1級・2級土木施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

土木施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
建設労働者確保育成助成金 教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「土木施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。

641~660件表示(全824件掲載中)
自分だけの問題集を作った
月足美千代さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 女 (43) 福岡県八女市
月足美千代さん

 取得の動機は経営事項審査の点数に有利な為に資格を取得しようと思いました。丁度その頃会社に学院の方から案内のお電話があった時に応対が感じ良かったし通信講座の合格率も高かったので入学しました。学校まで遠いので通信で勉強しました。自分だけの問題集を作りノート一冊分にまとめそれを重点的に勉強しました。昼間仕事なので勉強は子供達が寝静まった夜に集中してやりましたが会社も協力してくれて、忙しくない時は昼間会社でも勉強をさせて頂けたのには助かりました。現場経験がほとんどないので実地試験は不合格だと思ってたんですが、学院から合格の連絡を頂いた時も信じられませんでした。先生の熱心な御指導のお陰で合格できました。スタッフの皆様のも大変お世話になりました。ありがとうございます。
 これから現場での内容も少しでも理解できると思うし、会社にも貢献できると思います。

月足美千代さん(ツキアシミチヨ)〔九州建設専門学院No.231606〕
九栄会かわら版 平成22年11月号・・・No.139 
取材:平成22.8.9(西田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
仕事の幅が広がりそうです
白石憲太郎さん
2土木(2級土木施工管理技士・実地) 男 (30) 福岡県春日市
白石憲太郎さん

 今、勤めている会社ではずっと管工事メインで仕事をしています。その会社から幅を広げるために資格を取得するように勧められたことが2土木に挑戦した理由でした。
 学科については昨年、独学で合格しましたが、実地については全く経験がなかった為に落ちてしまいました。
 そこで今年はその実地の作成を見てもらえるこちらの学院にお願いすることにしました。 やり方は至ってシンプルでFAXのやりとりによる添削指導でした。完成した作成文は丸暗記して試験に臨み、無事合格することが出来ました。ありがとうございます。
 取得の動機が動機ですから、合格したからといってこれといって仕事上大きく変わったことはありません。ただ近い将来、資格を持っているという事が役に立つことが出てきそうです。
 よかったです。資格がないばかりに即対応できない事も多いでしょうから、そういう事はなくて済みそうです。

白石憲太郎さん(シライシケンタロウ)〔九州建設専門学院No.106670〕
九栄会かわら版 平成22年11月号・・・No.133 
取材:平成22.8.5(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
管理者として認めてもらうために挑戦
飛彈賢二さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (55) 大分県佐伯市
飛彈賢二さん

 現在、土木の資格がないと管理者としては認めてもらえないので、実際の仕事にはほぼ携わっていないんですが、挑戦しようと思いました。
 そう思っていた矢先、会社に貴校からの案内書が届き通信教育があったので、入学を決意しました。福岡での講義をそのまま収録した内容で勉強できるから、そこも魅力であり安心できる要素でした。
 いざ勉強を始めてみると、聞き慣れない用語ばかりで最初は大変でしたが、空いた時間に勉強できるのでやはり通信教育にして良かったです。また、先生の臨場感溢れる講義も大変助かりました。まるで目の前に先生がいて講義を受けているかのような感覚で勉強できました。
 見事1回で合格でき、本当にありがとうございました。今年すでに1級建築施工管理技士を申し込んでいますので、引き続き宜しくお願いします。また、今後も更なる資格取得を考えています。その節はまた貴校にお願いしようと思いますので、今後とも何卒宜しくお願いいたします。

飛彈賢二さん(ヒダケンジ)〔九州建設専門学院No.230265〕
九栄会かわら版 平成22年10月号・・・No.130 
取材:平成22.8.6(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
備えあれば憂いなし
志賀洋一さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (57) 大分県竹田市
志賀洋一さん

 仕事上必要な資格なので、受験をしました。学科は合格できたんですが、実地で落としてしまい、二回目を落とすとまた学科からなので、どうしても合格したかったです。貴校の合格率がすごく高かったのと、社長にも勧められたので、入学しました。
 施工作文の添削指導は助かりました。先生が添削してもらったのをみて、自分が何故合格できなかったのかよくわかりました。あと、二日間の講習内容も良かったです。先生が的確に大事な所を教えてもらえるので、受けて良かったです。
 試験当日は慌てることなく、余裕を持てました。一年目は、全く分からない状態で焦っていたような気がします。学校で受講していたから自信が持てていたんでしょうね。まさに、「備えあれば憂いなし」ですね。リラックスして試験に臨むことができました。
 今後の抱負としては、2級舗装施工管理技術者試験に挑戦しようと思っています。また、お世話になるかもしれませんが、宜しくお願いします。最後になりましたが、五郎丸先生ありがとうございました。

志賀洋一さん(シガヨウイチ)〔九州建設専門学院No.305851〕
九栄会かわら版 平成22年10月号・・・No.122 
取材:平成22.7.17(小菅那)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
1級土木取得後は社会保険労務士を
坂本徳子さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 女 (56) 熊本県荒尾市
坂本徳子さん

 会社が積算ソフトを購入し、出来ればこれから積算をするようにと言われたため、積算ソフトの使い方は説明を聞いて解りましたが、土木の工種等が解らなくて少し勉強しようと思っていました。そんな時に、原田先生から偶然電話をいただき、2級土木を取らなくても直接1級土木の受験が可能だと聞きましたので、それならばと申込みました。
 合格できたポイントは、過去問題集を繰り返し解いたことと、専門分野については自分でも解りそうなところを早目に絞って、集中的に覚えたことです。
 実地試験にも合格し、今はかねてから思っていた社会保険労務士の資格取得を目指して頑張っています。

坂本徳子さん(サカモトノリコ)〔九州建設専門学院No.255673〕
九栄会かわら版 平成22年10月号・・・No.118 
取材:平成22.7.17(原田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
日曜コースで集中して勉強できた
力丸 弘さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (50) 福岡県古賀市
力丸 弘さん

 会社が管工事をやっている設備会社で、福岡市水道局の発注する3000万円以上の工事を受注するため1級土木施工管理技士の資格が必要でした。学院を選んだのは2級土木施工管理技士を取得した際も、学院にお世話になったのですが、講義の内容が分かりやすかったからです。また、学院には日曜コースがあり、時間がゆっくり取れて集中して勉強が出来たのも良かったです。
 学習の最大のポイントは予習と復習です。特に先生の話をしっかり聞いて、重要だと言われたところには、テキストにマーカーで色をつけて覚えました。仕事の合間を見つけて勉強しましたが、1級土木は範囲もひろくやはり難しかったです。合格できて本当に良かったです。
 今後は、設備業者なので施工管理も必要ですが、設備設計も必要ですので建築設備士を取得したいと思っています。

力丸 弘さん(リキマルヒロシ)〔九州建設専門学院No.110817〕
九栄会かわら版 平成22年10月号・・・No.112 
取材:平成22.7.16(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
毎日コツコツと
廣渡直哉さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (34) 福岡県遠賀郡水巻町
廣渡直哉さん

 自分自身のキャリアアップと将来に向けての準備の為、1級土木施工管理技士は取得したい資格でした。土木の仕事で10年以上やっていましたので、ある程度の自信は持っていました。問題集等で勉強し、学科試験までは良かったのですが実地試験が難しくなっており、1回目は失敗しました。
 その時の試験終了後のアンケートに答えていたこともあり、学院の合格率の高さを知って、2回目の実地は講座を受けました。絶対に取得してやるという自分自身の決意はもっていましたが、実地の講義や作文の指導にも助けられました。毎日コツコツと反復学習すれば必ず結果もついてきます。自分自身に対する会社からの評価も変わった気がします。機会を見つけて、他の免許や資格を取っていこうと思っています。

廣渡直哉さん(ヒロワタリナオヤ)〔九州建設専門学院No.305798〕
九栄会かわら版 平成22年10月号・・・No.109 
取材:平成22.7.15(池田)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
数ある通信講座の中で確実に合格するための指導を受けることができる
峰重友和さん
2土木(2級土木施工管理技士・学科実地) 男 (34) 山口県周南市
峰重友和さん

 現場において2級土木施工管理技士が必要なので取ろうと思っていました。ネットで調べて、数ある通信講座のなかで確実に合格するための指導を受けることができる学校と思って申込をしました。学校に行かなくても通学とまったく同じ講義が聴けるのがよかったです。
 勉強のポイントは繰り返し過去問を学習することです。次は1級土木施工管理技士を合格したいです。

峰重友和さん(ミネシゲトモカズ)〔九州建設専門学院No.330012〕
九栄会かわら版 平成22年10月号・・・No.106 
取材:平成22.7.15(黄)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
最年長合格の秘訣
竹之下清人さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 男 (68) 福岡県福岡市南区
竹之下清人さん

 実を言うと私はこの資格自体にさほど興味はありませんでした。無事合格出来たことは喜ばしい事ですが、今もそうです。長い間、建設関係の仕事をしてきましたが、専門分野以外については案外わからないものです。私が気になっていたのは「土」でした。そのことを講師の五郎丸先生に相談したことが入学したキッカケです。
 個人的事情はこの位にして、さほど資格取得に興味のない、当時受講生で最年長であったであろう私が合格した秘訣をお話ししましょう。4択問題は正解が1つで誤りは3つですね。正解探しなら1問ですが、まちがい探しならプラス3問解いたことになります。またそうすることで本試験でひねられた出題をされても平気なものです。まちがい探しはポイントが見えて応用が効きますから。
 みなさんとは少し変わった理由で受講した私ですが、今までと別の知識、視点を獲得したことは、後進の指導の役に立っています。

竹之下清人さん(タケノシタキヨト)〔九州建設専門学院No.247796〕
九栄会かわら版 平成22年10月号・・・No.102 
取材:平成22.7.16(栗原)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
土木施工技術の向上のために
立花 實さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (62) 大分県大分市
立花 實さん

 県のOBでしたが、ゼネコンから若い技術者の土木施工技術の指導を頼まれたのがきっかけで1級土木の資格に挑戦しました。学科試験は独学で勉強し受験しました。その際、職員の方のアンケートで学校の存在を知り、実地試験の内容・傾向等に非常に不安だったので貴学院に入学しました。
 学習のポイントとしては、過去5年間の出題傾向に沿って、自分の得意科目(土工・コンクリート・リサイクル等5項目)に絞り込み、重点的集中的に学習しました。経験記述は工事現場において発生した問題点に対してどう対処したかの文章構成を教わりました。おかげでどう書いたらよいか要領がわかって助かりました。本試験では仮設工が出題されましたが、よく考えて適切な文章を書いて成功しました。
 今後の抱負としましては、若い技術者の土木施工技術の向上のために努めたいと思います。

立花 實さん(タチバナミノル)〔九州建設専門学院No.305488〕
九栄会かわら版 平成22年9月号・・・No.94 
取材:平成22.7.12(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
五郎丸先生の指導がわかりやすかった
秋本千尋さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科) 女 (27) 福岡県北九州市門司区
秋本千尋さん

 親戚の方が土木関係の会社をやっていたので、中学時代からいろいろと仕事を手伝っていて、土木の仕事が好きで資格が欲しいと思っていました。そんな時に1通の手紙が届いたのですが、それが学院の講座案内でした。北九州の地元の学校もあって受けて勉強したのですが、ピンときませんでした。
 「2級土木施工管理技士合格率100%」と書いてあったのを見てこれだと思い受講しました。受講して1級、2級ともに学科は一発で合格できました。土木施工管理技士試験は範囲が広く、独学だとどこをどうやったらいいか的を絞りにくいのですが、五郎丸先生が重要ポイントをプリントにまとめて下さったり、この問題をやりなさいとズバリと言って下さり、とても勉強がしやすかったです。また、苦手な問題は繰り返し勉強してパターンを覚えるようにしたのが良かったと思います。2級も1級も今年こそ全て合格したいです。

秋本千尋さん(アキモトチヒロ)〔九州建設専門学院No.297512〕
九栄会かわら版 平成22年9月号・・・No.78 
取材:平成22.7.2(茅野)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
目標は監理技術者
奥 章人さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (28) 福岡県宮若市
奥 章人さん

 1級土木の資格を取ろうとしたのは、会社から経審のランクを上げたいから取ってくれと言われたからと、自分も1級土木の資格を取って監理技術者になりたかったからでした。
 学院に入学した理由は、実地試験の会場で学院のアンケートに答えたら、早速実地研修の案内が届いたので学院に決めました。
 実地の作文が一番苦手だったので、特に力を入れて教えてもらいました。その結果、合格答案が書けるようになりました。作文以外の選択問題についても講義の中で先生が「ここが重要なのでマークしとくように」と言われた重要箇所には赤丸をつけて、重点的に繰り返し勉強するようにしました。そうしたら本試験で予感が的中して合格することができました。
 これで1級土木の資格が取れましたので、今後は監理技術者として現場で活躍したいと思っています。それから老化予防のために建機の資格にもチャレンジしようと思っています。

奥 章人さん(オクアキト)〔九州建設専門学院No.205500〕
九栄会かわら版 平成22年8月号・・・No.39 
取材:平成22.6.16(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
将来の転職に備えて
入澤光成さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (35) 福岡県久留米市
入澤光成さん

 会社の中で1級土木の資格を持った社員が2人しかいなかったし、同僚にも触発されて自分も1級土木の資格を取って、会社のランクを上げようと思ったのが動機でした。会社の同僚が既に学院の受講生だったことと、日曜日が都合よかったので学院に決めました。
 テキストや問題集の中で先生が指示した重要箇所を繰り返し学習しました。学習上工夫した点は、自分は覚えるのが苦手だったので重要箇所が8つあったら、そのうちの一番覚えやすいものに絞って確実に覚えるようにしたことです。この方法で確実に点数が取れるようになりました。
 今の会社では2級土木があれば十分仕事ができます。今しばらくは今の会社で頑張っていきますが、ゆくゆくは1級土木の資格を活かして転職を考えています。

入澤光成さん(イリサワミツアキ)〔九州建設専門学院No.114873〕
九栄会かわら版 平成22年8月号・・・No.38 
取材:平成22.6.15(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
将来の転職のために
山道一茂さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (36) 鹿児島県出水市
山道一茂さん

 自分のいる県では1級土木の評価が高く、会社から1級土木の資格を取るように指示を受けたのと、今は資格の時代なので転職の際には役立つと思い、1級土木の資格を目指しました。
 試験会場で学院のパンフレットをもらったのが入学のきっかけでした。他校からも誘われたのですが、高かったのと自分は通信教育の方が良かったので学院に決めました。
 テープを聞いていて、先生がここは重要だからという箇所に赤線を引いて、繰り返し学習したのが良かったと思います。
 1級土木の資格を持っていれば大きな仕事ができるので、今後は色々な仕事をしていこうと思います。そして、他の資格も取っていこうと思います。

山道一茂さん(ヤマミチカズシゲ)〔九州建設専門学院No.338390〕
九栄会かわら版 平成22年8月号・・・No.37 
取材:平成22.6.16(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
1級土木で受注を有利に
四柳 繁さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (61) 兵庫県神戸市東灘区
四柳 繁さん

 専門はポンプ関係の仕事です。役所の発注でポンプの据付けや修理工事を行っています。役所から1級土木の資格があった方が受注する上で有利になると言われ、1級土木の資格を目指すことにしました。
 地元の学校に入学しましたが、実地講義は生徒数が多く、先生が指摘される重要箇所にはマークして重点的に繰り返し学習しました。実地作文に関しては教室で書き方のパターンを示されて、このように書いて下さいと言われるだけで苦労しました。そこで、実地作文に関しては通信添削指導をしてくれる学院に入学しました。結果、作文の添削指導をしっかりやってもらうとともに、他の記述問題についても問題を多くこなしたお陰で、本番の試験では90点以上獲得できました。
 今後は、1級土木の資格を活用して役所からの受注を増やしていこうと思います。

四柳 繁さん(ヨツヤナギシゲル)〔九州建設専門学院No.161105〕
九栄会かわら版 平成22年7月号・・・No.36 
取材:平成22.6.15(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
業容拡大のために必要な資格
西住智彦さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (41) 福岡県福津市
西住智彦さん

 管工事業を専門でやってきましたが、業容を拡大して水道施設業もやれるようにしようと思って、土木の資格取得を目指しました。工事規模からすると2級土木でも十分でしたが、どうせ取得するなら1級土木と思って1級にチャレンジしました。
 学院を知ったのは、インターネットでした。学院に電話で問い合わせしたところ担当者が親切に説明してくれ納得したので学院に入学しました。
 学習は講義のCDを自宅や事務所や車の中にまで持ち込んで勉強しました。先生が指摘された重要箇所にはマークして重点的に繰り返し学習しました。実地の作文も先生がわかりやすく説明してくれたので、合格答案が書けるようになりました。しかし、本試験には想定外の問題が出ましたが、応用をきかして書いて無事合格する事ができ満足しています。
 今後の抱負としては、会社の若い従業員にも2級管工事の資格を取らせて陣容を固めたいと思っています。

西住智彦さん(ニシズミトモヒコ)〔九州建設専門学院No.128340〕
九栄会かわら版 平成22年7月号・・・No.35 
取材:平成22.6.16(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
経営に有利に資格
岩下広文さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (45) 福岡県朝倉市
岩下広文さん

 送電線の基礎工事会社の代表者で、まだ2級土木しか持っていなかったので、1級土木の資格を取れば有利になると思い挑戦しました。
 学院には以前、会社の従業員が2級土木を受講していた関係もあって、学院の1級土木(学科)の答練に申込みしました。
 何せ経営者であるので、勉強する時間はとても取れませんでした。そこで仕事が終わった後、深夜の2時3時とか早朝起きて受験勉強に当てました。とにかく時間がないので、学科の予想問題を重点的に繰り返し学習しました。お陰で学科は合格する事ができました。その後、実地試験にも合格できました。
 今後は1級土木の資格を経営に資するように活用していこうと思います。

岩下広文さん(イワシタヒロフミ)〔九州建設専門学院No.90524〕
九栄会かわら版 平成22年7月号・・・No.34 
取材:平成22.6.16(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
会社のランクアップのために
潮田顕士さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (29) 福岡県筑紫野市
潮田顕士さん

 会社から経審のランクアップのために、1級土木の資格を取るように言われたので受験しました。学科は自信があったので独学で受験しました。1級土木の学科試験の際に、試験会場で学院から実地研修のパンフレットをもらいました。実地作文は、先生の客観的な目でチェックしてもらわないとダメだと思い学院に入学しました。
 仕事が忙しくて、ゆっくり勉強する時間がなかったので、作文を客観的にチェックしてもらうと同時に、先生が指摘した重要箇所だけを重点的に繰り返し学習しました。お陰で作文も選択問題も合格点を取ることができ満足しています。
 今後は、1級土木の資格を活かして現場で頑張っていこうと思います。

潮田顕士さん(ウシオダアキヒト)〔九州建設専門学院No.339063〕
九栄会かわら版 平成22年7月号・・・No.33 
取材:平成22.6.16(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
将来、特定建設業を目指して
武内友和さん
1土木(1級土木施工管理技士・実地) 男 (28) 福岡県みやま市
武内友和さん

 前の会社では、私以外全員が1級土木の資格を持っており、私だけが2級土木でした。社長からも取るように言われたので1級に挑戦しました。実家も自営をしており、将来のことを考えたからです。
 学院を知ったのは学科試験の時で、会場でもらった学院のパンフレットを見て学院に入学しました。
 実地の作文が苦手でしたが、書き方をわかりやすく解説してもらったので、書けるようになりました。作文以外の選択問題については、問題集を繰り返し徹底的にやりました。合格に結びついたと思います。
 現在自分の建設会社は、一般建設業の許可なので下請けしかできませんが、今回1級土木の資格が取れたので、来年から特定建設業の許可をもらって、元請けの仕事を専門でやれるようにしたいと思っています。

武内友和さん(タケウチトモカズ)〔九州建設専門学院No.221950〕
九栄会かわら版 平成22年7月号・・・No.32 
取材:平成22.6.15(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込
独立開業が目標
末次哲浩さん
1土木(1級土木施工管理技士・学科実地) 男 (30) 福岡県久留米市
末次哲浩さん

 1級土木の資格をもっていると、大きな現場を任されるし給料も上がるので、1級の資格を取ろうと決心しました。学院では既に2級土木を受講していましたし、日曜日コースが都合が良かったので、学院で受講することにしました。
 学習のポイントは、教材を全部やるのは大変なので、全部やるのではなく先生が指摘した重要箇所に絞って重点的に繰り返し学習しました。そういう重点学習のお陰で、会社の同僚共々合格できて良かったと感謝しています。
 将来は、独立開業を目指していますので、今の会社で現場の経験を多くつんで将来自分の建設会社を立ち上げるときのための備えにしようと思っています。

末次哲浩さん(スエツグテツヒロ)〔九州建設専門学院No.248264〕
九栄会かわら版 平成22年7月号・・・No.31 
取材:平成22.6.15(坂本)
平成30年度(2018年度)資料請求 平成30年度(2018年度)講座申込