1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。
 こちらでは福岡県を除く全九州にお住まいの方の合格者の声を掲載しております。

141~160件表示(全383件掲載中)
会社の規定で資格取得を推奨
匿名希望さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地 男 (48) 宮崎県宮崎市
匿名希望さん

 勤めている会社が特定建設業の許可を取っている為、管理者の設置は必須です。会社の規定でも資格取得を推奨しているので、1級土木まで早く取らなければという思いは常に頭の中にありました。現場の傍らで受験だけしているような状況でしたが、1級、2級ともにまるで歯が立ちませんでした。
 貴学院の案内もあり講座を受けたのですが、現場が忙しくその年は不合格でした。特に実地が苦手でしたので翌年は実地だけを受講し、経験記述まで事前に対策できるようにし学科は過去問5年分に集中して勉強しました。お陰様で、今年は実地試験まで一気に合格することができ感謝しています。また1級を受験する予定ですので、歯が立たない時は貴学院にお願いしようと思っています。有難うございました。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.352031〕
九栄会かわら版 平成27年10月号・・・No.1867 
取材:平成27.3.27(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
学科の勉強が実地にもつながった
廣池幸弘さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (51) 宮崎県都城市
廣池幸弘さん

 トンネル工事が主なので、一旦現場に入るとなかなか出られません。最近は下請けの現場でも県から資格者を置かせるような指導が多く、会社からも1級をとるように言われていたのがきっかけで、資格取得を考えました。貴学院で受講することになったのは他の作業所からの紹介でした。
 通える状況ではなかったのでDVDの通信講座で勉強しましたが、実地試験のポイントを効率良く理解でき、施工作文の添削指導も助かりました。今まで何度か受験し、私なりに考えた勉強のポイントですが、まず過去問はすべきです。学科に合格する実力をつけていれば実地の選択問題を解くために役に立つと感じました。実際に合格した年は工程と品質に張ったヤマが外れて自信がなかったのですが、選択問題の方はしっかり出来ました。お陰様で1級土木を取得できましたので、存分に役立てていきたいと思っています。有難うございました。

廣池幸弘さん(ヒロイケユキヒロ)〔九州建設専門学院No.339203〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1847 
取材:平成27.1.26(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
受講して良かった
河野幸治さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (31) 宮崎県児湯郡都農町
河野幸治さん

 1級土木施工管理技士の試験は過去2回独学で受験しましたが、いずれも実地試験で残念な結果となってしまって、今度こそはと思いました。多分学校の指導を仰がないとダメだろうと思い探していたところ、貴学院がヒットしました。もう時期は8月だったのであまり時間はありませんでした。
 早速申し込んで施工作文の添削を受けました。そうすると自分が今まで気づきもしなかった部分が赤で訂正されていたり、文章表現など大変解かり易く参考になりました。本番の試験では特に問題なく書くことができました。合格通知が届いて改めて受講してよかったと思いました。もし受講していなかったら、また同じ結果になっていたかもしれません。ありがとうございました。

河野幸治さん(カワノコウジ)〔九州建設専門学院No.327687〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1845 
取材:平成27.1.23(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
DVDを繰り返し見ただけです
富家伸久さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (45) 熊本県熊本市東区
富家伸久さん

 昨年、貴学院の直前集中講座を受講し学科は合格していました。実地が残念ながら不合格でしたので、引き続き申し込みしました。
 勉強方法は自宅に届いたDVDを繰り返し見ただけです。昨年のとは違って、実地の内容だけに特化していたので、より具体的でした。また、作文も添削して頂いたのを暗記しました。合格できて安心しました。ありがとうございました。いずれ1級をと思っていますが、会社と相談してからになるので、またその節は宜しくお願いします。

富家伸久さん(トミイエノブヒサ)〔九州建設専門学院No.352246〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1828 
取材:平成27.2.6(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
実地の書き方が分からずに申し込みを決意
玉田秀樹さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (44) 大分県杵築市
玉田秀樹さん

 仕事上、資格が必要でしたので、会社から取るようにと言われたのをきっかけに資格取得を目指しました。学科試験は独学で無事に合格出来ましたが、実地試験は不合格でした。もともと水道の本管工事をメインにしていますので、土木に関しては体験記述の書き方が全くわからず貴学院からの案内を見て受講を決めました。
 結局は仕事に追われて体験記述の添削指導を受けずに本試験を受験しました。届いた教材も資料に少し目を通した程度でほとんど出来ませんでした。体験記述に関しては、問題集にあった記入例を参考に勉強して本試験に臨みました。運よく合格することが出来て良かったです。土木の方は2級で十分ですので、1級を目指す予定はありませんが、管工事の方は将来的に1級を目指そうと考えています。今はなかなか時間が取れませんが、また余裕が出来、必要に迫られたら考えようかと思っています。その節はお世話になるかもしれませんので、どうぞ宜しくお願いします。この度はお世話になりました。有り難うございました。

玉田秀樹さん(タマダヒデキ)〔九州建設専門学院No.352221〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1827 
取材:平成27.6.26(佐竹)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
課題が的中して合格
匿名希望さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (36) 熊本県天草市
匿名希望さん

 独学で勉強し、学科は合格しましたが実地が不合格でした。今年が最後なので絶対合格しないとという気持ちでしたが、どう勉強したらいいか悩んでいました。自宅にDMが届き、合格体験談を拝見させて頂きました。添削を受けたら合格できたという内容が多かったので、藁をも掴む思いで貴学院に申し込みました。
 最初に作文を書いて提出しないといけないので、だいぶ苦労しましたが、全て納得いくまで添削指導を受けて丸暗記しました。講習には参加できないのでDVDを見て勉強しましたが、参考書にはない内容を話されていて、結果そこが合格できた要因ではないかと思います。また、先生が予想された課題が見事的中。試験直前はその課題だけを集中して暗記していたので、試験に出た時は驚きと同時に合格を確信しました。お陰様で合格でき、会社も妻もとても喜んでおります。ホッとしました。今年1年間は仕事に専念し、来年1級に挑戦しようと思います。その時はまた宜しくお願いします。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.359701〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1826 
取材:平成27.2.6(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
次は1級を目指す
平尾信次さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (37) 熊本県熊本市北区
平尾信次さん

 仕事上、資格が必要でしたので、会社から取るようにと言われたのをきっかけに資格取得を目指しました。学科試験は独学で無事に合格出来ましたが、実地試験は不合格でした。翌年の実地試験に向けてインターネットで学校を調べたところ、貴学院の講義内容がしっかりしていたので、申し込みをしました。
 熊本の方でも通学での講義をされていたので通いましたが、講師の方がたくさん資料を準備してくださり、内容的には解かり易かったと思います。また、体験記述については、福岡本校の講師が添削指導をしてくれましたが、しっかりと内容を直してくれて助かりました。お蔭で本試験でもきちんと書くことが出来ました。年齢的に1級を受けることが出来ますので、今年受けようと思っていましたが、他の試験を優先しました。来年こそは1級を目指す予定でまた頑張ろうと思っています。またその時は案内をお待ちしています。この度はお世話になりました。有り難うございました。

平尾信次さん(ヒラオシンジ)〔九州建設専門学院No.286407〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1823 
取材:平成27.5.26(佐竹)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
施工作文の添削指導に感謝
匿名希望さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (27) 長崎県松浦市
匿名希望さん

 会社が道路や河川工事等の土木工事をしております。最近複数の現場の現場代理人を任されたりするケースが増え、自分でも2級の資格は必要だと感じていました。その頃会社から2級を取得するように言われたので挑戦する事にしました。1回目の受験は、学科は自信があったのですが、実地で失敗してしまいました。試験会場で貴学院を知り、問い合わせをしたら2級土木の実地試験対策講座がある事を聞いてすぐ申し込みをしました。
 特に自分の場合は作文で失敗したので施工作文を細かなところまで添削してもらえたことがありがたかったです。また、会社も応援をしてくれて、試験前の比較的現場が暇なときは事務所での勉強も許してくれました。それでも絶対合格したかったので仕事から帰って夜2~3時間は勉強しました。やはり独学の場合は、自分で書いた作文で合格点をもらえるかどうか不安ですので、専門の学校で添削してもらえたのは助かりました。お陰で自信をもって試験に臨めました。次は、受験資格ができたら1級にチャレンジしたいと思います。その時はまた宜しくお願いします。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.359675〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1822 
取材:平成27.2.26(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
生講義のお蔭で合格
真島直也さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (30) 佐賀県佐賀市
真島直也さん

 親が建設業を営んでいるので、土木は必須でした。今回貴学院に申し込みして良かったです。お陰様で合格できました。ありがとうございました。
 地元での講習会に参加しました。少人数だったので、先生に気軽に質問できました。また、添削指導を受けた内容についても直接質問でき、合格するための書き方を理解できたので、本当に先生のお陰です。あと、やはり先生に直接会って質問できる環境じゃないと合格できないと思いました。独学の限界を感じました。合格でき、親も喜んでくれています。いずれ1級を取得しないといけませんが、実務経験を積んでからになるので、今は仕事に専念します。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

真島直也さん(マシマナオヤ)〔九州建設専門学院No.56900〕
九栄会かわら版 平成27年9月号・・・No.1820 
取材:平成27.2.6(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
添削ありき
宝珠山祐晴さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (35) 大分県玖珠郡九重町
宝珠山祐晴さん

 会社で資格を必要としていたので取得しようと思いました。会社の勧めで実地を貴学院で受講しました。合格できたのも添削指導のお蔭ではないかと感謝しております。次は念願の1級を目指して頑張っております。ありがとうございました。

宝珠山祐晴さん(ホウシュヤマユウハル)〔九州建設専門学院No.336766〕
九栄会かわら版 平成27年8月号・・・No.1818 
取材:平成27.6.28(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
早目にコツコツと対策を取って実地合格
赤石勇気さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (28) 鹿児島県霧島市
赤石勇気さん

 2級土木の学科の時から貴学院にお願いしていましたが、昨年は仕事が忙しく実地まで手が回りませんでした。学科に集中して受験しましたので、実地は受験せずに途中で退席しました。試験が終わって自己採点で学科は合格していましたので、早速実地対策をはじめました。
 実地は作文が何とかなれば合格できると思っていました。1年余裕がありましたので、課題が何種類かありましたが、早目にコツコツと作文の添削をお願いして準備を万全に進めていきました。結構早い段階で一通りの添削指導は終わらせました。他の記述問題についても過去問題を中心に何回も繰り返し問題に取り組みました。過去問は1問1答式に全部間違いがなくなるまで繰り返し復習しました。勉強のスタイルとしては、仕事が終わってから、毎日1、2時間ずつコンスタントに勉強する習慣をつけたのが良かったです。あまり遅くまで勉強をやると仕事に差し支えるので、少しずつ少しずつ勉強していったという感じです。自分の場合は一挙に詰め込むと忘れてしまいますし、それが怖いので、ちょっとずつ勉強するようにしました。実際の試験の時は、結構手ごたえがあって80%は取れたと思いました。これで落ちていたらどうしようと思っていたのですが、合格発表の時、仕事場で勘違いして25年度受験票を見て受験番号がなかったので、落ちたと早合点してしまいました。落ちた理由が全く思いつきませんでした。何のことはなく、帰って26年度の受験票をちゃんと見ますと無事合格していました。貴学院でコツコツと対策を取っていったのが良かったと思います。
 これからもステップアップを考えて取れる資格は早目に取っていきたいと思っています。また、貴学院にお世話になりたいと思っていますので、どうぞご指導よろしくお願い致します。

赤石勇気さん(アカイシユウキ)〔九州建設専門学院No.355557〕
九栄会かわら版 平成27年8月号・・・No.1817 
取材:平成27.2.10(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
妻が喜んでくれたことがもう一つの合格通知
原田亮介さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (31) 鹿児島県出水市
原田亮介さん

 今までしていた仕事を辞めて妻がしている会社で働き始め、2級土木の資格があった方がいいとのことで取得しようと思いました。母の紹介で貴学院を知り、入学を決めました。
 勉強自体はぎりぎりまで追い詰められないとしない性格なので後半スパートをかけてしました。鹿児島会場の講師の方は丁寧に指導してくれたので、焦ることもなく勉強に取り組めました。いざ試験に臨むと緊張でちゃんと答えられたかどうかも分からないまま試験会場を後にしました。その私の反応で周りの方は落ちたものだと思っており、当の本人も8割方落ちているものと思っていました。しかしながらお天道様は見捨てていなかったです。ちゃんと私の勉強風景を蔭ながら見ていてくれたのだと思います。合格通知が届いたときは、周りはもちろんのこと理解するのに数秒間かかりました。何よりも妻が喜んでくれたことでほっと肩の荷が下りました。これで肩身の狭い思いをしなくて済みます。これからはこの資格を存分に活かして、また落ち着いたら1級を目指したいと思います。有難うございました。

原田亮介さん(ハラダリョウスケ)〔九州建設専門学院No.346598〕
九栄会かわら版 平成27年8月号・・・No.1814 
取材:平成27.6.28(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
最少時間の学習でした
大野芳弘さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (30) 大分県別府市
大野芳弘さん

 インターネットで学校を探して貴学院に決めました。決め手は大分で生講義でされていることです。
 会社に有資格者は1~2人いましたが、いずれも年配で退職されると誰もいなくなります。そこで自分が取ろうと思いました。入札するときも必要になりますので、初めての受験でしたがお蔭で、1回で合格することができました。五郎丸先生の講義は非常にポイントをしっかり押さえてあって、これだけをやれば大丈夫といった感じでとても解かり易かったです。私達のように時間のない人間にとっては有難い講義でした。いずれ1級も視野に入れていますが、その時はまたお願いしたいと思います。

大野芳弘さん(オオノヨシヒロ)〔九州建設専門学院No.139617〕
九栄会かわら版 平成27年8月号・・・No.1811 
取材:平成27.4.29(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
お世話になりました
倉本照護さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (37) 熊本県菊池郡大津町
倉本照護さん

 仕事上、土木施工管理技士が必要なので独学で何度か受験していましたが、いつも学科が合格できず見兼ねた会社が貴学院に申し込みしてくれました。
 届いたDVDを見て勉強したものの現場で忙しく、翌年に本腰入れて勉強し合格しました。先生の講義は解かり易くてどこが大切なのか的を得た内容でとても良かったです。実地も貴学院から頂いた資料とテキストを基にして勉強しました。学科免除の年だったので、どうしても落とす訳にはいかず、猛勉強しました。お陰様で今年ようやく合格できました。貴学院から頂いた資料とテキストがとても役に立ちました。ありがとうございました。今も現場で忙しいのですが、落ち着いたら次は測量士補、そして1級建築施工管理技士試験に挑戦する予定です。またその節はお世話になるかもしれませんがどうぞ宜しくお願いいたします。

倉本照護さん(クラモトショウゴ)〔九州建設専門学院No.285548〕
九栄会かわら版 平成27年8月号・・・No.1796 
取材:平成27.1.23(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
時間配分と割り切ったことも合格の要因
内田義昭さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (43) 長崎県佐世保市
内田義昭さん

 今回は前回同様、微妙なラインだったので正直焦りました。でも受験番号をネットで確認した時は本当に脱力感に見舞われ、一瞬にして緊張が解けていったのを覚えています。そもそもこの資格を取得しようと思ったのは仕事上必要だったからです。貴学院を知るきっかけとなったのは試験会場でのアンケートでした。そして学科試験直前の答案練習会、実地講習でお世話になりました。
 学科は答案練習会と過去問でなんとかなりました。実地は1度悔しい思いをしていたので、今回は慎重に取り組みました。合格の決め手となったのは長崎の熊本先生の絞った箇所が見事に的中したこと、作文の添削、そして最後まであきらめなかったことだと思います。事実、仕事の忙しさと相まって最後は試験前の木金土に3日漬けに近い形で試験に臨みました。試験会場に向かう電車の中でも、要点だけ絞って見ていました。そこからいくつか試験に出ていたので、本当に時間を惜しんで取り組んだ甲斐がありました。今回は作文の課題が安全だったので、それにも助けられました。見た瞬間にこれはいけると思ったので、後回しにして2、3、5、6番を解き、4番の品質は捨て、最後に作文を書きました。今振り返ると、この時間配分と割り切ったことも合格の要因だったと思います。これからは、とにかくこの資格を取得したからにはおおいに仕事に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

内田義昭さん(ウチダヨシアキ)〔九州建設専門学院No.354466〕
九栄会かわら版 平成27年8月号・・・No.1795 
取材:平成27.1.13(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
通学の生講義でしっかり勉強できた
北島隆之さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (38) 長崎県長崎市
北島隆之さん

 自分が関わってきた仕事ですので、1級は取得したいと思っていました。平成8年から20年近く土木の仕事をしてきて2級は取っていましたが、そろそろ1級を取ろうと思ったのがきっかけです。今回、受験するのは初めてでした。貴学院にお願いすることになったのは、会社の社長からの勧めでした。 実際に講習に参加して勉強はとてもやりやすかったです。長崎会場は熊本先生でしたが、とても教え方が良くて解かり易かったです。経験したことのある工事内容でも時間が経つと忘れてしまっていることなどもあって、このような講習会に参加して体系的に学ぶことによって、以前の経験も具体的に甦ってきますし、内容の理解も深まります。仕事をしながらの勉強なので、なかなか大変でしたが、過去問題もそれなりにやりました。毎日仕事から帰って、時間をみつけて少しずつやりました。施工作文も提出して見てもらいました。今回合格できて、本当に良かったです。将来的には、コンサルタント業務をやっていますので、RCCMを取得したいと思っています。

北島隆之さん(キタジマタカユキ)〔九州建設専門学院No.345162〕
九栄会かわら版 平成27年7月号・・・No.1790 
取材:平成27.1.30(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
添削してもらった内容を応用した
有木貴行さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (35) 鹿児島県鹿児島市
有木貴行さん

 会社で資格者が必要でしたので、受験を目指しました。学科試験は何とか独学で合格出来ましたが実地試験は勉強の仕方がよくわからずに1回目は不合格でした。今年が最後ということで、会社が貴学院の実地講習を申し込んでくれました。 勉強時間を確保するようにして、貴学院で購入した問題集をひたすら解き続けました。体験記述についても添削してもらった内容を全て覚えこみ、本試験ではその添削内容を少し応用しながら記述しました。安全管理が出るということでしたが、本当に出題されたので自分が覚えていた内容に少し加えるような形で書きました。学校に行ったお蔭で勉強にも身が入り、無事に合格することが出来ましたので、今後は会社に恩返しするつもりで業務に邁進していこうと思います。この度はお世話になりました。有り難うございました。

有木貴行さん(アリキタカユキ)〔九州建設専門学院No.356045〕
九栄会かわら版 平成27年7月号・・・No.1789 
取材:平成27.2.25(佐竹)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
この歳になっても頑張れば合格できる
伊東正人さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (67) 宮崎県宮崎市
伊東正人さん

 1級の試験に挑戦したきっかけは、今後のためとかではなく、年齢も年齢なのでボケ防止が目的でした。40年以上土木の仕事に携わってきた経験を資格取得という形で残したいという思いもあったからです。いわば集大成のようなものでした。学科試験については独学で合格できるのですが、実地試験はどうも分からず、勉強に苦戦していました。そこで以前より案内が届いていた貴学院へ実地講習のみを申し込みました。 苦手としていた体験記述も添削指導のお蔭で本当に助かりました。起承転結が大事なんだということを教わることが出来ました。残念ながらその年の試験には合格することが出来ませんでしたが、翌年無事に実地試験まで合格することが出来ました。この歳になっても頑張れば合格出来るということを身を持って示すことが出来たと思っています。今は若い人達へやれば出来るということを強く勧めているところです。 今後の予定などは特になく、貴学院へ通うのは今回で最後になると思いますが、大変お世話になりました。有り難うございました。

伊東正人さん(イトウマサト)〔九州建設専門学院No.304306〕
九栄会かわら版 平成27年7月号・・・No.1786 
取材:平成27.3.27(佐竹)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
合格するには生講義を受けるべき
松本敦司さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (60) 長崎県島原市
松本敦司さん

 会社の代表をしています。2級建築士と2級土木を早い内に取得していました。1級土木を受験して学科は合格するものの、実地がなかなか合格できず苦戦しました。貴学院に申し込み、長崎で講習を行っているとの事なので、2日間の講習に参加しました。 やはり生講義が一番です。先生の講義を直接聞けるのは勿論、質問や疑問をその場ですぐ解消できるので講習に参加した甲斐がありました。添削指導も勿論受けました。赤で入っていた所の疑問も先生に直接聞いて、その都度解決するようにしました。今までで一番自信がありました。試験問題を持ち帰り、貴学院から届いた解答で採点したら8割方取れていたので、あとは作文の結果次第でした。お陰様で合格でき、ほっとしました。お世話になり、ありがとうございました。 次は1級建築施工管理技士を取得しようと考えています。学科は大丈夫だと思うので合格したら貴学院で実地対策をお願いしようと思います。その節はどうぞ宜しくお願いいたします。

松本敦司さん(マツモトアツシ)〔九州建設専門学院No.350763〕
九栄会かわら版 平成27年7月号・・・No.1785 
取材:平成27.1.15(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込
原因解明
鷲東洋一さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (35) 鹿児島県鹿屋市
鷲東洋一さん

 建設関係の仕事をしており、会社の方から1級の資格を勧められたので取得しようと思いました。最初は独学で大丈夫だろうと妙な自信から試験を受け学科は合格しました。しかし実地で落ちてしまいました。学科は自己採点で点数が明確に分かるため安心しきっておりましたが、実地はどこで落ちたか不明確なため最後の最後まで分かりませんでした。そんな折、貴学院から「実地試験の結果はいかがでしたか?」と、試験会場でアンケートに応えていたので連絡があり、結果を伝えると「是非、当学院の実地を受けて下さい。」と担当者の熱意に圧され申し込みました。 すると作文の添削で指摘箇所が多々あり、はっきりと落ちた原因がわかり、何をしたら受かるのかも添削指導のお陰でわかりました。鹿児島の講習会場に2日間行き、講師の木村先生に丁寧にポイントを教えて頂き、1回目とは全く違った心境で試験に臨むことが出来、お陰様で合格することが出来ました。今後は工事もまだ大きな受注とまではいきませんが、会社の期待に沿うようにしっかりと勤めていきたいと思います。ありがとうございました。

鷲東洋一さん(ワシドウヨウイチ)〔九州建設専門学院No.359078〕
九栄会かわら版 平成27年7月号・・・No.1784 
取材:平成27.1.13(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求平成30年度(2018年度)講座申込