学院の先生方、職員の皆様、本当に有難うございました。

横山一代さん(ヨコヤマカズヨ)〔九州建設専門学院No.338466〕
九栄会かわら版 平成25年8月号・・・No.1095 
取材:平成25.3.5(佐竹)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
何気ない一言に光明あり
才田洋介さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (42) 福岡県福岡市城南区
才田洋介さん

 掘削工事の現場で職人と話をしている中で、「地下20mの部分を拡張したいが、危険が伴う仕事であり、機械で出来れば・・」とボソッといわれ、一度自分の目で確かめたいと思い、地下に入った事があります。その時に感じた事は、施主から現場の職人まで様々な人が1つの工事にかかわっていますが現場に近くなるにつれて、厳しく危険が伴うということでした。
 もともとは畑違いの分野で働いておりましたが、会社に入社して今まで多くの方々に支えられてきたこと、この業界に世話になったことで何か足跡を残したいと思い、これは何とかしなければとの思いが強まりました。そして、この工事になると営業する上で、また打ち合わせをする上で、1級の方たちと仕事を進めていく事も多くなるだろうと思い、資格を取得しようと決めました。
 そして以前に宅建でお世話になっていたということもあり、貴学院に通学しました。資格取得の動機が上記の理由だったので、とにかく早く取得したいと、その一心でした。お蔭さまでストレートで合格する事が出来、感謝しております。
 合格後、GSB工法(財団法人 日本建築センター認定取得)で数々の現場の役に立つ事が出来、冒頭に記した職人の思いを機械で担う事が出来た事、何よりも自分の思いを形にできた事が社会貢献できている事に誇りと喜びを感じました。
 今現在は、必要とされる仕事「地下という見えないが故に求められる信頼性」を1つ1つ着実に遂行して、見えない信用を積み重ねていく事で地に足のついた経営を続けていきたいと思います。

才田洋介さん(サイタヨウスケ)〔九州建設専門学院No.145861〕
九栄会かわら版 平成25年6月号・・・No.1045 
取材:平成24.11.29(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込