1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。

581~600件表示(全785件掲載中)
挑戦し続けた成果
岩永良和さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (46) 長崎県東彼杵郡波佐見町
岩永良和さん

 私がこの資格を取得しようと決心した理由は勤めている会社で現場監督になるためでした。また、1級土木を取得することで会社も入札に参加でき大きな仕事を取りにいける、そういう二つの大きな理由からです。
 勉強はとにかく独学でやろうと決めていました。ただ私は専門の学校を出たわけでもなく用語などがよくわかりません。学科ならともかく記述問題ばかりの実地試験ではさすがに専門家である講師の力を貸りようと入学したのです。お陰様でその時会社から3人受験したのですが、合格したのは私一人でした。
 資格取得は仕事の延長のように考えてましたから家の者にあれこれ話はしていません。ですが家族の為を思い頑張った甲斐がありましたね。土木の次は管工事に挑戦しようと思います。(後日、管と造園の各施工管理技士を1級まで取得されました。…取材担当)

岩永良和さん(イワナガヨシカズ)〔九州建設専門学院No.66709〕
九栄会かわら版 平成23年2月号・・・No.229 
取材:平成22.9.17(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
国のために資格取得を
大畑幸宏さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (42) 福岡県福岡市西区
大畑幸宏さん

 激動し混迷する世の中にあって社員とともに生き残る為には、技術力・経営力の強化、また信用の積み重ねが大切だと思います。
 後に続く子孫のためにこの美しい島の環境を守り人々の生活を豊かにすることが、私たちの責任です。
 努力には成果でもって報いられる国だと信じ、これからも他の資格取得を目指して、我が社の経営基盤を強化するために努力する所存です。

大畑幸宏さん(オオハタユキヒロ)〔九州建設専門学院No.134797〕
九栄会かわら版 平成23年2月号・・・No.228 
取材:平成22.9.20(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
家業の積算の手伝いと公共工事の経審のランクアップを目的に挑戦
小林明美さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 女 (31) 熊本県荒尾市
小林明美さん

 2級土木の資格取得の動機としては家業が土木工事なので1積算を少し手伝えるために土木の専門知識を身につける事と2公共工事の経審のランクアップのために資格取得する事が必要だったからです。
 学習のポイントとしてはまずわかっていない土木の専門分野の言葉を覚える事と、その言葉の意味を理解することから始めました。そのためには全ての講義をしっかり聞いて内容の理解に努めました。そして内容が理解できたら順次問題を解く練習をしていきました。御蔭で試験に合格することができました。大変お世話になりました。ありがとうございました。
 今後の抱負としては1級土木の資格取得を目指したいと思います。

小林明美さん(コバヤシアケミ)〔九州建設専門学院No.43034〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.216 
取材:平成22.9.18(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
家業のために2級土木の資格取得
宗 隆文さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (42) 福岡県糸島市
宗 隆文さん

 家業を継ぐために2級土木の資格が必要になり、資格取得にチャレンジしました。過去には宅建の資格を独学で取得したので自信はありましたが、2級土木の試験には実地試験が伴うので独学では無理だろうと思いました。そんな時にライセンスメイトを見て貴学院の通信教育制度を知り、受講する事に決めました。
 最初の頃は仕事の疲れなどで毎月送付されて来る講義テープのノルマを充分に消化できずに焦る日もありましたが、妻子の励まし等によって最後までがんばることができました。勉強は講義テープと模擬試験の反復学習によって合格する力がつき合格することができました。御指導本当にありがとうございました。
 今後は資格を活かして家業を継いで会社の発展のためにがんばっていきたいと思います。

宗 隆文さん(ソウタカフミ)〔九州建設専門学院No.2016470〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.214 
取材:平成22.9.12(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
会社の方針がきっかけで1級土木取得
山口 伸さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (41) 熊本県荒尾市
山口 伸さん

 今年、会社の方針で1級土木の資格が必要になり受験を決意しました。実務と受験勉強が一致しておらず、これでは独学ではむりと思っていたら会社が貴学院への入学手続きをしてくれました。そして、4週間にわたり受講しました。
 受講してみて土木の約束事が多いのにびっくりし、自分の無学さを思い知らされました。過去10年間の問題をひとつひとつ自分なりにテキストと見比べて勉強していきましたが、それでも5年分位しか勉強できませんでした。本試験に勉強した所が運良く出題されたおかげで合格することができました。
 今後の抱負は他にももっと多くの資格を取ることです。

山口 伸さん(ヤマグチシン)〔九州建設専門学院No.46253〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.212 
取材:平成22.9.12(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
頭の中にはノートがあります
濱崎 学さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (41) 長崎県諫早市
濱崎 学さん

 経営者であれば誰でも自社の発展、営業分野の拡大を願うでしょう。私もその思いから1級土木の資格取得を決意しました。「私自身でなくても社内の誰かが持っていれば良い」という考えもあるでしょうが、経営者である私がまず取得し「やれば出来る」という事を社員へ伝えたいと思い、頑張ることにしたのです。(創立25周年 諫早の「株式会社安全総業」さんです。…取材担当)
 そこで学校を選ぶ為、各種の学校等を検討した結果、貴学院にまず信頼感を感じました。通学してみると事実我々受講生に対し親身になってくれる学院スタッフがいて、貴学院を選んで良かったと思いました。
 私の勉強方法はすこし変わっているようです。まず講師の話をノートに書き写します。その後、そのノートを別のノートに再度書き写すのです。そうすることで試験中に頭の中でノートがめくれるようになりました。後は頭の中のノートから答案用紙に書き写すのです。おそらく学科は満点だったでしょう。丸暗記というよりはイメージ画像を大切にしたと言ってもいいかもしれません。もちろん勉強もしました。試験前2週間は会社に泊まり込んでやりました。
 今回思いましたが「真面目さ」と「絶対に今回で受かる」という強い気持ちが一番大事ですね。私も「今年落ちてもまた来年」という消極的な考えも浮かびましたが「絶対に受かる!」と強く気持ちを引き締め、落ち着いて勉強することが出来ました。
 余談ですが合格者の同窓会九栄会には楽しい思い出があります。遠方の為なかなか行けませんが触れ合い、交流の場として活用したいものです。

濱崎 学さん(ハマサキマナブ)〔九州建設専門学院No.72319〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.205 
取材:平成22.9.7(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
再チャレンジも学院で
中村猛嘉さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (40) 長崎県佐世保市
中村猛嘉さん

 取得しようと思ったのは現在勤務先が建設会社で、仕事上必要だからです。3~4年前に貴学院に入学し、その時学科試験に合格したのですが、実地試験がうまくいかずそのままになっていました。
 今回は是か非にと思い再受講を決意しました。学習のポイントはとにかく過去問題を繰り返し解きました。問題を最後までよく目を通すことにより、どこがおかしいのか気がつくようになりました。
 今回の学科試験は2回目ですが、実地は何としても合格するよう頑張ります。

中村猛嘉さん(ナカムラタケヨシ)〔九州建設専門学院No.138003〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.204 
取材:平成22.9.6(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
勉強モードに切り替えが上手にできた
山西公一郎さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (39) 福岡県福岡市城南区
山西公一郎さん

 取得しようとした動機は、会社に1級土木を持っている人が全んどいないので自分が取ってみようと思いました。しかし自分一人で勉強するのは自信が無かったのでいくつか学校に問合せしてみました。初めて1級を受験するに当たって自分でも勉強内容が理解できるのか不安だったので、九州建設専門学院へ説明を聞きに行きました。説明を聞いてここの学校だったら大丈夫と思い入学しました。
 受験勉強するのは、学校卒業して何十年もやってなかったので、勉強時間が取れない時でも30分でも40分でもいいので必ず勉強しようと決め、それを実行しました。そして一番良かったのは、勉強モードに上手に切り替えができて毎日必ずやれた事です。
 今後の抱負は、10月の実地試験も1回で合格できるよう、これから頑張って行こうと思います。講師及び学院のスタッフの皆さんありがとうございます。実地試験対策講座もよろしくお願いします。

山西公一郎さん(ヤマニシコウイチロウ)〔九州建設専門学院No.269944〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.203 
取材:平成22.9.1(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
一日も休まず出席
田口政隆さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (34) 福岡県田川郡川崎町
田口政隆さん

 家が建設業を営んでいるため、土木は仕事上どうしても必要なので、今回1級に挑戦しました。2級土木、2級管工事、給水装置工事主任技術者と貴校で合格させて頂いてたので、今回もお願いしました。
 仕事で忙しいので、やはり学校に行かないと家ではなかなか勉強できませんよね。教室の中で勉強したことは集中しているせいか、頭に残ります。とにかく一日も休まず出席しました。先生が熱心に教えてくださり、大事な所は聞き逃さないようにして家では試験直前に問題集を解くだけでした。休みが日曜しかないのできつかったですが、通って良かったですね。
 まずは学科試験に合格できて、ほっとしています。次は実地合格に向けて全力で取り組むだけです。今年一回で合格したいので、引き続きご指導下さい。また、合格したら下水道の資格に挑戦したいと思っております。その節はまたお世話になるかと思いますので、宜しくお願いいたします。

田口政隆さん(タグチマサタカ)〔九州建設専門学院No.226326〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.200 
取材:平成22.8.29(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
学校で勉強するのが最善の方法です
古賀政和さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (34) 福岡県糟屋郡篠栗町
古賀政和さん

 仕事上必要なので、1級に挑戦しました。丁度会社にDMが届き、貴校が日曜日の講義だったので、申込しました。日曜しか休めないことと、生講義を行っていたこと、何よりも合格率の高さが決め手でした。
 家だと勉強しないので、多少遠かったですが、学校は一日も休まず、出席しました。でも通うだけの価値はありました。目の前で先生がわかりやすく的確に熱心に教えて下さるし、他の生徒さんも真剣に勉強している姿が励みになりました。勉強するうえで良い刺激となりました。
 問題の出題傾向も教わり、できるだけ過去問題も勉強しました。お蔭様で学科は何とか合格できました。先生、ありがとうございました。
 次は実地試験です。実務はあるんですが、作文となると苦手です。貴校で添削指導をして下さるとの事なので早く書いて提出したいと思います。また、2日間の講習も出席しますので、宜しくご指導お願いいたします。合格したら、次は建設機械を取得したいと思います。

古賀政和さん(コガマサカズ)〔九州建設専門学院No.309813〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.199 
取材:平成22.8.30(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
合格体験談を参考にして勉強した
内川秀一さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (63) 福岡県福岡市城南区
内川秀一さん

 建築の仕事が長く、随分前に貴校で1級建築施工管理技士を取得させて頂きました。今回、仕事上必要になり、まずは貴校から案内書を取り寄せ、通信教育があったので申込をしました。仕事が忙しく現場も多いので通学することはまず不可能だったからです。
 最初は土木の専門用語の意味が解らず苦戦しました。まず解らない用語をリストアップし、パソコンで調べて言葉の意味から理解していくよう努めました。基礎の基礎から勉強をして最初は大変でしたが、今思えば基礎を固めておいて良かったです。
 勉強は車での通勤時間を利用しました。往復で2~3時間かかるのですが、正直この時しか勉強しませんでした。届いたDVDを見る事は出来ないので、先生の声だけ聞いて重要な所を覚えるようにしました。ほぼ毎日聞いていたと思います。ただ、時間が限られていると集中力も高まるようで、一回で合格できました。
 実は、頂いた案内書の合格体験談の中で「通勤時間を利用して合格」という文章を読み、これなら勉強できるかもと勇気をもらえました。時間がないからと言って諦めるのは簡単です。でも方法を駆使すれば時間は作る事は出来ます。独学では無理ですが、学校なら先生が的確に教えて下さるので、あとは自分がやるかやらないかだけです。今回、私も合格でき、貴校のお役に立てればと思い、今回の合格体験談に協力できて光栄です。また、後進の為になれば嬉しい限りです。学校を信じて勉強すれば必ず合格できます。諦めないで、是非頑張って下さい。受験者の皆様の合格を心より祈念しております。

内川秀一さん(ウチカワヒデカズ)〔九州建設専門学院No.104406〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.198 
取材:平成22.8.29(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
効率的な勉強の仕方を教わった
井本恵子さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 女 (61) 福岡県行橋市
井本恵子さん

 福岡で建設業を営んでいます。仕事上必要なのでまずは管工事を取得しようと考えていたところ、丁度貴校より案内書を頂き、合格率が良かった事と生講義をされていたので、入学しました。何も持たないので2級からと思っていたんですが、事務局の方から1級を勧められて、同じ勉強をするなら点数も高い1級の方がいいので去年挑戦し、合格しました。
 全くの初心者で不安でしたが、学校の指定したテキストに基づいて先生が的確かつ効率的な勉強の仕方を教えてくれるので安心しました。また、過去問題も解説をよく聞いて、どうして間違えたのかを徹底的に追求しました。問題の出題傾向が解るようになったので、勉強していて楽しかったです。その方法も先生から教わりました。
 見事合格し、管工事と土木は問題が共通しているので、いつかするなら勉強の癖がついている今しかないと思い、また周囲からの勧めもあって続けて貴校に頼み、今年は1級土木施工管理技士学科試験に挑戦し合格できました。勉強の仕方は管工事と同じく先生が合理的に教えて下さったので、最初の時のような不安はなく安心して勉強することができました。また、女性の生徒さんも意外と多かったので、それも支えになりました。
 初心者の私が見事ふたつの試験に合格できたのは、やはり先生方のご指導があったからこそです。学校で勉強しなければ到底無理でした。先生方、職員の皆様、本当にありがとうございました。次はいよいよ実地試験です。今年何としても合格したいので、引き続きご指導下さい。宜しくお願いいたします。

井本恵子さん(イモトケイコ)〔九州建設専門学院No.144642〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.197 
取材:平成22.8.29(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
あたたかい支援で合格、感謝の念で一杯
石原親嘉さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (69) 福岡県福岡市東区
石原親嘉さん

 資格を持っていた社員の1人がやめることになり、よし、挑戦してみるかという気になったが、独学ではなかなか目的を達成できそうにもなかったので、学院に通学しました。幸運にも一回で合格できたが、試験は難しかったです。
 何しろ年齢相応に記憶力も減退しているので、ただ記憶することはあきらめ、マイペースを守り徹底的に理解することに努力しました。
 1回で合格するんだという自信をもって学院の講義にのぞみ、自宅で復習しました。また、練習問題を何回も繰り返しやって、十分理解するようにしました。
 学院の皆様のあたたかいご支援により無事クリアーでき、合格に結びついたと感謝の念で一杯です。

石原親嘉さん(イシハラチカヨシ)〔九州建設専門学院No.1094104〕
九栄会かわら版 平成22年12月号・・・No.184 
取材:平成22.8.29(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
『ライセンスメイト』がきっかけで
山下 晶さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (53) 熊本県上天草市
山下 晶さん

 自宅へ送られてきた九州不動産専門学院グループの月刊誌「ライセンスメイト」を読んだことが入学を決めた理由でした。日々の仕事を裏付ける知識の修得の必要性を感じていたことが第一の理由です。また、資格を取得することによる勤務先での給与アップを励みにがんばることにしました。そうは言っても、これまで「受験」とか「勉強」という言葉と距離のある生活をしてきました。ですから内心不安だったのですが、ビデオテープ教材が非常によく出来ていたのです。おかげで夕食後から寝る前の中、ほぼ毎日数時間コツコツ勉強出来ました。
 実地の勉強ではおもしろいことがありました。私は工程管理のつもりで作成したのですが講師より「それは安全管理の書き方です」と指摘されたことがあります。ところが実際の試験では設問に安全管理が出ましたのでも迷わす記入。結果はもちろん合格です。

山下 晶さん(ヤマシタアキラ)〔九州建設専門学院No.1096124〕
九栄会かわら版 平成22年12月号・・・No.175 
取材:平成22.8.23(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
先輩のすすめで入学しました
佐藤 治さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (59) 大分県竹田市
佐藤 治さん

 私は九州建設専門学院の通信教育を先輩のすすめで受講する事にしました。現在、現場主任として働いていますが、2級より1級で現場主任であると同時に管理技術者として残り少ない現場生活を精一杯羽ばたきたいと思っています。
 私の勉強の方法は講師の先生のテープを丸暗記する程何度も聞いて頭の中につめ込みました。そのせいか試験問題にぶち当たった時に先生のテープの声が思い出せました。実地試験においてはとにかく書きました。書くことによって頭の中に入った様な気がします。
 先生方の理解しやすい講義のおかげで合格する事ができました。ありがとうございました。

佐藤 治さん(サトウオサム)〔九州建設専門学院No.188966〕
九栄会かわら版 平成22年12月号・・・No.173 
取材:平成22.8.24(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
社命のおかげで1級の資格を取得
野中幹男さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (58) 福岡県福岡市城南区
野中幹男さん

 会社の方針が変わって全員1級土木の資格をとるようにとの命令が下されたのが資格取得のきっかけでした。私も幹部として取らないといけないと思い、ネットで学校を探しました。
 貴学院を選んだのは講義日が日曜で都合が良かったのと、通学に便利だったからです。とにかく忙しかったので土曜日と日曜日に集中して勉強しました。私は土木専門ではなかったので、テキスト中心の勉強をしました。講義には必ず出席し、自宅ではテキストで復習し理解したら過去問を解いて合格点がとれるように勉強しました。おかげで本試験では合格点をとることができました。
 今後の抱負としては、1級土木の有資格者となって部下の指導にあたって会社の発展に貢献していきたいとおもっています。

野中幹男さん(ノナカミキオ)〔九州建設専門学院No.225467〕
九栄会かわら版 平成22年12月号・・・No.165 
取材:平成22.8.19(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
試験会場の校門前の出会いが合格にむすびついた
飯干誠児さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (48) 宮崎県西臼杵郡高千穂町
飯干誠児さん

 1級土木施工管理技士学科試験では独学で合格しましたが、実地試験に落ち、翌年も不合格でした。その時、試験会場の校門前で配っておられた貴校の案内を見て九州建設専門学院に受講しようと決意しました。合格率の高さが決め手でした。
 学習ポイントは実地が苦手で、作文用紙が送られてきてまず自分なりに書いて先生に添削してもらうことが基本です。工事内容は大きい工事より小さい工事を選んだ方が言いと思います。やっぱり資格を取らないと飯が食えないという現実問題があるため、必死に勉強しました。お蔭様で定年までずっと同じ会社で勤めることができました。貴校に入学して本当によかったです。

飯干誠児さん(イイホシセイジ)〔九州建設専門学院No.78979〕
九栄会かわら版 平成22年11月号・・・No.161 
取材:平成22.8.18(黄)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
試験会場のアンケートで学院を知りました
金丸光治さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (64) 大分県竹田市
金丸光治さん

 私は平成11年、福岡大学に2級造園の受験に行き、その時大学の入り口で大学生の女の子からアンケート調査を依頼された時、九州建設専門学院の事を知りました。
 そこでもらったチラシに1級土木施工管理技士の講座もあったので担当の坂本さんに電話して、案内書を送っていただき、通信教育を受け平成12年に受験し学科は合格しましたが、実地試験で落ちましたので、引き続き平成13年に実地対策の講座を受講し合格しました。平成14年は管工事にチャレンジしたいと思っています。
 昨年友達を紹介しましたが、友達も合格しました。大変喜んでいます。今後ともよろしくお願い致します。

金丸光治さん(カネマルミツハル)〔九州建設専門学院No.161784〕
九栄会かわら版 平成22年11月号・・・No.160 
取材:平成22.8.20(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
前回の講習が良かったので
岡本和佳子さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 女 (52) 熊本県熊本市
岡本和佳子さん

 1級管工事の実地の講習の時に学院で受講しました。その講習が良かったので今回も学院を選びました。
 年齢も50を過ぎていますのでなかなか覚えられずに何回も何回も問題集を練習しました。法規などは紙に書いてトイレに貼ったりバッグに入れて持ち歩き、時間がちょっとでもあるとメモを出して覚えたりしました。
 そのせいか当日、試験会場を出るときは受かったと思って帰路につきました。終わってみると今後は何にチャレンジしようかと考えている今日この頃です。

岡本和佳子さん(オカモトワカコ)〔九州建設専門学院No.59918〕
九栄会かわら版 平成22年11月号・・・No.159 
取材:平成22.8.19(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
仕事の幅と信用は資格で広げました
神 旬さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (39) 大分県日田市
神 旬さん

 本来、建築関係の会社を経営していて、それに関連する資格は取得していました。しかし2土木を取得した勢いもあり、友人からもいっしょに資格を取ろうと誘われたことが動機です。もちろん社長として1土木資格があれば、仕事の幅も信用も広がることは考えていましたから、理由をひとつに絞るのは難しいですね。
 私が受けたのは通信教育でしたかが、通学と比べてこれといったハンディはなかったと思います。体験記述はFAXのやりとりが主になるから当然ですが、とにかく出来上がった作文は徹底して暗記しました。それ以外については過去問題の学習に時間を費やしました。
 無事、合格出来、いつでも土木の受注が可能になったことは、業務拡大の第一歩です。
 今後も色々な資格取得に挑戦したいと考えています。本当に有難うごさいました。

神 旬さん(カミジュン)〔九州建設専門学院No.206394〕
九栄会かわら版 平成22年11月号・・・No.155 
取材:平成22.8.11(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込