1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。
 こちらでは福岡県を除く全九州にお住まいの方の合格者の声を掲載しております。

261~280件表示(全395件掲載中)
99%高い合格率
鶴本和久さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (34) 熊本県宇土市
鶴本和久さん

 独学で勉強した1回目の試験はうまくいかず、自宅に届いたダイレクトメールの案内で目にした99%という高い合格率に惹かれて入学を決めました。
 以前は勉強の仕方が分からず、同じところでつまづいたりしましたが、貴学院の先生がピンポイントに分かり易く講義をしてくれたので、勉強のコツをつかむことができ、重要な所を繰り返し学ぶことで、見事試験に生かせたことがとても嬉しかったです。
 この資格は、仕事では持っていて当たり前なので、やっとみんなに並ぶ事が出来ました。祝賀会には是非参加させて頂きたいと思っています。

鶴本和久さん(ツルモトカズヒサ)〔九州建設専門学院No.350723〕
九栄会かわら版 平成25年8月号・・・No.1100 
取材:平成25.3.12(井上)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
確実な合格をめざして
橋口普久さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (36) 佐賀県武雄市
橋口普久さん

 確実に一度で合格をしたくて、兄が以前そちらでお世話になっていた事もあり、その勧めで貴学院に入学を決めました。
 一人では理解し難い所も、講義ではポイントポイントでまとめてあり非常に分かり易く積極的に勉強に取り組む事が出来ました。
 資格をとった事は、会社のためになり、これからの事業にどんどん繋がっていき、視野も広がり、会社と自分自身の励みになっています。有難うございまいした。

橋口普久さん(ハシグチタカヒサ)〔九州建設専門学院No.182761〕
九栄会かわら版 平成25年8月号・・・No.1099 
取材:平成25.3.12(井上)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
今までで一番役に立った講義内容
松本健吾さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (33) 熊本県熊本市中央区
松本健吾さん

 コンサルティングの仕事をしています。発注関係の業務で1級土木の資格がないと出来ないものもあり、支障をきたす場面が多々ありました。また、この資格があれば会社の評価点も上がりますので、前々から取得したいなと考えていた資格でした。
 独学で長いこと挑戦していましたが、なかなか合格出来ずにいました。今回4回目の実地試験でようやく合格することが出来、貴学院に入学して良かったと感謝しています。
 実は、会社の絡みで協会の講習をよく利用しております。貴学院が熊本でも講習会を開く事を知り、入学を決めたのですが、正直見た目も変わらないので、内容も協会のものと大して変わらないだろうと思っていました。ところが、実際に講義を受けてみると、ポイントを掴むための内容がとても凝縮されていて協会の講義内容とは全く違いました。2日間の短期間という集中的な講義ですが、的が絞ってあるので、とても役に立ちますし、時間がない方にもお勧め出来ると思いました。
 最終目標を技術士に置いていますので、引き続き勉強に励みたいと思っています。この度はお世話になりました。有難うございました。

松本健吾さん(マツモトケンゴ)〔九州建設専門学院No.29744〕
九栄会かわら版 平成25年8月号・・・No.1094 
取材:平成25.1.15(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
実地試験も無理なく突破
大石 務さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (35) 長崎県松浦市
大石 務さん

 貴学院には昨年からお世話になっており、1級の土木と造園を受講しました。
 現場を抱えながらの勉強でしたので、同じ年に2つの資格を取得することは並大抵の努力では出来ません。学科試験は同時に合格出来ましたが、実地試験の方は勉強不足でどちらも不合格でした。今年はラストチャンスという事もあり、貴学院の実地対策講座を引き続き受講する事にしました。昨年とは違い、今年は実地試験に集中することが出来たので、上手く勉強を進めることが出来ました。
 勉強は繰り返しDVDを見る方法がやはり一番効果的だと思います。独学では自分で解説を読み解く力が要求されますが、五郎丸先生の講義は細かい所までしっかり解説されていて、とても分り易かったです。体験記述も添削していただけるので、試験本番までに頭に叩き込みました。2度目の挑戦で無事に合格出来て良かったです。
 今後も他の試験を受けてみたいと思う気持ちがありますが、実務経験がまだまだ不足しておりますでの、しばらくは仕事に精を出していきたいと考えています。この度はお世話になりました。有難うございました。

大石 務さん(オオイシツトム)〔九州建設専門学院No.343202〕
九栄会かわら版 平成25年8月号・・・No.1093 
取材:平成25.1.15(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
貴学院の添削問題が本試験に出ました
早田直正さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (43) 沖縄県沖縄市
早田直正さん

 私は仕事で資格が必要になり、独学で勉強していましたが、なかなか合格できませんでした。出張先の福岡で試験を受けることになった時、貴学院のチラシを頂き受講することになりました。仕事柄、転々としているのですが、その度に現地へ教材を送って頂きました。通信教育といっても生講義を録画したDVDと資料だったので、肌身離さず持ち歩いて、移動中も勉強しました。
 実地の添削指導では、2回目からコツを掴むことができ、それからは全ての課題で五郎丸先生の合格の返事をもらうことができました。受講していて一番良かったことは、添削問題がそのまま本試験に出たことです。先生にはとても感謝しています。
 この資格を取得したことによって給料も上がり、営業所の所長にもなれます。今後も色々な資格を取りたいと思い、次は造園の勉強をしたいと考えています。
 現在、沖縄で仕事をしていますが、12月の祝賀会には是非福岡まで行きたいと思っています。大変お世話になりました。

早田直正さん(ソウダナオマサ)〔九州建設専門学院No.350710〕
九栄会かわら版 平成25年8月号・・・No.1090 
取材:平成25.1.28(髙山)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
講義を受けて気持ちが引き締まった
渡邊 徹さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (26) 熊本県球磨郡あさぎり町
渡邊 徹さん

 2級土木施工管理技士を取得してから3年くらい経ち、そろそろ1級を取得しようと思い立ちました。学科試験は独学でもスムーズにいったのですが、実地試験で失敗してしまい、2回目も独学でするのは不安でした。どこか学校を利用した方がいいと考えていた矢先、学科試験の会場でアンケートに答えていた貴学院から実地対策の案内が届き、丁度会社の事務が探していた学校と同じ所だった為すぐに申し込みをしました。
 2日間の実地研修でしたが、熊本市内の教室まで受けに行って良かったです。教室では同じ試験に向けて頑張っている人たちと肩を並べて勉強出来ますので、自分ももっと頑張らなければという風に気持ちが引き締まりました。また先生の講義内容も非常に分り易かったです。どこに重点を置いたら良いかをポイントを絞って教えてくれましたので、独学の時とは違い、とても効率良く勉強が出来たと思います。
 無事に合格することが出来、感謝しています。色々とご指導有難うございました。

渡邊 徹さん(ワタナベトオル)〔九州建設専門学院No.349936〕
九栄会かわら版 平成25年8月号・・・No.1088 
取材:平成25.1.31(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
電話で質問できたのが良かった
浪瀬久人さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (35) 熊本県天草市
浪瀬久人さん

 1級土木施工管理技士を取得しようと思ったのは、2級では大きな工事の際、現場の監理が出来ないという総合評価の点と、同年代で1級を取得している人がいたのがきっかけです。また将来の事も考えて早目に挑戦しようと思いました。
 学科試験は独学で合格出来ましたが、実地試験で失敗してしまい、翌年も失敗すると振り出しに戻ってしまうという不安がありましたので、今年は必ず合格したいと思い、1級管工事の試験の時に模範解答等を送ってもらい色々とお世話になった貴学院の通信コースに申し込みました。
 特に勉強していて苦労したのは体験記述の問題でした。土木の現場経験が少ないので、担当の五郎丸先生に電話で何度も質問しました。学科試験と違い、実地試験はどこが悪かったのかというはっきりした結果が公表されないため、五郎丸先生からの指導はとても助かりました。実際本番の試験では思うように体験記述の問題が書けず、正直今回も駄目かもしれないと多少不安でしたので、合格発表の朝、貴学院より合格の電話をいただいた時は本当に驚きました。また本当に嬉しかったです。五郎丸先生、職員の皆さん、本当にお世話になりました。心から感謝しております。
 今後の目標は、電気工事施工管理技士に挑戦する予定ですので、また機会がありましたら宜しくお願いします。

浪瀬久人さん(ナミセヒサト)〔九州建設専門学院No.312537〕
九栄会かわら版 平成25年7月号・・・No.1087 
取材:平成25.1.15(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
学校から送られてくる教材で十分合格
匿名希望さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (31) 佐賀県武雄市
匿名希望さん

 建設関係の仕事をしていますので、どうしても資格を取りたくて挑戦しました。以前試験を受けた際に、貴学院のアンケートに回答した関係で、定期的に講座の案内が届いており、職員の方の熱心な勧めで入学しました。
 勉強は貴学院から送られてきた教材のDVDと資料を中心にしました。資料の内容が良かったので、それだけで十分でした。DVDはテキストを読むだけよりもポイントがつかめてとても役に立ちました。
 直前の答案練習会で問題を数多くこなし、解説をしっかり覚えたのが合格に繋がったと思います。
 今後1級も取りたいと考えていますが、仕事が忙しくてなかなか本格的に取り組めていません。必要に迫られたら真剣にするつもりなのでその時はまたお願いすることになるかもしれませんが、宜しくお願いします。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.273285〕
九栄会かわら版 平成25年5月号・・・No.1009 
取材:平成24.10.5(原田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
早めに準備に取り掛かることがポイント
匿名希望さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 女 (35) 長崎県佐世保市
匿名希望さん

 実家が建設関係のため、資格を持っていたら仕事に役に立ち、また手当などで優遇されると考えて、2級土木施工管理技士の資格を取得しようと決めました。身内の者が1級管工事で以前お世話になり、合格することができたので、その勧めもあって貴学院に入学しました。
 送られてきたDVDを繰り返し見ましたが、事務中心で現場経験がほとんどなく、専門用語でよく解らないものがあったりして苦労しました。しかし毎日1時間から1時間半位勉強をしていくうちに少しずつ慣れていきました。
 合格のポイントは第一に早めに準備に取り掛かること、第二に問題を繰り返し何度も解くことだと思います。これから受験勉強を考えられている方は是非実行されたらいいと思います。
 資格を取ってからは、お客さんや業者の方の見る目が少し変わったような気がします。その意味で資格を取得したのは大変役に立っています。有り難うございました。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.315124〕
九栄会かわら版 平成25年5月号・・・No.1008 
取材:平成24.10.5(原田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
念願の合格
匿名希望さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (33) 宮崎県宮崎市
匿名希望さん

 この資格は仕事上必要だったので受験していましたが、実地試験が上手くいきませんでした。学科試験の勉強の合間をぬって独学でしていましたが、このままではいけないと考えて、その年の実地試験に向けて学校を利用することにしました。会社に届いた貴学院の案内を目にし、施工作文を添削してもらえるということで申し込みました。
 はじめての課題提出では書き方がわかっていなかったので、どれだけ先生に添削されるのかが不安でもあり、また早く見たくて気にもなりました。添削され返ってきたものはわかりやすく直されており、とても参考になりました。
 何回かの添削のお蔭で、無事この年に実地試験も合格することができました。丁寧に添削をしていただいた五郎丸先生には感謝しています。

匿名希望さん(トクメイキボウ)〔九州建設専門学院No.298459〕
九栄会かわら版 平成25年4月号・・・No.998 
取材:平成24.9.27(生野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
合格の秘訣は継続
江口陽二郎さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (52) 佐賀県鳥栖市
江口陽二郎さん

 当時働いていた会社が、1級土木施工管理技士の資格者がいなかったため、下請け業者に頼まなければいけない状況でした。ある時に社内会議で、資格を取得して自社でできるようにした方がいいのではということになり、代表として私が挑戦することになりました。
 会社の紹介で貴学院に入学し、とにかくテキストを読み返しました。予習の時点で習ってないところを見て悩むよりは、復習に力を注ぎ効率良く勉強した方がいいと思ったからです。特に土木、コンクリートは必ず出題される部分だと言われていたので、繰り返し勉強しました。
 その甲斐あって学科と実地試験をストレートで合格することができました。合格の秘訣はコツコツと勉強を継続することです。よく効率を求めて学校に入学する方もいますが、問題集だけしていても山が外れてしまえばそれまでなので、テキストをしっかり隅々まで読むことにウエイトを置くことをお勧めします。貴学院には本当にお世話になり、ありがとうございました。

江口陽二郎さん(エグチヨウジロウ)〔九州建設専門学院No.282520〕
九栄会かわら版 平成25年4月号・・・No.996 
取材:平成24.8.28(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
施工作文の書き方をマスター
富田耕司さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (60) 長崎県佐世保市
富田耕司さん

 総合建設業の会社をしており、土木業も手掛けるためこの資格を取ることにしました。学科試験までは独学で勉強し、合格しました。実地試験は施工作文が難しいと聞いていたので、書き方を教えてもらえる学校を利用して勉強していこうと思っていました。学科試験の時に貴学院のアンケートに記入していた所、実地対策講座の案内が届き、それを見て申し込みました。
 私は仕事が終わった夜から机に向かいました。貴学院から出される施工作文の課題を提出して、添削されたものを見て復習しました。添削指導のお蔭で書き方がわかり、上手く文章が書けるようになりました。本試験にとても役に立ちました。
 学科試験に続き、実地試験にも1回で合格でき良かったです。経審の書類にも書けるようになりました。必要な資格である1級建築士とこの1級土木施工管理技士を取得することができ満足しています。ありがとうございました。

富田耕司さん(トミタコウジ)〔九州建設専門学院No.304092〕
九栄会かわら版 平成25年4月号・・・No.975 
取材:平成24.8.28(生野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
資格取得が転機
浦川新司さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (24) 熊本県熊本市東区
浦川新司さん

 今携わっている仕事で更に必要とされるためには、絶対に資格を取ることが大切だと、取得して深く感じています。以前は仕事で忙しいと感じることはあっても、ただ時間だけが過ぎていく日々でした。しかし、取得後上司から2級土木施工管理技士の取得者としていろいろな仕事に携わらせてもらえるようになり、それに伴い給料も手当が付き、以前とは違った目線で仕事に取り組めるようになりました。とにかく好循環で物事が進んでいくので、例えどんなに忙しくても本当に嬉しい忙しさでしかありません。
 知り合いの会社の紹介で、貴学院に入学していなかったら、大袈裟かもしれませんがまた違った人生を歩んでいたかもしれません。これから資格を目指されている方は、その先に明るい未来があることを信じて頑張ってください。

浦川新司さん(ウラカワシンジ)〔九州建設専門学院No.286099〕
九栄会かわら版 平成25年4月号・・・No.973 
取材:平成24.8.28(小菅健)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
具体的なアドバイスをもらえた
橋口普久さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (36) 佐賀県武雄市
橋口普久さん

 管工事と土木の会社を家族で経営しているので、資格は必要でした。2級はかれこれ10年位前に取っていましたが、仕事に追われて忙しく1級にはじめて挑戦したのは一昨年でした。
 独学で受験したものの実地試験で2回とも不合格でした。1級は学校に通わないと無理かなと思っていたら、ちょうど貴学院からの案内書が会社に届き、昔私の兄が管工事取得の際に貴学院でお世話になっていたこともあり、申し込みしました。
 佐賀からの通学できつかったですが、通った甲斐はありました。先生からも具体的なアドバイスをして頂いて範囲を絞って勉強することができました。お蔭様で本試験の手応えは充分ありました。
 次は山場の実地試験があるので、いま猛勉強中です。引き続きご指導宜しくお願いいたします。

橋口普久さん(ハシグチタカヒサ)〔九州建設専門学院No.182761〕
九栄会かわら版 平成25年3月号・・・No.964 
取材:平成24.8.16(中村)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
自分の弱点を知ること
知念治樹さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (33) 沖縄県南城市
知念治樹さん

 沖縄で1番大きな土木会社に勤めています。土木建設系の専門学校を卒業したので、その流れで現在の会社に入りましたが、現場代理人を任されるため1級の資格は必要でした。
 講義のDVDは要点を掴みやすく説明してくれていたのでわかり易かったです。自分の弱点がどこかということも予めわかっていたので、その部分は入念に質問しました。直前の模擬試験では結構良い点数が取れたので少し安心していましたが、実際本試験では戸惑う問題も出題されていて、結果が心配でしたが何とかパスしました。点数もギリギリだったのではないかと思います。現在現場での仕事が忙しくて中々勉強時間が取れませんが、まだ実地試験が残っているので勝って兜の緒をしめます。

知念治樹さん(チネンハルキ)〔九州建設専門学院No.240471〕
九栄会かわら版 平成25年3月号・・・No.963 
取材:平成24.8.16(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
施工作文を試験前ぎりぎりまで添削してくれました
吉松強一さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (47) 熊本県球磨郡五木村
吉松強一さん

 1級土木施工管理技士は会社から言われて取得することになりました。1年目は独学で学科試験のみの合格でした。貴学院の実地対策はネットで調べて、電話で内容を確認して申し込みました。
 直前の申し込みだったにもかかわらず、試験前ぎりぎりまで添削してもらい、親切に教えてもらいました。添削もいくつか課題がありますが、それぞれ3回ぐらいは見てもらったと思います。ありがとうございました。
 今はコンクリート技士を目指して勉強していますが、合格したら次は宅建を取りたいと思っています。

吉松強一さん(ヨシマツキョウイチ)〔九州建設専門学院No.319110〕
九栄会かわら版 平成25年3月号・・・No.951 
取材:平成24.8.8(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
先生の添削チェックで問題点を見つけた
立野篤史さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (34) 熊本県玉名市
立野篤史さん

 建設関係の仕事をしているので、会社から資格を取るように言われて勉強を始めました。1年目には独学で学科試験に合格しましたが、実地試験は駄目でした。どこが悪かったのか分からずにいましたので、これでは合格できないと思っていたところ、貴学院から案内が届きました。問題点を見つけるために実地対策の講座に申し込みしました。
 特に施工作文の添削指導は試験の直前でしたが、丁寧に何度も添削していただいて助かりました。自分では書けているつもりの文章も先生にチェックしてもらうことによって問題点を見つけることができました。
 実は仕事に関連のある1級管工事施工管理技士を2回申し込みだけして、忙しくて受験していません。現在は部署が変わって直接現場に従事することもなくなったのですが、いずれ取得できたらと思っています。

立野篤史さん(リュウノアツシ)〔九州建設専門学院No.295595〕
九栄会かわら版 平成25年3月号・・・No.950 
取材:平成24.8.9(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
先生に繰り返し添削指導をしてもらった
森 義友さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (29) 宮崎県延岡市
森 義友さん

 家が建設業を営んでいるので資格は必要でした。貴学院には実地試験の対策でお世話になりましたが、何回も施工作文を見てもらいました。やはり、実地の試験は現場経験がないと難しいと思います。特に現場経験を元に書く施工作文の良し悪しが、試験の合否を決めるといっても過言ではないと思います。自分の場合は現場の体験を活かしていろいろな作文を作り、先生に繰り返し添削指導をしてもらい、言葉の使い方などを修正してもらいました。
 いずれは家業を継いで行かなければならないと思いますので、1級も取りたいと思います。その時にはまたお世話になるつもりです。どうぞ宜しくお願いいたします。

森 義友さん(モリヨシトモ)〔九州建設専門学院No.239097〕
九栄会かわら版 平成25年3月号・・・No.943 
取材:平成24.8.6(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
スクーリングでポイントを理解
大島幸雄さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (49) 長崎県諫早市
大島幸雄さん

 ガス管関係の仕事をしており、直接仕事に関係があるというわけではありませんが、何か役に立てばという考えで受験することにしました。貴学院は広告か何かで見て良さそうだなと思い入学しました。遠方で通うことができないので通信のカセットテープで勉強しました。
  学科試験はあらかじめ勉強していたのである程度理解できたし、先生の講義展開もわかりやすく、良かったと思います。何回か直接福岡まで行って、通学生と一緒に授業も受けさせていただきました。
次回は給水装置工事主任技術者の資格を考えていて、今はそれに向けて準備中です。

大島幸雄さん(オオシマユキオ)〔九州建設専門学院No.278342〕
九栄会かわら版 平成24年12月号・・・No.871 
取材:平成24.7.31(徳田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
作文の添削がとても良かったです
西村信彦さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (38) 長崎県壱岐市
西村信彦さん

 土木施工管理技士は仕事上必要なため、勉強をしようと思いました。貴学院への入学は会社が代わりに決めてくれました。
  実地試験の施工作文はまず自分で書いて、先生に何度も添削してもらいました。添削してもらったことで文章の書き方がわかり、とても役に立ちました。本試験では先生が教えてくれた内容に似た問題が出てスラスラ解くことが出来ました。
合格したことによって会社の経審のポイントが上がったので、少し貢献が出来たのかなと思っています。

西村信彦さん(ニシムラノブヒコ)〔九州建設専門学院No.335167〕
九栄会かわら版 平成24年11月号・・・No.842 
取材:平成24.7.7(黄)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込