1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。
 こちらでは福岡市を除く福岡県内にお住まいの方の合格者の声を掲載しております。

181~200件表示(全270件掲載中)
上司の勧めにより挑戦
安元丈氏さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (37) 福岡県うきは市
安元丈氏さん

 建設会社に就職したものの土木工事は畑ちがいでしたので、日頃から土木の勉強の必要性を感じていました。そこに、上司から貴学院の講座案内を見せられて勧められましたので、検討の上入学することにしました。学習上気を付けた点は、実際にやっている土木工事と受験に出てる土木工事が規模的に違うので、講義をしっかり聞くしかないと思い、一所懸命勉強しました。幸いなことに講師の説明が上手でしたので、スムーズに理解することができました。そのおかげで、1級土木の学科試験に合格することができました。
 今後は、1級土木の知識を仕事にもっと活用していこうと思います。

安元丈氏さん(ヤスモトタケシ)〔九州建設専門学院No.2081990〕
九栄会かわら版 平成23年3月号・・・No.277 
取材:平成22.9.26(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
合格のための徹底した講義が気に入る
兼平宏祐さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (34) 福岡県直方市
兼平宏祐さん

 これからは資格の時代になる、という話をあちこちで聞くようになりました。実際建設関係の仕事をしていれば、そのように感じますし、それが資格取得しようと思った動機です。
 教えてくれる学校はいくつかあるようですが、こちらの徹底した教育内容が気に入り入学を決めました。
 仕事上必要な資格、持っていると為になる資格はまだまだあります。これを契機に取得しようと思っています。その時はまた貴学院の講義を受けたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

兼平宏祐さん(カネヒラコウスケ)〔九州建設専門学院No.71578〕
九栄会かわら版 平成23年3月号・・・No.265 
取材:平成22.9.26(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
会社と自分のために挑戦
鳥越廣海さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (56) 福岡県糸島市
鳥越廣海さん

 これから先会社に必要であり、また自分のために多く広く知識を高めるために1級土木に挑戦しました。
 貴学院に入学したのは学習時間を多くしたかったからと、同じことを何度もくり返し学習する場が欲しかったからです。おかげで学科試験に合格することができました。
 今後の抱負は自分に必要なものは数多く学び知識を広め、大きな仕事を安全にするための心構えもしたいと思います。

鳥越廣海さん(トリゴエヒロミ)〔九州建設専門学院No.2010000〕
九栄会かわら版 平成23年3月号・・・No.258 
取材:平成22.9.25(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
仕事の幅を広げるために新しい資格に挑戦
寺崎貴之さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (38) 福岡県行橋市
寺崎貴之さん

 自分の会社は造園の会社です。やっぱり造園の仕事しかできないので、これからは土木も始めたいと思って1級土木施工管理技士を勉強しようと決めました。
 入学の動機は造園の時にお世話になった学校で、その時も無事に合格ができたので、安心して申し込みました。
 学習ポイントは問題集を繰り返し練習することです。造園の時はCDだったので、車の中で聞いていましたが、土木は今度DVDになったので、それを見るためにナビを買って同じように車の中で見て勉強しました。今は板書が見られて勉強しやすくなりました。
 今後の抱負は実地に合格して土木の仕事を取ってきてこの資格を生かすことです。

寺崎貴之さん(テラサキタカユキ)〔九州建設専門学院No.312901〕
九栄会かわら版 平成23年2月号・・・No.234 
取材:平成22.9.16(黄)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
初心者でも勉強すれば取れます
宮原典子さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 女 (52) 福岡県筑紫野市
宮原典子さん

 この資格をとる動機は建設会社の経理をしているのですが、会社の経営審査の点数を上げるために、すこしでも会社のために役に立ちたいと思い、土木施工管理技士をとろうと思いました。
 学院を選んだ理由はいくつもありますが、ひとつは天神に学校があって通うのが便利なところ。あと、金額は他の学校よりも安いので、良心的な学校だと思いました。しかし最大の理由は、学院で合格した方から教えてもらったことです。同じ女性で学院で勉強して合格したから安心だし、信用できます。実際に入学して一緒に勉強していた方からも学院の教材は本当にいい。他の学校と比べてもはるかにいいと聞きました。
 学習のポイントは基本のことですが、欠かさずに毎回授業に出席すること。初心者でしたので、とりあえず5冊のテキストを全部読み終わりました。試験前の2週間は10年間の問題集をひと通り練習しました。先輩の教えはふた通り練習したほうがいいといわれましたが、やっぱりこれからの皆さんはこのくらいしたほうがいいと思います。学校に行くと、仲間もできて一緒に勉強ができていい競争にもなるし、もし学校に行かなかったら、多分受験もしなかったと思います。
 今後の抱負は実地に合格すること。この勉強を通して自信も付いたし、達成感も味わえました。もうそれだけで十分です。

宮原典子さん(ミヤハラノリコ)〔九州建設専門学院No.130392〕
九栄会かわら版 平成23年2月号・・・No.233 
取材:平成22.9.16(黄)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
毎日2時間集中しました
松浦靖史さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (49) 福岡県北九州市若松区
松浦靖史さん

 勤務先の社長より1級土木の資格者が会社内にいると1人につき5ポイント、2級なら3ポイントというように役所の査定が増えるし、本人の為だからと勧められたことが取得の動機です。
 実地試験までの受験準備期間はそう充分にはありません。よって通信ではありますが前年度100%の合格率であったこちらに入学しました。
 さて受験すると決まったからには本気で取り組みました。2時間ではありますが毎日みっちり集中したのです。特に記述作文には力を入れて丸暗記方式で勉強しました。
 今後の抱負としましては、せっかく勉強して取得した1級の内容を忘れる事のないように復習していきしばらくして落ち着いてからまた別の資格試験勉強に取りかかりたいと思っています。

松浦靖史さん(マツウラヤスシ)〔九州建設専門学院No.174072〕
九栄会かわら版 平成23年2月号・・・No.231 
取材:平成22.9.20(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
家業のために2級土木の資格取得
宗 隆文さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (42) 福岡県糸島市
宗 隆文さん

 家業を継ぐために2級土木の資格が必要になり、資格取得にチャレンジしました。過去には宅建の資格を独学で取得したので自信はありましたが、2級土木の試験には実地試験が伴うので独学では無理だろうと思いました。そんな時にライセンスメイトを見て貴学院の通信教育制度を知り、受講する事に決めました。
 最初の頃は仕事の疲れなどで毎月送付されて来る講義テープのノルマを充分に消化できずに焦る日もありましたが、妻子の励まし等によって最後までがんばることができました。勉強は講義テープと模擬試験の反復学習によって合格する力がつき合格することができました。御指導本当にありがとうございました。
 今後は資格を活かして家業を継いで会社の発展のためにがんばっていきたいと思います。

宗 隆文さん(ソウタカフミ)〔九州建設専門学院No.2016470〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.214 
取材:平成22.9.12(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
一日も休まず出席
田口政隆さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (34) 福岡県田川郡川崎町
田口政隆さん

 家が建設業を営んでいるため、土木は仕事上どうしても必要なので、今回1級に挑戦しました。2級土木、2級管工事、給水装置工事主任技術者と貴校で合格させて頂いてたので、今回もお願いしました。
 仕事で忙しいので、やはり学校に行かないと家ではなかなか勉強できませんよね。教室の中で勉強したことは集中しているせいか、頭に残ります。とにかく一日も休まず出席しました。先生が熱心に教えてくださり、大事な所は聞き逃さないようにして家では試験直前に問題集を解くだけでした。休みが日曜しかないのできつかったですが、通って良かったですね。
 まずは学科試験に合格できて、ほっとしています。次は実地合格に向けて全力で取り組むだけです。今年一回で合格したいので、引き続きご指導下さい。また、合格したら下水道の資格に挑戦したいと思っております。その節はまたお世話になるかと思いますので、宜しくお願いいたします。

田口政隆さん(タグチマサタカ)〔九州建設専門学院No.226326〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.200 
取材:平成22.8.29(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
学校で勉強するのが最善の方法です
古賀政和さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (34) 福岡県糟屋郡篠栗町
古賀政和さん

 仕事上必要なので、1級に挑戦しました。丁度会社にDMが届き、貴校が日曜日の講義だったので、申込しました。日曜しか休めないことと、生講義を行っていたこと、何よりも合格率の高さが決め手でした。
 家だと勉強しないので、多少遠かったですが、学校は一日も休まず、出席しました。でも通うだけの価値はありました。目の前で先生がわかりやすく的確に熱心に教えて下さるし、他の生徒さんも真剣に勉強している姿が励みになりました。勉強するうえで良い刺激となりました。
 問題の出題傾向も教わり、できるだけ過去問題も勉強しました。お蔭様で学科は何とか合格できました。先生、ありがとうございました。
 次は実地試験です。実務はあるんですが、作文となると苦手です。貴校で添削指導をして下さるとの事なので早く書いて提出したいと思います。また、2日間の講習も出席しますので、宜しくご指導お願いいたします。合格したら、次は建設機械を取得したいと思います。

古賀政和さん(コガマサカズ)〔九州建設専門学院No.309813〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.199 
取材:平成22.8.30(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
効率的な勉強の仕方を教わった
井本恵子さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 女 (61) 福岡県行橋市
井本恵子さん

 福岡で建設業を営んでいます。仕事上必要なのでまずは管工事を取得しようと考えていたところ、丁度貴校より案内書を頂き、合格率が良かった事と生講義をされていたので、入学しました。何も持たないので2級からと思っていたんですが、事務局の方から1級を勧められて、同じ勉強をするなら点数も高い1級の方がいいので去年挑戦し、合格しました。
 全くの初心者で不安でしたが、学校の指定したテキストに基づいて先生が的確かつ効率的な勉強の仕方を教えてくれるので安心しました。また、過去問題も解説をよく聞いて、どうして間違えたのかを徹底的に追求しました。問題の出題傾向が解るようになったので、勉強していて楽しかったです。その方法も先生から教わりました。
 見事合格し、管工事と土木は問題が共通しているので、いつかするなら勉強の癖がついている今しかないと思い、また周囲からの勧めもあって続けて貴校に頼み、今年は1級土木施工管理技士学科試験に挑戦し合格できました。勉強の仕方は管工事と同じく先生が合理的に教えて下さったので、最初の時のような不安はなく安心して勉強することができました。また、女性の生徒さんも意外と多かったので、それも支えになりました。
 初心者の私が見事ふたつの試験に合格できたのは、やはり先生方のご指導があったからこそです。学校で勉強しなければ到底無理でした。先生方、職員の皆様、本当にありがとうございました。次はいよいよ実地試験です。今年何としても合格したいので、引き続きご指導下さい。宜しくお願いいたします。

井本恵子さん(イモトケイコ)〔九州建設専門学院No.144642〕
九栄会かわら版 平成23年1月号・・・No.197 
取材:平成22.8.29(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
自分だけの問題集を作った
月足美千代さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 女 (43) 福岡県八女市
月足美千代さん

 取得の動機は経営事項審査の点数に有利な為に資格を取得しようと思いました。丁度その頃会社に学院の方から案内のお電話があった時に応対が感じ良かったし通信講座の合格率も高かったので入学しました。学校まで遠いので通信で勉強しました。自分だけの問題集を作りノート一冊分にまとめそれを重点的に勉強しました。昼間仕事なので勉強は子供達が寝静まった夜に集中してやりましたが会社も協力してくれて、忙しくない時は昼間会社でも勉強をさせて頂けたのには助かりました。現場経験がほとんどないので実地試験は不合格だと思ってたんですが、学院から合格の連絡を頂いた時も信じられませんでした。先生の熱心な御指導のお陰で合格できました。スタッフの皆様のも大変お世話になりました。ありがとうございます。
 これから現場での内容も少しでも理解できると思うし、会社にも貢献できると思います。

月足美千代さん(ツキアシミチヨ)〔九州建設専門学院No.231606〕
九栄会かわら版 平成22年11月号・・・No.139 
取材:平成22.8.9(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
仕事の幅が広がりそうです
白石憲太郎さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (30) 福岡県春日市
白石憲太郎さん

 今、勤めている会社ではずっと管工事メインで仕事をしています。その会社から幅を広げるために資格を取得するように勧められたことが2土木に挑戦した理由でした。
 学科については昨年、独学で合格しましたが、実地については全く経験がなかった為に落ちてしまいました。
 そこで今年はその実地の作成を見てもらえるこちらの学院にお願いすることにしました。 やり方は至ってシンプルでFAXのやりとりによる添削指導でした。完成した作成文は丸暗記して試験に臨み、無事合格することが出来ました。ありがとうございます。
 取得の動機が動機ですから、合格したからといってこれといって仕事上大きく変わったことはありません。ただ近い将来、資格を持っているという事が役に立つことが出てきそうです。
 よかったです。資格がないばかりに即対応できない事も多いでしょうから、そういう事はなくて済みそうです。

白石憲太郎さん(シライシケンタロウ)〔九州建設専門学院No.106670〕
九栄会かわら版 平成22年11月号・・・No.133 
取材:平成22.8.5(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
日曜コースで集中して勉強できた
力丸 弘さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (50) 福岡県古賀市
力丸 弘さん

 会社が管工事をやっている設備会社で、福岡市水道局の発注する3000万円以上の工事を受注するため1級土木施工管理技士の資格が必要でした。学院を選んだのは2級土木施工管理技士を取得した際も、学院にお世話になったのですが、講義の内容が分かりやすかったからです。また、学院には日曜コースがあり、時間がゆっくり取れて集中して勉強が出来たのも良かったです。
 学習の最大のポイントは予習と復習です。特に先生の話をしっかり聞いて、重要だと言われたところには、テキストにマーカーで色をつけて覚えました。仕事の合間を見つけて勉強しましたが、1級土木は範囲もひろくやはり難しかったです。合格できて本当に良かったです。
 今後は、設備業者なので施工管理も必要ですが、設備設計も必要ですので建築設備士を取得したいと思っています。

力丸 弘さん(リキマルヒロシ)〔九州建設専門学院No.110817〕
九栄会かわら版 平成22年10月号・・・No.112 
取材:平成22.7.16(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
毎日コツコツと
廣渡直哉さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (34) 福岡県遠賀郡水巻町
廣渡直哉さん

 自分自身のキャリアアップと将来に向けての準備の為、1級土木施工管理技士は取得したい資格でした。土木の仕事で10年以上やっていましたので、ある程度の自信は持っていました。問題集等で勉強し、学科試験までは良かったのですが実地試験が難しくなっており、1回目は失敗しました。
 その時の試験終了後のアンケートに答えていたこともあり、学院の合格率の高さを知って、2回目の実地は講座を受けました。絶対に取得してやるという自分自身の決意はもっていましたが、実地の講義や作文の指導にも助けられました。毎日コツコツと反復学習すれば必ず結果もついてきます。自分自身に対する会社からの評価も変わった気がします。機会を見つけて、他の免許や資格を取っていこうと思っています。

廣渡直哉さん(ヒロワタリナオヤ)〔九州建設専門学院No.305798〕
九栄会かわら版 平成22年10月号・・・No.109 
取材:平成22.7.15(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
五郎丸先生の指導がわかりやすかった
秋本千尋さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 女 (27) 福岡県北九州市門司区
秋本千尋さん

 親戚の方が土木関係の会社をやっていたので、中学時代からいろいろと仕事を手伝っていて、土木の仕事が好きで資格が欲しいと思っていました。そんな時に1通の手紙が届いたのですが、それが学院の講座案内でした。北九州の地元の学校もあって受けて勉強したのですが、ピンときませんでした。
 「2級土木施工管理技士合格率100%」と書いてあったのを見てこれだと思い受講しました。受講して1級、2級ともに学科は一発で合格できました。土木施工管理技士試験は範囲が広く、独学だとどこをどうやったらいいか的を絞りにくいのですが、五郎丸先生が重要ポイントをプリントにまとめて下さったり、この問題をやりなさいとズバリと言って下さり、とても勉強がしやすかったです。また、苦手な問題は繰り返し勉強してパターンを覚えるようにしたのが良かったと思います。2級も1級も今年こそ全て合格したいです。

秋本千尋さん(アキモトチヒロ)〔九州建設専門学院No.297512〕
九栄会かわら版 平成22年9月号・・・No.78 
取材:平成22.7.2(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
目標は監理技術者
奥 章人さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (28) 福岡県宮若市
奥 章人さん

 1級土木の資格を取ろうとしたのは、会社から経審のランクを上げたいから取ってくれと言われたからと、自分も1級土木の資格を取って監理技術者になりたかったからでした。
 学院に入学した理由は、実地試験の会場で学院のアンケートに答えたら、早速実地研修の案内が届いたので学院に決めました。
 実地の作文が一番苦手だったので、特に力を入れて教えてもらいました。その結果、合格答案が書けるようになりました。作文以外の選択問題についても講義の中で先生が「ここが重要なのでマークしとくように」と言われた重要箇所には赤丸をつけて、重点的に繰り返し勉強するようにしました。そうしたら本試験で予感が的中して合格することができました。
 これで1級土木の資格が取れましたので、今後は監理技術者として現場で活躍したいと思っています。それから老化予防のために建機の資格にもチャレンジしようと思っています。

奥 章人さん(オクアキト)〔九州建設専門学院No.205500〕
九栄会かわら版 平成22年8月号・・・No.39 
取材:平成22.6.16(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
将来の転職に備えて
入澤光成さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (35) 福岡県久留米市
入澤光成さん

 会社の中で1級土木の資格を持った社員が2人しかいなかったし、同僚にも触発されて自分も1級土木の資格を取って、会社のランクを上げようと思ったのが動機でした。会社の同僚が既に学院の受講生だったことと、日曜日が都合よかったので学院に決めました。
 テキストや問題集の中で先生が指示した重要箇所を繰り返し学習しました。学習上工夫した点は、自分は覚えるのが苦手だったので重要箇所が8つあったら、そのうちの一番覚えやすいものに絞って確実に覚えるようにしたことです。この方法で確実に点数が取れるようになりました。
 今の会社では2級土木があれば十分仕事ができます。今しばらくは今の会社で頑張っていきますが、ゆくゆくは1級土木の資格を活かして転職を考えています。

入澤光成さん(イリサワミツアキ)〔九州建設専門学院No.114873〕
九栄会かわら版 平成22年8月号・・・No.38 
取材:平成22.6.15(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
業容拡大のために必要な資格
西住智彦さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (41) 福岡県福津市
西住智彦さん

 管工事業を専門でやってきましたが、業容を拡大して水道施設業もやれるようにしようと思って、土木の資格取得を目指しました。工事規模からすると2級土木でも十分でしたが、どうせ取得するなら1級土木と思って1級にチャレンジしました。
 学院を知ったのは、インターネットでした。学院に電話で問い合わせしたところ担当者が親切に説明してくれ納得したので学院に入学しました。
 学習は講義のCDを自宅や事務所や車の中にまで持ち込んで勉強しました。先生が指摘された重要箇所にはマークして重点的に繰り返し学習しました。実地の作文も先生がわかりやすく説明してくれたので、合格答案が書けるようになりました。しかし、本試験には想定外の問題が出ましたが、応用をきかして書いて無事合格する事ができ満足しています。
 今後の抱負としては、会社の若い従業員にも2級管工事の資格を取らせて陣容を固めたいと思っています。

西住智彦さん(ニシズミトモヒコ)〔九州建設専門学院No.128340〕
九栄会かわら版 平成22年7月号・・・No.35 
取材:平成22.6.16(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
経営に有利に資格
岩下広文さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (45) 福岡県朝倉市
岩下広文さん

 送電線の基礎工事会社の代表者で、まだ2級土木しか持っていなかったので、1級土木の資格を取れば有利になると思い挑戦しました。
 学院には以前、会社の従業員が2級土木を受講していた関係もあって、学院の1級土木(学科)の答練に申込みしました。
 何せ経営者であるので、勉強する時間はとても取れませんでした。そこで仕事が終わった後、深夜の2時3時とか早朝起きて受験勉強に当てました。とにかく時間がないので、学科の予想問題を重点的に繰り返し学習しました。お陰で学科は合格する事ができました。その後、実地試験にも合格できました。
 今後は1級土木の資格を経営に資するように活用していこうと思います。

岩下広文さん(イワシタヒロフミ)〔九州建設専門学院No.90524〕
九栄会かわら版 平成22年7月号・・・No.34 
取材:平成22.6.16(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
会社のランクアップのために
潮田顕士さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (29) 福岡県筑紫野市
潮田顕士さん

 会社から経審のランクアップのために、1級土木の資格を取るように言われたので受験しました。学科は自信があったので独学で受験しました。1級土木の学科試験の際に、試験会場で学院から実地研修のパンフレットをもらいました。実地作文は、先生の客観的な目でチェックしてもらわないとダメだと思い学院に入学しました。
 仕事が忙しくて、ゆっくり勉強する時間がなかったので、作文を客観的にチェックしてもらうと同時に、先生が指摘した重要箇所だけを重点的に繰り返し学習しました。お陰で作文も選択問題も合格点を取ることができ満足しています。
 今後は、1級土木の資格を活かして現場で頑張っていこうと思います。

潮田顕士さん(ウシオダアキヒト)〔九州建設専門学院No.339063〕
九栄会かわら版 平成22年7月号・・・No.33 
取材:平成22.6.16(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込