1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。

541~560件表示(全785件掲載中)
毎回教材が届いて大変助かった
須川英之さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (35) 長崎県対馬市
須川英之さん

 我が社が特定建設業の許可を取るためにはどうしても1級土木施工管理技士が必要なため、思いきって受験することにしました。パンフレットで貴学院を知り申し込みましたが、親切なご指導により、無事合格することが出来ました。
 なにせ当地方は離島の為に、毎回受講することが出来ず不安でしたが、テープと資料を毎回送ってもらい大変助かりました。学校にも2回直接行って受講しましたが、特に先生推薦の問題集が、私の場合、合格に導いてくれたようです。
 62年度は下水道、管工事、コンクリート技士等受験するつもりです。また機会があれば貴学院にお世話になろうと思います。その時は今年同様よろしくお願いします。長い間ありがとうございました。貴学院の御発展をお祈り申し上げます。

須川英之さん(スガワヒデユキ)〔九州建設専門学院No.2031160〕
九栄会かわら版 平成23年8月号・・・No.400 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
国鉄民営化後を考えて資格を取得
杉本 敞さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (48) 福岡県福岡市東区
杉本 敞さん

 私は国鉄に勤務しております。国鉄では新幹線建設その他改良工事、新設工事と経験しましたが、現在国鉄は分割民営化されようとしています。民営化後どこに就職するかわかりませんが、資格を持っていることが有利と考え取得しようと思いました。
 しかし勉強するにしても勤務を終えての独学では、勉強方法や内容、その他受験に必要な事柄を把握することが出来ません。貴学院に入学する事によって、確実に勉強できると考え希望しました。
 練習問題の繰り返しと先生方の指導には感謝しています。ただ標準指示書の内容を忘れていることを痛感しました。過去のデータ等、後輩に譲っていますので思い出すのに苦労しました。講習会の時間がもう少し多ければと思いました。
 12回の講習会、大変楽しく勉強させて戴きました。今後機会があれば諸々の関係資格の講座に参加したいと思っています。

杉本 敞さん(スギモトタカシ)〔九州建設専門学院No.2033040〕
九栄会かわら版 平成23年8月号・・・No.399 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
会社の体質強化に資格は必要
松尾 徳さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 女 (62) 福岡県福岡市城南区
松尾 徳さん

 公共工事を受注するときは当然技術者の質と数が要求される時代が来ており、今後、土木工事等で会社の体質の強化を図るためにはどうしても優秀な技術者が必要です。そこで、特定建設業の許可を取得するために、今回、1級土木施工管理技士を取ろうと思いました。
 建設業界も生存競争が激化しており、これから会社が耐え抜いていくために、この度の講座を基礎として、ますます勉強して今後の仕事に役立てたいと思います。今回受講して非常に良かったです。

松尾 徳さん(マツオメグム)〔九州建設専門学院No.2028530〕
九栄会かわら版 平成23年8月号・・・No.398 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
会社に必要な人間になるために資格を志した
内海久男さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (35) 山口県下関市
内海久男さん

 1級土木施工管理技士を取ろうと思ったのは、会社内で1級を持った者がいなかった為、また給料が安いから社長に給料を上げてもらう為に、つまり会社にとって必要な人間になる為でした。そして将来自分で土建業を始めるための布石でもありました。そんなことを考えているとき、たまたま学院のダイレクトメールが会社に届き、電話で問い合わせをした時に、大嶋さんが熱心に勧めてくれたので入学する気になりました。
 講習期間中は先生の話を良く聞き、とにかく暇があったら教科書に目を通しました。
 今後の抱負としてまずは測量士補を取りたいと思います。その後も他の資格取得を目指して講習を受けて行きたいと思います。
 今回は1級土木施工管理技士の合格に導いてくださり、ありがとうございました。講師の先生にもくれぐれも感謝の旨をお伝え下さい。本当にありがとうございました。

内海久男さん(ウチウミヒサオ)〔九州建設専門学院No.2031540〕
九栄会かわら版 平成23年8月号・・・No.396 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
大きい仕事をするために資格取得を決意
橋村富男さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (39) 福岡県八女郡広川町
橋村富男さん

 当社は建築工事を主体に小さい土木工事をやっていますが、これからは大きい土木工事も少しずつしていきたいと思っていました。
 学院に入学した理由は電話で講座案内を受け、私も取得して今後の仕事に活かしたいと思ったからです。
 私は試験となると、手が震えて、字が書けなくなり、頭がボーッとなり考えることさえ出来ない状態になるほどの上がり症です。今度の実地試験もそうでしたが、何とか乗り切ることが出来ました。
 今後の抱負としては、建築施工管理技士、宅地建物取引主任者、下水道技術検定、1級建築士等の資格を取りたいと思っております。

橋村富男さん(ハシムラトミオ)〔九州建設専門学院No.2016690〕
九栄会かわら版 平成23年8月号・・・No.395 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
問題と解答を切り離して勉強した
篠崎雅敏さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (39) 福岡県筑紫郡那珂川町
篠崎雅敏さん

 私は、公共工事を主にした仕事に従事しております。最近急に1級土木施工管理技士の必要性を耳にし、九州建設専門学院の講義を受講しました。
 勉強は講義はもちろんの事ですが、学院からいただいた過去の問題集を十分行い、各問題の意味を十分理解するように勉めました。そのために、問題と解答を切り離して、テキストと問題を両手に勉強しました。
 今後もチャンスがあれば他の資格試験に挑戦したいと思います。

篠崎雅敏さん(シノザキマサトシ)〔九州不動産専門学院No.2062440〕
九栄会かわら版 平成23年7月号・・・No.392 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
熱心にやれば年齢は関係ない
大森俊明さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (55) 熊本県上益城郡嘉島町
大森俊明さん

 建設業法の一部改正があり資格を取ろうと思っていました。しかし、ここ2~3年は工事も継続してあり、受験する余裕さえない状態でしたが、今年は5月から8月頃までは時間が作れそうだったので、チャンスと思い受験することにし、貴学院に入学しました。
 先生方の講義を聞きながら要点は線を引き、家に帰ってからは問題集の中から問題を書き抜き、解答をしました。誤りがあれば訂正して、繰り返し問題を解きました。
 私の試験目標ではA問題を25点以上、B問題を15点以上においてやりました。
 熱心にやれば年齢の差など関係ないと思います。

大森俊明さん(オオモリトシアキ)〔九州建設専門学院No.2063430〕
九栄会かわら版 平成23年7月号・・・No.391 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
官公庁の仕事をする上で資格は必須
能本一照さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (43) 福岡県福岡市城南区
能本一照さん

 通信関係の仕事に従事しているが、鉄塔の基礎工事などで土木施工管理技士の資格が職務上、必要となりました。学院に入学したのは、独学で勉強しても無理だと判断したためで、同僚が貴校で合格していたからです。勉強は施工管理に重点を置いて、ネットワークや管理図等を完全に納得するまでやりました。実地試験も合格できるようしっかり勉強していきます。

能本一照さん(ノモトカズテル)〔九州建設専門学院No.2069990〕
九栄会かわら版 平成23年7月号・・・No.390 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
現場監督で資格は絶対必要だ
河原雄三さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (47) 佐賀県鳥栖市
河原雄三さん

 受験の動機は、建設会社の土木職で、現場監理技術職の立場上絶対必要となったからです。
 40歳過ぎれば勉強する気はあってもその気になれず、若い人のように記憶力もなくなると思い九州建設専門学院に申し込みました。
 勉強は先生方のいわれた要点を繰り返し復習して覚えるようにすると共に学院の問題集を繰り返し解きました。
 まだ、実地試験が残っているので不安ですが、学院での勉強が無駄にならないよう頑張りたいと思います。

河原雄三さん(カワハラユウゾウ)〔九州建設専門学院No.2064650〕
九栄会かわら版 平成23年7月号・・・No.389 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
1年でも早く資格を取得するために入学を決意
上畠 久さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (60) 福岡県京都郡みやこ町
上畠 久さん

 私は工事の関係上よく土木事務所及び農林事務所等に出向くことが多く、その時職員の方とお話をする機会があり、これからは公共工事に関しては施工管理技士などの資格重視の時代になるということを聞いていました。それ故、1年でも早く資格を取得するために貴学院への入学を決めたのです。
 勉強方法としては施工管理のテキストに重点をおいて、前年度の出題傾向を想定して、自己採点をしながら問題を何度も繰り返し学習しました。
 資格取得後は授業で教わった事を、現場に於いて出来うる限り活用したいと思っております。

上畠 久さん(ウエハタヒサシ)〔九州建設専門学院No.66707〕
九栄会かわら版 平成23年7月号・・・No.382 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
『一発で合格させます』にかけた
池田専造さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (54) 兵庫県神戸市兵庫区
池田専造さん

 三菱重工にて鉄工製品(橋梁他)の営業に従事しておりましたが、子会社の工事会社に出向となり、現地工事が身近なものとなり、もともとは事務屋ですが、資格を取ることが会社のためにも自分のためにも大いに意義があると思い資格取得を考えました。1級はとても不可能と思っていましたが、貴学院より「1発で合格させます」との案内を受け、かけてみる気になり受講しました。
 学科試験は合否半々の気持ちで、実地試験も自信がありませんでしたが、両方とも合格でき本当にありがとうございました。
 良い勉強の場を頂戴したと思います。この気持ちを今後に活用したいと思います。

池田専造さん(イケダセンゾウ)〔九州建設専門学院No.78074〕
九栄会かわら版 平成23年7月号・・・No.379 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
問題に慣れるのが一番
佐藤圭一さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (36) 福岡県筑紫郡那珂川町
佐藤圭一さん

 今回、私が学院の講座を受講したのは、上司から「今までどおりのやり方ではダメだ。スタイルを変えてみては・・・」とアドバイスをもらったからです。これまでのやり方では、勉強方法が不明確で、とても仕事の後に自分の時間など作れませんでした。学院で勉強をはじめて思うのは、学習のスタイルをつくり、問題をこなして問題慣れしていくことが大事だということです。今後は問題慣れしている間にコンクリート主任技士など同一系統の資格も取りたいと思います。

佐藤圭一さん(サトウケイイチ)〔九州建設専門学院No.134734〕
九栄会かわら版 平成23年7月号・・・No.378 
取材:平成22.10.4(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
集合研修を受けてうまくいきました
田中知幸さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (43) 熊本県熊本市
田中知幸さん

 動機につきましては会社の指示で指定の会議場にて集合研修を受講しました。それが九州建設専門学院の研修会でした。学習のポイントは月並みですが、テキストの予習復習と模擬テストを中心に学習をしました。次は2次試験を突破しないといけませんので頑張ります。

田中知幸さん(タナカトモユキ)〔九州建設専門学院No.2075170〕
九栄会かわら版 平成23年6月号・・・No.340 
取材:平成22.9.30(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
次の実地試験も頑張ります
門垣卓夫さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (43) 熊本県熊本市
門垣卓夫さん

 建設業の従事していますので、会社及び自分の為にも国家資格を取得しようと思いました。入学の理由は会社の指示により、九州建設専門学院の集合研修を受講しました。合格のポイントは講習をよく聞いた事と復習を要点を絞って学習した事だと思います。
 次の実地試験も頑張ります。

門垣卓夫さん(カドガキタカオ)〔九州建設専門学院No.2075220〕
九栄会かわら版 平成23年6月号・・・No.339 
取材:平成22.9.30(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
自分自身へのチャレンジ
山口一夫さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (47) 長崎県佐世保市
山口一夫さん

 建設関係の仕事をしていますので1級土木の資格の重要性はよくわかっているつもりです。ですが、今回の受験に関しては、自分自身へのチャレンジと位置付けています。
 今までは資格試験はずっと独学でやって取得して来ました。しかし年齢のせいでしょうか、不得意な分野については、やはり学校の先生の話を聞こうと思い入学した次第です。
 勉強は基本的に独学のペースがありましたが、不得意な所を集中してやることで点数アップが出来たと思っています。
 お陰様で通信教育でありましたが無事に合格することが出来ました。今後の事については色々と頭を巡らせております。ひとつひとつ達成していきたいですね。

山口一夫さん(ヤマグチカズオ)〔九州建設専門学院No.102582〕
九栄会かわら版 平成23年5月号・・・No.334 
取材:平成22.9.30(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
通信でも合格できました
中村賢司さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (32) 福岡県大牟田市
中村賢司さん

 仕事の関係上、この資格の必要性を感じて受験することを決意しました。通信コースでの受講でしたが、順次に資料が届けられて気持ちを切らすことなく出来ました。
 講義については実地試験の対策が良かったと思います。経験記述の添削は具体的な書き方がわからないことが多いものです。ここまで明確ですと、勉強するポイントがはっきりして落ち着いて取り組むことが出来ました。
 合格できたことを喜んでいます。ありがとうございました。

中村賢司さん(ナカムラケンジ)〔九州建設専門学院No.138001〕
九栄会かわら版 平成23年5月号・・・No.333 
取材:平成22.9.30(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
同じ目的を持つ仲間が刺激に
入口 篤さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (34) 福岡県福岡市中央区
入口 篤さん

 勤めている会社の職種が土木建設業の為、必要に迫られているところ、貴学院を新聞広告で知りました。この資格は以前にもチャレンジしたことがありましたが不合格でした。原因は自分なりに分析するに集中力を発揮できなかったと思っています。
 今回講義の席に座ることで無理にでも集中できる環境を作ろうと入学を決意しました。
 入学後、私と同じ目的に向かっている人を見ていると自然と学習意欲が湧いてくるから不思議なものですね。気持ちがそういう方向へ向いてる時には講師の指導がすんなりと入ってきます。結果、合格通知を受け取る事が出来ました。大変有り難く思っています。
 今後のことですが、まずは実地試験に合格したいです。また、その先では宅建や土地家屋調査士にもチャレンジしていきます。今後ともよろしくご指導の程、お願い申し上げます。

入口 篤さん(イリグチアツシ)〔九州建設専門学院No.2042270〕
九栄会かわら版 平成23年5月号・・・No.332 
取材:平成22.9.30(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
充実の早朝ひとり勉強会
樋口啓次さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (54) 福岡県朝倉市
樋口啓次さん

 ある日、取引先の従業員が貴学院の講座のパンフレットを見せて「一緒に受講しませんか?」と問い掛けてきたのが資格を取得するキッカケでした。
 さて受講する以上は全ての講義に出席するつもりでしたが、そこは仕事を持つ身、いつも都合よくとは限りません。それでも欠席は2度だけでしたし、その時の講義をカセットテープで確認しました。
 また受験1ヶ月前から毎朝5時半から6時10分迄、問題集とテキストによる解説を計画的集中的に勉強することにしました。始めの10日間程度はそう決めたものの漫然とやっていましたが、そこから身が入り受験日までなだれ込めました。
 合格したから言えるのかもしれませんが、久々の勉強に充実感をもっています。何か挑戦できることがあれば検討したいと考えています。色々お世話になりました。

樋口啓次さん(ヒグチケイジ)〔九州建設専門学院No.105810〕
九栄会かわら版 平成23年5月号・・・No.331 
取材:平成22.9.30(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
数をこなすこと、これが全て
塚本敏明さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (37) 熊本県天草市
塚本敏明さん

 この資格、実は以前に一度チャレンジして不合格でした。それが今年、勤めている会社の会長からの通達で受験するように、と。2回目の受験でもありますし今度は合格せねばと思っておりましたところ、貴学院からパンフレットなどの告知が届きました。そういう事態でしたので急いで受講の手続きをとった次第です。
 私自信の体験から後輩の方にアドバイスが出来るとしたら練習問題及び各年度の試験問題を数多く行うことが良い結果、合格に近づくと実感しています。
 私自身、講座はもちろんですが、それ以外にも自分で書店から数冊の問題集を手に入れ、その出題を暗記する程やりました。今は合格し、義務を果たしたようでほっとしています。ありがとうございました。

塚本敏明さん(ツカモトトシアキ)〔九州建設専門学院No.2042810〕
九栄会かわら版 平成23年5月号・・・No.330 
取材:平成22.9.30(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
実力を証明出来ました
匿名希望さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (42) 福岡県宮若市
匿名希望さん

 日々の業務に追われる中、気がつけば私だけが会社で1級土木の資格を持っていないことに気づきました。それもどんなものかと思い、この際資格は取っておこうと受験することに決めたのです。
 自慢に聞こえるかもしれませんが業務を熟知していれば、学科試験は恐れるに足らずです。
 ただ実地に関してはどの様な問題が出るかわかりません。そこで貴学院様の門を叩いた次第です。
 お陰様で試験の傾向や、要領をポイントをつかんで2日間に亘り教えて頂いたので無事合格できました。資格がないばかりに能力を疑われるのはシャクですから、その点は良かったと思います。
 お世話になりました。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.14495〕
九栄会かわら版 平成23年5月号・・・No.322 
取材:平成22.9.29(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込