1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。
 こちらでは福岡県を除く全九州にお住まいの方の合格者の声を掲載しております。

221~240件表示(全395件掲載中)
授業には休まず出席しました
佐藤聖義さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (47) 大分県大分市
佐藤聖義さん

 会社からの要請で受講しました。貴学院への申込み手続き等も会社がしてくれたので、私は身一つ行くだけでした。仕事は10数年やっていて、それだけでも現場代理人としていけますが、やはり資格は持っておいた方がいいだろうという会社の判断でした。
 大分会場に通いましたが、先生の授業のレベルが高かったので、ついていくのに苦労しました。現場の経験は長いといっても測量などは門外漢だったので、その辺の知識はまるでありませんでした。それでも会社からお金を出してもらっているので授業は休むことなく出席しました。学科の授業が終わってからは、まだ理解していない所が多かったので自分なりに努力しました。作文は書き方がよく分らないなりも、いろいろ先生からポイントは教えてもらいました。学科も実地も不完全なまま本試験に臨みましたが、合格できたのは奇跡に近いです。今思うと休まず授業に出たことが良かったのかもしれません。ありがとうございました。

佐藤聖義さん(サトウキヨノリ)〔九州建設専門学院No.271447〕
九栄会かわら版 平成26年6月号・・・No.1393 
取材:平成26.4.24(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
メールで添削を受けました
尾上彬斗さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (25) 鹿児島県鹿児島市
尾上彬斗さん

 昨年学科だけは合格していたので今年は何としてもと思い、ネットで学校を探していたところ、貴学院が鹿児島で講座をされていることを知り申込みました。
 講義も1日だけだったので殆ど仕事にも支障がありませんでした。五郎丸先生の講義はとても分り易かったのですが、出来れば1日だけではなく、もう少しボリュームがあった方が良かったと思っています。施工作文に関しては、本当は直接面と向かってやり取りした方がいいのでしょうが、福岡と鹿児島ですので主にメールで行いました。可能な限り指摘や添削をして頂き、お陰様で合格することが出来ました。来年は1級を取得しようと思います。

尾上彬斗さん(オノウエアキト)〔九州建設専門学院No.274456〕
九栄会かわら版 平成26年6月号・・・No.1391 
取材:平成26.4.21(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
会社の代表としての自覚が強まった
遠藤秋広さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (49) 宮崎県日向市
遠藤秋広さん

 身内で土木工事業を営んでおり、20年以上作業員として業務に従事していました。ある時、私自身が会社の代表という立場になり事業継続のため資格取得を考えるようになりました。今まで与えられた仕事をこなす事に慣れていたので現場管理については基礎知識がなく不安だらけです。そんな時、貴学院の案内が届き受講を決意しました。
 休日や事務所であいた時間をうまく利用して勉強に取り組みました。講習での重要ポイントを中心に理解を進め、過去の試験問題を正解するまで何度も繰り返し解きました。講師の先生の話を集中して聞けば出題頻度の高い問題が自然と分かるようになります。特に実地の体験記述は貴学院の指導のお陰でよくまとまった記述が作成できたと思います。現場経験の浅い私にとってはとても心強かったです。地元の宮崎で通学できたことも有難かったですが、個人的な実務上の質問に対応してくれた講師の木村先生には大変感謝しています。学科、実地の両方に無事合格し今のところ1級の受験予定はありませんが、この年齢にして国家試験に合格したという自信がつき、また会社の代表としての自覚も強まりました。今後必要な資格があれば積極的にチャレンジしてみたいと思います。
 この度は直接指導していただいた木村先生、そして貴学院の皆様には大変お世話になりました。有難うございました。

遠藤秋広さん(エンドウアキヒロ)〔九州建設専門学院No.195109〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1382 
取材:平成26.3.29(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
DVDで基礎から勉強できました
赤石勇気さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科) 男 (27) 鹿児島県霧島市
赤石勇気さん

 土木の仕事は7年ぐらいしており、そろそろ何か資格を取りたいと思ったのが土木施工管理技士を受験するきっかけでした。インターネットで資料請求をしまたが、貴学院が鹿児島でも生講義をやっているということで申込しました。しかし自分の場合、日曜日も仕事のことが多く通学はできませんでしたが、サポートで教務課からDVDを送ってもらい勉強することができて良かったです。
 私は現場経験はありますが、土木工学などの勉強はしたことはありませんでした。しかしDVDで基礎から勉強することができました。実際の現場で使う言葉と試験に出てくるような言葉は違いますし、一つ一つその内容を自分で調べていくには時間がかかります。貴学院の教材では先生がポイントを分り易く解説してくださいますので、しっかり勉強することができました。試験では、学科は自信がありはっきり言って15分ぐらいで解き終わりました。でも、実地は仕事が忙しく勉強する時間もなく、自信もなかったので受験せずに退席して帰りました。お陰様で学科は1回で合格できました。
 今年は実地に絞って勉強できますので、早速貴学院の実地対策に申し込み勉強を始めています。今年2級土木に合格したら、次は建築施工の資格を取得したいと思っています。

赤石勇気さん(アカイシユウキ)〔九州建設専門学院No.355557〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1380 
取材:平成26.3.30(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
アンケートがきっかけで入学
村田昌平さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (32) 鹿児島県姶良市
村田昌平さん

 家業が造園業をやっており、土木の資格は関連で必要でした。2級の土木施工管理技士は持っていましたが、1級の資格を取るのに5年間あいだを開ける必要があると思っていたので受験が今年になりました。実際は、もう少し早く受験できたようです。学科の試験が終わった後試験会場の入り口で受験アンケートをしており、その時に対応してもらった方から学科が合格されてるようだったら実地は難しいから私たちの対策講座を是非検討してくださいと名刺と資料をもらっていました。貴学院から解答も送ってもらい自己採点して、学科が合格しているようだったので実地対策講座をお願いすることにしました。
 施工体験記述の添削指導もしているとのことでしたが、自分は仕事が忙しくなかなか取り掛かることができず、そのままになってしまいました。実務経験もあり、2級の時の感覚もあったので自信はありました。ただ直前に鹿児島市内であった2日間の実地対策の講義は参加してよかったです。ヒストグラムや含水率の計算、コンクリートの強度など、講習でここが重要ですと先生から教わったことがほぼ試験に出題されていたように思います。お陰様で実地も合格することができました。自分の場合は施工作文の添削指導をしてもらわなかったのですが、会社の他の社員が記述はほぼ書けていたのに不合格になってしまいました。施工作文がやはり重要だと思いました。有難うございました。

村田昌平さん(ムラタショウヘイ)〔九州建設専門学院No.209754〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1379 
取材:平成26.3.30(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
試験範囲を絞って勉強できました
中原孝樹さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (32) 佐賀県佐賀市
中原孝樹さん

 仕事上書類関係を作成する機会が多く、まだ土木の資格を持っていなかったので、そろそろ2級くらいは取得しておいた方がいいと思い受験しようと思いました。独学ではどうしても広範囲にわたってやらないといけないので試験会場で知った貴学院に入学しました。
 講義で先生から大事なポイントを教えていただいて、そこを重点的に勉強しました。今は現場へ出る機会はほとんど無いので、特に実地対策の講義ではいろんな工事例のことを勉強できて良かったです。2級に合格したので次は1級に挑戦しようと思っています。この度は大変お世話になり有難うございました。

中原孝樹さん(ナカハラコウキ)〔九州建設専門学院No.356735〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1371 
取材:平成26.3.27(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
鋼構造物塗装がなんと1回で合格できました
石澤敦行さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (24) 鹿児島県出水市
石澤敦行さん

 自営業で仕事柄、2級土木でも鋼構造物塗装の資格が必要なので受講しようと思いました。独学では難しいと思い、学校へ行って勉強しようと色々とネットで捜したのですが鋼構造物塗装をやっている学校が無く、唯一貴学院が対応してくれるようだったので入学しました。
 講義は休まず、毎回自家用車で出水から鹿児島市内まで受けに行きました。五郎丸先生の講義はとても分り易く理解出来ました。特に実地試験の施工作文に関しては、鋼構造物塗装の内容なのに添削指導していただいてとても助かりました。仕事をしながらの勉強で大変でしたが、1回で合格したかったので毎日仕事から帰って必ず勉強時間をコンスタントに取ってやりました。お陰様で1回で合格できて良かったです。いろいろとお世話になりました。次は建築施工管理技士に挑戦しようと思っています。

石澤敦行さん(イシザワアツユキ)〔九州建設専門学院No.202581〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1370 
取材:平成26.3.26(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
詳しく添削してくれたので助かった
東 信彦さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (44) 熊本県熊本市北区
東 信彦さん

 この資格を取得しようと思ったのは、勤めている会社で必要だったからです。
 学科は独学で勉強しましたが、実地の方は作文の書き方等が全く分からず、インターネットで学校を探したところ、貴学院の内容が一番良さそうだったので、入学しました。
 合格するために特に力を注いだのが、施工体験記述です。五郎丸先生が、赤ペンで詳しく丁寧に添削してくれたお蔭で、初心者の私でも非常に分り易く理解する事が出来たと思います。なぜそのようになるのか理由を書いて文章は分り易く表現するのがポイントだという事を教わり、とてもためになりました。本当に有り難うございました。
 今後は2級建築士の資格にも興味がありますので、これを武器に現場で少しずつ活かしていくように頑張りたいです。

東 信彦さん(ヒガシノブヒコ)〔九州建設専門学院No.149959〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1366 
取材:平成26.2.20(佐竹)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
五郎丸先生の指導が素晴らしかった
七夕陽志さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (32) 鹿児島県鹿屋市
七夕陽志さん

 学科に引き続き、実地も貴学院で受験対策を受けました。
 とにかく五郎丸先生の指導が的確で素晴らしかったです。話が聞き取りやすく、ここが出ますというところが試験でも出題されました。勉強は先生が言われるとおりにしっかり勉強しただけです。前もって施工作文の添削もして頂きましたが、試験前日にもう一度見返しただけでした。ストレートに1回で合格できて本当に嬉しかったです。五郎丸先生の的確なご指導のお陰です。
 次は舗装技術者などの資格も取っていきたいと思っています。有難うございました。

七夕陽志さん(タナバタヨウジ)〔九州建設専門学院No.170176〕
九栄会かわら版 平成26年4月号・・・No.1355 
取材:平成26.2.26(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
五郎丸先生の実地対策がとても良かった
日笠山 誠さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (37) 鹿児島県薩摩川内市
日笠山 誠さん

 2級土木施工管理技士の試験は、これまで学科は合格しても実地で不合格というのを繰り返して6回も受けました。6回目の正直で今回合格することができました。これまで協会の短期の講習を受けたりしましたが、先生が教科書を棒読みするような内容で、お金をドブに捨てるようなものでした。
 昨年の合格発表の後に貴学院から電話をいただき、鹿児島でも生講義をしており実地だけでも受講できるとのことで、会社の他の者と2人で受講しました。今回2人とも合格できましたので、貴学院で受講して本当に良かったと思っています。鹿児島での講習は1日だけだったのですが、その前に施工作文の添削指導を受けました。講習での五郎丸先生の解説は非常に分り易く、どうしたら合格できるかのポイントをしっかり押さえることができました。先生が指摘されたところが試験でそのまま出ていたように思います。また、論文の書き方も分り易く、先生から添削してもらったものをそのまま書きました。次は1級土木を取得したいと思っています。有難うございました。

日笠山 誠さん(ヒカサヤママコト)〔九州建設専門学院No.343763〕
九栄会かわら版 平成26年4月号・・・No.1353 
取材:平成26.2.6(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
知人の先輩からの激励で一念発起しました
伊藤孝志さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (44) 大分県日田市
伊藤孝志さん

 土木の仕事には長年携わっており、2級土木の方は20代の頃に取得していました。それからだいぶ時間が経ちましたが、ある知り合いの先輩に1級を取りなさいと激励を受けたことがきっかけで1級に挑戦しました。
 最初は独学で受験し、学科の点数が微妙だったので1回目の実地は学科試験の発表後から勉強に取り掛かりました。これが失敗でした。2回目の実地試験では貴学院にお世話になりました。今回は選択問題を重視し、正解率を合格基準まで引き上げるまで繰返し過去問題を解きました。作文は自信があまりなかったのですが、先生の指導に助けられ無事に合格することができました。
 今後は資格を活かし、会社や社会に貢献したいと思っております。有難うございました。

伊藤孝志さん(イトウタカシ)〔九州建設専門学院No.354458〕
九栄会かわら版 平成26年4月号・・・No.1350 
取材:平成26.2.15(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
通信DVD講座で粘り勝ち
知念治樹さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (34) 沖縄県南城市
知念治樹さん

 土木の仕事に携わって13年以上になりますが、ようやく1級に合格することができました。職場でも1級土木は持っていて当たり前と言われていたので早く取らなければという気持ちでした。島から島へ移動する事が多いので学校に通う事は頭になく、貴学院の通信DVD講座で勉強を始めました。昼休みは車の中で勉強し、机に向かえる時はDVDでといった具合にとにかく空いた時間を有効に使うことが大事だと思います。学科は通るが、実地で通らないというパターンに苦しみましたが、今年どうにか実地もクリアーしました。受験期間が長引くと集中力も落ちやすいです。特に今回は作文以外の選択問題がはかどらず、言葉が入ってこないという感じでしたが、繰り返して書き続け粘り勝ちに持ち込みました。貴学院の教材があってこそだと感謝しています。資格を取ってからは現場で活躍できるよう頑張りたいと思います。有難うございました。

知念治樹さん(チネンハルキ)〔九州建設専門学院No.240471〕
九栄会かわら版 平成26年3月号・・・No.1325 
取材:平成26.1.17(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
講義の休憩時間に先生に質問できたのが良かった
中野善文さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (27) 熊本県宇城市
中野善文さん

 自営で昔から建設業をやっています。道路の鋼構造物や排水工事を主にやっています。仕事上、そろそろ1級を取らないといけないと思い受験しようと思いました。学科は何とか合格できたのですが、実地の勉強は自分でやるのは自信が無かったので、ちょうど試験会場で貴学院の事を知り、熊本教室で実地試験対策講座を受講することにしました。多分、独学でやっていたら漠然としていたと思います。
 作文を先生から添削指導してもらったり、講義ではポイントをしっかり教えて頂いたり、計算式も分り易く丁寧に説明してもらったのは良かったです。また、講義の休憩時間に五郎丸先生に質問できたのはとても助かりました。試験前は、自営業なので比較的昼間でも勉強時間が取れたのも良かったです。これから仕事が忙しくなりそうなので、その前に合格できて本当に良かったです。有難うございました。

中野善文さん(ナカノヨシフミ)〔九州建設専門学院No.352267〕
九栄会かわら版 平成26年3月号・・・No.1324 
取材:平成26.1.29(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
細かい指摘が参考になりました
井上 司さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (41) 佐賀県佐賀市
井上 司さん

 前回の1級土木の学科に続いての実地試験でした。佐賀会場の堀越先生は学科と同様、実地での授業も分り易く教えてもらい助かりました。DVDも繰返し見ましたので頭にちゃんとインプットできました。肝心の施工作文の添削も、初回にいろいろ細かい所を指摘していただいたお陰で回を経るごとに点数の取れる作文に仕上がったと思います。
 念願の1級土木が取れたので次は機会があれば何か考えたいと思います。大変お世話になり有難うございました。

井上 司さん(イノウエツカサ)〔九州建設専門学院No.350659〕
九栄会かわら版 平成26年3月号・・・No.1323 
取材:平成26.1.29(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
熊本教室の講義が分り易かった
徳冨祐一さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (39) 熊本県熊本市東区
徳冨祐一さん

 会社は主に林道工事をやっています。仕事上、1級が必要なので受験しようと思いました。学科試験は何度か合格したのですが、実地試験の方が独学ではなかなか合格できませんでした。試験会場で貴学院の事は知っていたので、今度は学科発表後すぐに申込みをしました。やはり独学の時とは違い気分的に随分楽でした。先生からしっかりと施工作文の添削指導をしてもらい、そして熊本教室で五郎丸先生の講義を受けていたのですが、ポイントを押さえたとても分り易い講義で、計算式の所も計算の仕方から教えて頂いたのでとても助かりました。今まで何度か実地試験を受けましたが、今回の試験が1番楽に解答できました。
 貴学院で勉強して本当に良かったです。先生にはとても感謝しております。これから1級土木の技術者として会社にしっかり貢献できる仕事をやっていこうと思います。

徳冨祐一さん(トクトミユウイチ)〔九州建設専門学院No.358228〕
九栄会かわら版 平成26年3月号・・・No.1322 
取材:平成26.1.28(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
失敗を重ねて勝ち取った合格
安達正洋さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (42) 熊本県宇土市
安達正洋さん

 今回、4回目の実地試験でようやく合格することができ、ひと安心というところです。合格基準が公表されていないのではっきりしませんが、貴学院で講習を受けた時に自分が勘違いし、基準点をかなり甘くみていた事に気付きました。目標を見誤るとうまくいかないものです。勉強の方法についてはテキストや過去問に目を通すのはもちろんですが、私の場合は見るだけではなかなか頭に入らないのでひたすら書いて覚えました。短期集中ではありましたが、事前の準備があったので合格できました。実地試験では苦労も多かった分喜びもひとしおです。諦めずに受講して良かったです。測量や建築、コンクリートなど興味がある資格にも今後挑戦していきたいと思っています。有難うございました。

安達正洋さん(アダチマサヒロ)〔九州建設専門学院No.345672〕
九栄会かわら版 平成26年3月号・・・No.1321 
取材:平成26.1.16(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
先生の予想どおりで対策が取れました
松岡隆司さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (37) 宮崎県日向市
松岡隆司さん

 現場の仕事が忙しく勉強する時間があまりなく、これまで学科の試験は合格できても実地で失敗していました。そんな時に会社からの勧めで貴学院の実地対策を受けないかと言われたのが受講のきっかけでした。現場の都合で直接、講習に参加するのが厳しかったので、通信教育で受講しました。
 1級になると問題が難しくなるので参考書だけではなくDVDで解説があったのは助かりました。また、施工作文を先生に見てもらい、それぞれ添削してもらいました。試験は先生が予想していた工程管理が出て、しっかり対策をとっていましたので大丈夫でした。
 これからも何でも取れる資格は取っていきたいと思っています。有難うございました。

松岡隆司さん(マツオカリュウジ)〔九州建設専門学院No.56573〕
九栄会かわら版 平成25年12月号・・・No.1210 
取材:平成25.9.2(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
学校で型にはめてやれて良かった
内田義昭さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (42) 長崎県佐世保市
内田義昭さん

 会社は水力発電・変電設備の送電線の保守管理・工事をやっています。特に土木工事においては水力発電所の建設工事、河川の保護工事・堆砂処理工事をやっている関係で会社から1級土木を取得するよう言われたので挑戦しました。
 独学では試験直前にしか勉強しないと思うので学校を利用しようと思っていたところ、貴学院より案内が届いたのですぐ入学しました。今回学校を利用して良かった事は自分自身を型にはめて勉強できたのが良かったです。勉強は仕事が終わって夜に重点的にやりました。特に試験前は問題を数多くやったのも良かったです。
 引き続き現在も実地対策でお世話になっていますが何とか実地も1回で合格できるよう宜しくお願いします。

内田義昭さん(ウチダヨシアキ)〔九州建設専門学院No.354466〕
九栄会かわら版 平成25年11月号・・・No.1204 
取材:平成25.9.17(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
実地も気を抜かずに
熊谷寿之さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (52) 大分県中津市
熊谷寿之さん

 何回か受験で失敗して、学校で勉強しなければと思っていたところ、たまたま会社へ案内のFAXが届き、問合せをしました。自宅で土木工事をやっているので、仕事上は絶対必要です。先生の教え方はとても分り易く、プロジェクターを使ってポイントを要領よく教えてもらいました。中津からだったので全部は出席できませんでしたが、何とか学科は合格できました。次は実地試験です。ここも気を抜かずに頑張ります。

熊谷寿之さん(クマガイヒサユキ)〔九州建設専門学院No.286462〕
九栄会かわら版 平成25年11月号・・・No.1193 
取材:平成25.9.3(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
土木・建築ダブル合格を目指す
井上 司さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (41) 佐賀県佐賀市
井上 司さん

 平成24年の試験を受けた時にアンケートに応えたのがきっかけで貴学院からDMが送られてきました。福岡は遠いなと思っていたら会場が佐賀だったのですぐに申込みました。生徒さんの人数はそんなに多くありませんでしたが、先生は親身に教えて下さり、資料も分り易く良かったです。
 会社は建築業なので土木は専門ではありませんが過去問をたくさん解きました。お蔭で本試験では午前の問題は6割、午後は9割以上正解することができました。次は実地ですがこれもしっかり勉強してクリアしようと思います。実は1級建築施工の学科も今年合格することができ、建築・土木とダブルで実地を受けることになります。頑張りたいと思います。

井上 司さん(イノウエツカサ)〔九州建設専門学院No.350659〕
九栄会かわら版 平成25年11月号・・・No.1192 
取材:平成25.9.2(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込