1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。

461~480件表示(全785件掲載中)
先生の添削チェックで問題点を見つけた
立野篤史さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (34) 熊本県玉名市
立野篤史さん

 建設関係の仕事をしているので、会社から資格を取るように言われて勉強を始めました。1年目には独学で学科試験に合格しましたが、実地試験は駄目でした。どこが悪かったのか分からずにいましたので、これでは合格できないと思っていたところ、貴学院から案内が届きました。問題点を見つけるために実地対策の講座に申し込みしました。
 特に施工作文の添削指導は試験の直前でしたが、丁寧に何度も添削していただいて助かりました。自分では書けているつもりの文章も先生にチェックしてもらうことによって問題点を見つけることができました。
 実は仕事に関連のある1級管工事施工管理技士を2回申し込みだけして、忙しくて受験していません。現在は部署が変わって直接現場に従事することもなくなったのですが、いずれ取得できたらと思っています。

立野篤史さん(リュウノアツシ)〔九州建設専門学院No.295595〕
九栄会かわら版 平成25年3月号・・・No.950 
取材:平成24.8.9(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
先生に繰り返し添削指導をしてもらった
森 義友さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (29) 宮崎県延岡市
森 義友さん

 家が建設業を営んでいるので資格は必要でした。貴学院には実地試験の対策でお世話になりましたが、何回も施工作文を見てもらいました。やはり、実地の試験は現場経験がないと難しいと思います。特に現場経験を元に書く施工作文の良し悪しが、試験の合否を決めるといっても過言ではないと思います。自分の場合は現場の体験を活かしていろいろな作文を作り、先生に繰り返し添削指導をしてもらい、言葉の使い方などを修正してもらいました。
 いずれは家業を継いで行かなければならないと思いますので、1級も取りたいと思います。その時にはまたお世話になるつもりです。どうぞ宜しくお願いいたします。

森 義友さん(モリヨシトモ)〔九州建設専門学院No.239097〕
九栄会かわら版 平成25年3月号・・・No.943 
取材:平成24.8.6(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
試験合格が自信に繋がった
肘井 剛さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (29) 福岡県飯塚市
肘井 剛さん

 国家資格の受験勉強は全く無縁だと思っていた私が、土木の勉強をすることになったのは、勤めていた会社から今後必要になるので今のうちに取得して欲しいと言われたからです。
  会社が貴学院の直前講座に申し込んでくれたものの、今まで勉強から遠ざかったいたので大変でした。先生に質問したり、知り合いに聞いたりとバタバタしながらも無事に合格までたどり着くことができました。とにかく問題に慣れるまで繰り返ししていくことが大事です。
  現在は転職して営業をしているため土木の資格の出番はないですが、持っていて損をすることはないし、試験に合格したことで「やればできる」という自信が付いたので良かったと思っています。

肘井 剛さん(ヒジイツヨシ)〔九州建設専門学院No.317727〕
九栄会かわら版 平成25年2月号・・・No.922 
取材:平成24.8.7(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
同業者から勧められて入学
廣永洋美さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科) 男 (39) 福岡県筑紫郡那珂川町 
廣永洋美さん

 建設業の会社に勤めて15年になります。仕事上必要で、2級土木施工管理技士を取得しようと思いました。学校を探していたら同業者の方から「勉強するなら九州建設専門学院が良いよ。」と勧められたので、貴校に申込みしました。
  毎週日曜日に学校に通うので、休みが潰れてきつかったです。でも、せっかくの生講義なので、頑張って休まず通いました。教室には私と同じ目的を持って、勉強する方がたくさんおられたので、それも励みになりました。その甲斐があってか見事合格できました.。
  実地は残念ながら合格できませんでした。しかし、会社から2級建設機械施工技士を取るように言われ試験を受けたら一発で合格できました。貴校での土木の勉強がかなり役に立ち、受講して本当に良かったと思いました。思わぬ形で他の資格も取得できたので良かったです。ありがとうございました。

廣永洋美さん(ヒロナガヒロミ)〔九州建設専門学院No.327503〕
九栄会かわら版 平成25年1月号・・・No.893 
取材:平成24.8.6(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
ポイントを押さえた直前講座が良かった
中尾隆吉さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (32) 山口県宇部市  
中尾隆吉さん

 会社で請負った仕事で土木の資格が必要なことがよくあり、資格取得を目指すきっかけとなりました。推進工事技士は皆持っているのですが、土木の資格取得者が少なく、会社の指示で私が受験することになりました。貴校の講座も会社が手配してくれました。今回受講した学科の直前講座は、短期間での問題中心の内容でしたが無事に1回で合格しました。先生が講義の中で話す解答のポイントをよく聞いてノートにまとめるただけで、他に特別な勉強はしていません。実地試験ですが、実は会社が地元の講習会に申し込んでいて、そちらで受講しましたが、的外れな内容で不合格となり、それっきりです。
今は後輩たちが土木を取得しているので会社としては大丈夫ですが、また機会があれが挑戦しようと思います。

中尾隆吉さん(ナカオタカヨシ)〔九州建設専門学院No.333586〕
九栄会かわら版 平成25年1月号・・・No.891 
取材:平成24.7.29(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
通学してよかった
井原裕二さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (27) 福岡県福岡市西区
井原裕二さん

 仕事が土木工事業のため仕事上必要なことは確かですが、資格を取ろうと思ったのは既に2級土木施工管理技士を持っていて、むしろ自分自身が1級まで取りたいと強く思っていたことが一番の動機です。学校を選ぶにあたって、2級の試験を受けた時にたまたま貴学院からもらっていたチラシを見て、申し込みを決めました。
通信ではなかなかモチベーションが上がらないので、通学した方がいいと思いました。学校に行けば直接色々要点とかを教えてもらえるし、事実、講師の説明も解りやすく、どんどん理解することができました。施工作文も添削のお蔭で文章の流れのようなものがわかっていたので、本試験でちょっと問題をひねられても対応できました。今のところ他の資格は考えてはいませんが、何か必要になった時は挑戦したいと思います。

井原裕二さん(イハラユウジ)〔九州建設専門学院No.273009〕
九栄会かわら版 平成24年12月号・・・No.875 
取材:平成24.7.31(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
わかりやすい教材
植田 賢さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (38) 山口県美祢市
植田 賢さん

 資格を取ろうと思ったのは、以前勤めていた建設コンサルタントの会社の社長から、丁度会社を建設会社へ転職した時に、この資格を取りなさいと勧められていて、貴学院を紹介していただきました。多分DMか何かが会社へ届いていたのではないかと思います。
申し込み後、CDとテキストが送られてきて学習をスタートさせましたが、テキストに書いてある内容が解りやすく、先生も解説を交えながら説明されていたのでCDを聞いていて無理なく進めることができました。
  実地試験は丁度出題傾向が変わり始めた時で、今までの工程管理とか安全管理とか漠然としたテーマから、更に細かくテーマを絞って出されるようになりました。幸い、その時は多少現場の経験はあったので、自分が直面した問題をイメージしながら対応できました。
  担当する工事は大きなものが多く、年間で3回~4回の現場しかできませんが、これからも充分にこの資格を活かしていきたいと思います。

植田 賢さん(ウエダサトシ)〔山口県美祢市No.314847〕
九栄会かわら版 平成24年12月号・・・No.873 
取材:平成24.7.31(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
スクーリングでポイントを理解
大島幸雄さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (49) 長崎県諫早市
大島幸雄さん

 ガス管関係の仕事をしており、直接仕事に関係があるというわけではありませんが、何か役に立てばという考えで受験することにしました。貴学院は広告か何かで見て良さそうだなと思い入学しました。遠方で通うことができないので通信のカセットテープで勉強しました。
  学科試験はあらかじめ勉強していたのである程度理解できたし、先生の講義展開もわかりやすく、良かったと思います。何回か直接福岡まで行って、通学生と一緒に授業も受けさせていただきました。
次回は給水装置工事主任技術者の資格を考えていて、今はそれに向けて準備中です。

大島幸雄さん(オオシマユキオ)〔九州建設専門学院No.278342〕
九栄会かわら版 平成24年12月号・・・No.871 
取材:平成24.7.31(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
最後は問題中心で総仕上げ
匿名希望さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (38) 福岡県飯塚市 
匿名希望さん

 会社が建築と土木の建設業をしている関係上、2級土木施工管理技士の資格を取ろうと思い、試験に挑みました。何度か受験しましたがなかなか合格できないので、貴学院の直前の答案練習会に申し込みました。
  問題を解いて、ポイントを解説するコースでしたが、聞いていてどこが重要なポイントなのかがよく解り、役に立ちました。合格するためには、やはり問題を繰り返し解いて覚えることが最も効果的です。これから受験される方は、テキストを一通りした後、必ず問題を解くようにして下さい。それが合格への鍵だと思います。
  お蔭様で無事合格することができ、講師の先生やスタッフの皆さん、ありがとうございました。今のところ、1級へ進む予定はありませんが、将来目指す時にはどうぞよろしくお願いします。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.333748〕
九栄会かわら版 平成24年12月号・・・No.861 
取材:平成24.7.29(原田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
わかるまでじっくりと勉強
大橋一裕さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科) 男 (30) 福岡県柳川市
大橋一裕さん

2級土木施工管理技士の資格は、土木の仕事をしているので取得しました。実家が建設関係の会社だったので、貴学院の受講案内が届き、それを見て入学しました。
  勉強方法はしっかり授業の内容を理解するまで復習し、学科試験は1回で合格できました。次に実地試験の対策に力を入れました。実地試験は何度か受けたことがあるほど難しい試験ですが、私は書き易いコンクリート工事などの経験を基に、変に難しいことは書かないように気をつけました。
  これからは全く関わったことのない資格にも挑戦したいと思い、機会があれば宅地建物取引主任者や行政書士の勉強を貴学院でお世話になりたいと思っています。その時は宜しくお願いします。

大橋一裕さん(オオハシカズヒロ)〔九州建設専門学院No.323194〕
九栄会かわら版 平成24年12月号・・・No.857 
取材:平成24.7.28(髙山)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
講習を受けた所の復習をしっかりと
井上堅太さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科) 男 (27) 福岡県北九州市小倉南区
井上堅太さん

 2級土木施工管理技士の資格を取ろうと思ったのは、仕事が建設業なので業務上必要な資格だったからです。
  勉強方法は、貴学院の講習を受けた所の復習を欠かさずしたことです。その頃仕事が忙しく試験の1週間くらい前から本格的な勉強を始めました。寝る前の1~2時間程度必ずして試験に備えました。
  現在も別の資格取得に向けて、貴学院で受講しています。こちらも合格に向けて頑張ります。

井上堅太さん(イノウエケンタ)〔九州建設専門学院No.297513〕
九栄会かわら版 平成24年12月号・・・No.851 
取材:平成24.7.27(本田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
施工作文の添削が良かった
藤本裕治さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科) 男 (46) 福岡県大牟田市
藤本裕治さん

 土木施工管理技士を取ろうと思ったのは、仕事上必要だったからです。貴学院に入学した経緯は、会社が試験を受ける私のために申し込んでくれたことです。
学習ポイントは講義を一通り受けて、直前には過去問を中心に練習したことです。また、実地対策では施工作文を丁寧に添削してもらって本当に助かりました。本試験にとても役に立ちました。
2級を合格したことによって会社の経営審査のポイントが上がり、会社にも貢献ができたと思います。

藤本裕治さん(フジモトユウジ)〔九州建設専門学院No.327421〕
九栄会かわら版 平成24年11月号・・・No.848 
取材:平成24.7.19(黄)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
作文の添削がとても良かったです
西村信彦さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (38) 長崎県壱岐市
西村信彦さん

 土木施工管理技士は仕事上必要なため、勉強をしようと思いました。貴学院への入学は会社が代わりに決めてくれました。
  実地試験の施工作文はまず自分で書いて、先生に何度も添削してもらいました。添削してもらったことで文章の書き方がわかり、とても役に立ちました。本試験では先生が教えてくれた内容に似た問題が出てスラスラ解くことが出来ました。
合格したことによって会社の経審のポイントが上がったので、少し貢献が出来たのかなと思っています。

西村信彦さん(ニシムラノブヒコ)〔九州建設専門学院No.335167〕
九栄会かわら版 平成24年11月号・・・No.842 
取材:平成24.7.7(黄)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
学科よりも実地試験に力を入れた
大園伸也さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (45) 熊本県荒尾市
大園伸也さん

 土木施工管理技士の資格は、仕事柄必要となり受験しました。学校を卒業してからずっと今の会社に勤めていて試験勉強ということから疎遠になっていたため、会社から紹介してもらい同僚2人と熊本から貴学院に通いました。
  学科試験は無事一度で簡単に合格することが出来ました。以前に実地試験で失敗した経験があり、学科試験よりも実地試験の記述問題が特に難しいことがわかっていたので記述問題には過去問題を何回も解いて応用力を付けることに力を入れました。
  講師の先生は取引先の知っている方で、親しみやすかったです。この資格を取得することができたので、いずれは他の資格にもチャレンジしたいと思います。貴学院の皆さん、ありがとうございました。

大園伸也さん(オオゾノノブヤ)〔九州建設専門学院No.327420〕
九栄会かわら版 平成24年11月号・・・No.836 
取材:平成24.6.27(髙山)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
努力の後に必ず結果はついてくる
喜多功次郎さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (41) 長崎県佐世保市
喜多功次郎さん

 試験会場で貴学院のビラをもらったのが、入学のきっかけです。仕事上必要なこともあり、実地試験は特に全体的に合格率が低いので何とかして合格したいという思いでした。
  自宅から遠かったため通学は大変でしたが、生講義は活気があって通った甲斐はありました。作文は何度も書いて、その都度先生が細かい所まで見て添削してもらえたので、とても安心できました。市販のマニュアルでは合格は到底無理でした。
  よく「遠いから」「高いから」という理由で独学をする人がいますが言い訳だと思います。やはり合格と言う栄冠を掴むにはそれ相当の努力と覚悟が必要です。私は今回の試験を通じてそう確信しました。
  お蔭様で見事合格でき、独立もして充実した日々を過ごせています。皆さんも是非合格の栄冠を掴める日まで諦めないで下さい。努力の後には必ず結果がついてきますから。

喜多功次郎さん(キタコウジロウ)〔九州建設専門学院No.22076〕
九栄会かわら版 平成24年11月号・・・No.829 
取材:平成24.6.9(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
与えられた教材で勉強しただけです
佐々木洋一さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (34) 福岡県福岡市南区
佐々木洋一さん

 設計会社に勤務して6年になります。1級土木は仕事上必要ではないのですが、会社から何か1つ資格を持っていた方がいいと言われ、会社の点数になるものをと考え、この資格に挑戦しました。
  学科試験は1回で合格したものの、実地試験が不合格で悩んでいた折に、試験会場でアンケートを記入した貴学院より丁度案内が届き合格率の高さを見て申し込みしました。
  講習には1回だけ参加しましたが、あとはDVDで勉強し、作文も添削していただいたのを基に暗記しただけでした。とくに頑張ったわけではないですが、無事合格できたので良かったです。
  今度は更に上の資格取得を目指して技術士、いずれはRCCMに挑戦しようかと思っています。

佐々木洋一さん(ササキヨウイチ)〔九州建設専門学院No.334585〕
九栄会かわら版 平成24年11月号・・・No.828 
取材:平成24.6.9(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
過去問の繰り返し
匿名希望さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (47) 熊本県宇土市
匿名希望さん

私がこの資格を取ろうと思ったのは、会社で有利になると考えたからです。持っていて当たり前の世界であり、仕事をする上で資格を持っていても損はないと思いました。貴学院は以前試験会場でもらったチラシで知りました。入学しようと思ったのも、そのチラシを見たからでした。
  合格のポイントは、通信コースだったので送られてきたCDを聞いて、耳で覚え、仕事の合間や夜自宅に帰ってから過去問題を繰り返ししたことです。
  自分が就いた仕事をやるからには、せっかくの与えられた機会を思いっきり頑張らないと損だと思います。そのため私は次の資格を取るために引き続き頑張ろうと思います。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.208611〕
九栄会かわら版 平成24年11月号・・・No.826 
取材:平成24.5.30(本田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
良い講師に恵まれて学科試験に合格
山崎幸子さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 女 (33) 福岡県古賀市
山崎幸子さん

私の夫が建設会社を経営しており、夫の手伝いで工事金額の見積りから工事現場へのダンプカーによる運搬業務まで任されていました。元々理数系が強く建設関係の業務も難なくこなせていましたので、次は1級土木の資格も取ってみようと思い立ちました。その矢先に貴学院から講習の案内があり、講師の教え方が上手なので是非受講してみてくださいと勧められたので、入学しました。確かに担当講師の教え方は上手でわかり易く、毎回の講義の内容が良く理解でき勉強もはかどりました。
 お蔭様で学科試験に無事合格することができました。これも貴学院のお蔭だと感謝しております。次は実地試験に合格して1級土木施工管理技士になる事を願っています。

山崎幸子さん(ヤマサキサチコ)〔九州建設専門学院No.291285〕
九栄会かわら版 平成24年11月号・・・No.825 
取材:平成24.6.3(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
DVDを見て効果的な勉強
澤山作志さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (35) 岐阜県高山市
澤山作志さん

 1級土木に挑戦しようと思ったのは、会社から取るように言われたからです。そのため学校も会社がいろいろ探してくれて、DVDの通信コースで勉強できる貴学院に申し込みしてくれました。
 勉強は仕事が忙しい時が一番大変でした。しかし独学と違って送られてくるDVDで、先生がわかりやすく試験のポイントを教えてくれたので、学科試験の勉強を効率良くできました。
 いろいろと細かなご指導ありがとうございました。現在は転職して建設関係の中でも少し違う分野なので、仕事に慣れてきたらまた仕事関連の資格に挑戦したいと思っています。

澤山作志さん(サワヤマサクシ)〔九州建設専門学院No.173664〕
九栄会かわら版 平成24年10月号・・・No.818 
取材:平成24.5.25(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
難解な作文を攻略することで実地試験に合格
山口尚利さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (29) 鹿児島県志布志市
山口尚利さん

 以前の施工作文は計画・安全・品質・工程の4つの管理項目について基本的な問題が出題されていたので、比較的簡単でした。しかし最近の出題は8つものテーマに出題範囲が広がった上に捻った問題になっているので、予め用意してきた作文では通用できないと思いました。そのため出題の意図に沿った形に書き直さなければなりません。このまま独学では難しいと思い、貴学院の実地対策を受講することにしました。
 私の専門は道路工事でしたので、特に品質管理や安全管理の面で書き易い舗装工事を選んで作文を書いて添削指導をしてもらいました。
 本試験では私の狙いが的中し、用意していた作文を設問の趣旨に合うようにして自在に書き直すことができました。他の選択問題についても現場経験の裏付けがあったのと、実地対策で教わった土木やコンクリート等の模範解答を繰り返し復習したお蔭で、スムーズに書くことができました。
 念願の1級土木施工管理技士に合格することができました。先生や教務スタッフの皆さんありがとうございました。

山口尚利さん(ヤマグチヒサトシ)〔九州建設専門学院No.319101〕
九栄会かわら版 平成24年10月号・・・No.809 
取材:平成24.5.10(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込